オリジナルキャラを口パクソフト【Crazy Talk 8】 で喋らせてみた

crazytalk8でオリキャラを喋らせよう



Crazy Talk 8という口パクソフトを買ってみました。ざっくり言うと、自分で描いた絵(キャラ)に音声を読ませることができるんですな。

てことで以下の映像ではオリキャラの女の子の絵を「言葉を喋るようアニメーション」させてます。目や口の位置を指定し音声ファイルを読み込む『だけ』で、VTuberのように動く絵を作ることができるんですねぇ~。これは楽しい。

※追記:Part.2も作りました!文末にて

Crazy Talk 8とは

クレイジートーク8とは

Crazy Talk 8 は「イラスト」「写真」に口パクをさせるソフトです。

例えば上述した動画のように、自分で描いたイラストに音声を読み上げさせるアニメーションを簡単に作ることができます。こんな風に使えば誰でも簡単にVTuverもどきになれますね。

Crazy Talk 8を半年間つかってわかったこと

クレイジートーク8のデモ

てことでYou Tubeチャンネルでも度々活用してみたCrazy Talk 8、自分で描いた絵が喋るってのはインパクトでかいですね~。

ただ自分は動画のレンダリングがめんどくさくなったんで使うのやめました(笑)

音声から動画作るのに短くても15分ぐらいかかりますからねぇ、毎日1本動画投稿するなら月に450分(7.5時間)ですか。この時間ロスには耐えらんなかった。

ただ、たまに遊ぶ分には楽しいと思うので、

  • VTuberっぽい活動をしてみたい人
  • 自分のキャラを喋らせるコンテンツをつくりたい人
  • ちょっと人と違うことしてインパクト狙いたい人

には、良いのではないかと。

てことで以上です。では、ばいびー♥

追記 続編!Crazy Talk 8でオリキャラを喋らせようPart.2

上述の映像から4か月後、再びCrazy Talk 8で喋らせようをやってみました。

今回はイラストをCrazy Talkで喋らせやすいように描き直すところからスタートします。

※お絵描きしながらの雑談がメインです。



SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


「好きなことで生きる」リアルな物語

 


おすすめ記事(一部広告含む)