物語がつまらなくなる6つの兆候 byアメリカの元出版社員

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

新人作家が書く物語にありがちな「物語が脱線する6つの理由」を脳科学的に解説した本を読んだので、みんなと知識シェア。

漫画、小説など物語を書くクリエイターはリリース前にチェックしてみると良いかもしれません。

本日の参考文献(紹介は文末にて)

脳が読みたくなるストーリーの書き方/リサ・クロン

スポンサーリンク


読者が読む手を止める6つの展開

本で述べられていたのは以下6つ。

  1. 主人公が誰かわからない
  2. 主人公はわかるが目的がわからない
  3. 目的はわかるがそれを目指す理由がわからない
  4. ご都合主義(サクサク進みすぎたり、急に信念を曲げたり)
  5. 主人公の行動が目的のための行動に思えない
  6. 薄っぺらい(話に整合性が感じられない)

物語を作る前と後に、これら6つをチェックした方がいいみたいですね~。

参考文献「脳が読みたくなるストーリーの書き方」は物語づくりを脳科学の観点で解説した本なのですが、どうやら前述した6つの兆候は人の頭を混乱させ、脳内に分泌された興奮物質ドーパミンを止めてしまうんだそうな。

たとえばAmazonで「りんご」を注文したのに、届いた商品が「扇風機」だったら混乱してしまうのと同じで、人は物語にたいしイメージや予測で整合性を求めるのですが、そこを著しく逸脱すると混乱の原因になり、ドーパミン分泌を止めてしまうというわけですな。

てなわけで6つの兆候をもっと詳しく分析してみよう。

1・主人公が誰かわからない

こんなことある?と思いがちですが出版社に漫画を持ち込んだ新人が指摘されがちなミスだそうで。例えば、ドラえもんとのび太という2人の登場人物がいるとして『そのどちらに感情移入させようとしているのか』が重要ということですね。

特にショートストーリーなら一人の人物に絞ることが要求されるそうな。

2・主人公はわかるが目的がわからない

人気漫画ワンピースに例えると、主人公がルフィなのはわかるけど、何のために海賊やってんのかが不明…て感じでしょうか。冒険作品なら夢や理想、学園物なら矜持や生き様など、その主人公は何を目指してるのかを読者にハッキリ伝える必要があると。

  • 【ワンピース】ルフィ→海賊王になる
  • 【氷菓】折木奉太郎→省エネオプティマイザー
  • 【最強伝説黒沢】黒沢→人望が欲しい
  • 【ドラえもん】のび太→仕返しがしたい…etc.

↑こうやって見ると、目的は必ずしも壮大である必要もなく『追及したい美学』のようなものでも成立することがわかりますね。氷菓では「抱いてる目的が変化していく様」がむしろ好印象に働いてるので、当初の目的が変化することも悪くはないみたい。

3・目的はわかるがそれを目指す理由がわからない

「海賊王になる!」と言ってるけど、その動機がなかったら説得力に欠けるということ。

例えばワンピースにはシャンクスとの近いがあり、氷菓の奉太郎がオプティマイザー思考になった理由は小学生時代の体験が遠因…のように、主人公の目的には、それを抱くキッカケとなった体験があると思うのでそれを書いてみるといいかもしれませんね。

  • ルフィ→シャンクスとの近い
  • 奉太郎→小学生の頃の体験
  • 黒沢→2002年サッカーワールドカップ
  • ドラえもん→ジャイアンのいじわる

4・ご都合主義

主人公が望むものが簡単に手に入りすぎたり、ころころ主張が変わったり、急に主人公が変わったり…というのがご都合主義にあたります。物語では主人公の望が叶ったり心境の変化があるのは当たり前だけど、そこにはちゃんと合理的だと判断できる『理由』が必要なわけですな。

5・主人公の行動が目的のための行動と思えない

例えば海賊王になりたいルフィが毎日陸でサッカーやってたら何の物語かわからなくなる、ということ。

「そんな話つくる奴いるか?」と思いそうにもなりますが、10年以上出版社に勤めて死ぬほど膨大な量の新人の原稿を見てきたリサ・クロンさんがピックアップした6つ兆候の1つです。つまり、数ある主人公の物語の中から「目的と関係ある場面」だけを描く必要があるということですね。

6・薄っぺらい(説得力や整合性に欠ける)

薄っぺらいテーマや説得力に欠ける主張は読者のドーパミン分泌を止める原因になりやすいとのこと。確かに人を殺しまくってるキャラが「命は大切だ」とか言い出しても白々しいですもんね(そういうギャグならまだしも)

まとめ

今日の話をまとめます、新人書きがちなつまらない物語の兆候6つはこちら。

  1. 主人公が誰かわからない
  2. 主人公はわかるが目的がわからない
  3. 目的はわかるがそれを目指す理由がわからない
  4. ご都合主義(サクサク進みすぎたり、急に信念を曲げたり)
  5. 主人公の行動が目的のための行動に思えない
  6. 薄っぺらい(話に整合性が感じられない)

物語を作る前と後に、この6つをチェックする習慣を付けるといいかもしれませんね。

本日の参考文献

本日の参考文献は海外の脚本術などストーリー関連書籍の翻訳版でお馴染みフィルムアート社より「脳が読みたくなるストーリーの書き方/リサ・クロン」…なのですが、楽天のリンクがなかったので、1年後に出た新刊をご紹介。

内容は大筋同じで、脳科学的に物語の作り方を考える内容。ただ難しい言葉が多くて読みにくいので、そこんとこは注意です。当サイトの読者さんなら、以下のまとめ記事を参考にしていただく方が分かりやすいんじゃないかなと思います。

以上です。ではばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)

ABOUTプロフィール

たっつー

ドラえもんが好きなゆるくて意識低いブロガー。肩の力を抜いてゆるく生きる方法や趣味をまったり配信しています。 絵や音楽を作るのも好きです。YouTubeにてゲーム実況や、動画マンガの作画担当もしています。宜しくどうぞ(^ω^)

おすすめ記事(一部広告含む)