「そのまま使える女の子ポーズ500」で女の子のイラストを描いてみた

可愛い女の子を描きたい!でもポーズを考えるのが面倒でいつも棒立ちに…

絵のポーズを考えたり、下描きするのが面倒だったので「そのまま使える女の子ポーズ500」を買ってみました。

女の子のポーズが500点収録されている本で、付属のCD-Rからダウンロードしたデータは自由にトレースできます。

今回は実際に「そのまま使える女の子ポーズ500」でどんなイラストが描けるか実験してみましょう。

1 そのまま使える女の子ポーズ500で絵を描いた例A

さっそく「そのまま使える女の子ポーズ500」を参考に絵を描いてみましょう。

画像左のポーズをもとに、右のように仕上げます。ペタンと座ってるのが女の子っぽいですね。

まず、本に付属したCD-Rをパソコンにダウンロードし、CLIP STUDIO PAINTなどのペイントソフトで読み込みます。「時短」を実験するため、ラフと下描きを省略して描くことにしました。

1-1 線画トレース

ポーズの線画を参考に、トレースしていきます。

ラフと下描きは省略し、いきなり線画に入りました。キャラクターの年齢や体型を考えて、頭を大きめにアレンジしています。

1-2 ベースカラーを塗る

ざっくり、全体の色をベタ塗りします。

このままだと味気ないので、アニメ塗りで陰影をつけてみましょう。

1-3 陰影をつける

影をつけたことで、アニメ塗りっぽくなりました。

1-4 背景を描いて完成

背景やエフェクトをつければ完成です。ここまで時間は2~3時間。

ラフと下描きを省略したにしては、良い感じに仕上がったのではないでしょうか。

とはいえ、骨格や頭身のズレが気になる箇所もあるので、ポーズの骨格の位置ぐらいはとったほうがいいかもしれません。

2 そのまま使える女の子ポーズ500で絵を描いた例B

もう1枚、ポーズと塗り方を変えて描きます。

今回は画像左ポーズをセレクトしましたが、スカートで素体が隠れているため腰回りの体型を想像しなくてはいけません。

そこで「骨格トレース」で体のバランスを確認しつつ「頭身」「足の太さ、長さ」など骨格を微調整します。

骨格トレースは「人物写真を二次元キャラ風に描く骨格トレースのやり方」で詳しくまとめてるので、気になる場合はチェックしてみてください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://kaopro.jp/12782 target=]

2-1 骨格ラフ

まず、元の絵の骨格にアタリをつけながらラフを描きます。これで「腰回りの体型がわからない」問題は解決です。

なお、この段階で決める骨格の位置が下描きから塗りまでのベースになります。「そのまま使える女の子ポーズ500」があれば、骨格の位置が掴みやすいのでかなりラクです。

2-2 下描き

骨格ラフを参考に、表情や髪の流れを決めます。

2-3 陰影の確認

どこから光が当たり、どこが影になるのか決めながら、ざっくり色を塗ります

2-4 カラーの確認

色のバランスを確認します。

バストより上に目が行きやすいように彩度や明度を調整しました。

2-5 線画

素体

服など

「りんかく」「髪の毛トップ」「髪の毛サイド」などレイヤーを細かくわけつつ、Gペンで線を入れます。

服もすべてレイヤー分けしておけば衣装の変更がしやすいです。つーか、素体エロいっすな。

2-6 色塗り

ベース塗り

ブラシ塗り

2-3 陰影の確認」を参考に色を塗ります。前もって決めてるのでかなりラクです。

カゲを2~3段階に分けて完成!

ラフの段階より光源を上にしたので、カゲの入り方がラフと変わっています。

今回は色塗りで遊んでるうちに7~8時間かかってしまいましたが、ポーズがあらかじめ決まってるので、ラフから下描きがスムーズでした。

まとめ

以上、「そのまま使える女の子ポーズ500」の使用感でした。

実験のとおり、ポーズを考える手間とラフが低減されるので、サクッと絵を仕上げることができます。

絵の練習になるのはもちろん、pixivに投稿するネタにもなると思うので、ガンガン投稿数を増やしたい方にもおすすめです。