5カ月更新せず放置したYouTubeチャンネルの登録者が2倍に増えた理由

たっつー
たっつー(@kaopro1)です。

YouTubeチャンネルを5カ月放置してたらチャンネル登録者数が2倍になってました。

といっても規模はショボく「70→200」に増えたぐらいなのですが『放置してても人が増える仕組み』は半分狙い通り(もう半分は運)なので今回はその辺の戦略をご紹介します。

ちなみにそのチャンネルはこちら

ほぼ編集せず、コンセプトもなく、テキトーにフリートークしまくってるチャンネルです。

ゲーム実況チャンネルの登録者数(5,000名)を増やした戦略も同様なので、あらゆるチャンネルを運営している方に(多少は)参考になる…かもしれません。

スポンサーリンク


更新しなくてもチャンネル登録者数が増えた理由

たっつー
結論からいうと要因は『安定した新規流入』

5カ月放置してたのにチャンネル登録者数が2倍に増えた理由は「過去の映像が安定して新規視聴者を集めてるから」でございます。

たとえば以下の動画が検索でのアクセスを集めてるぽいです。

言わずもがな、チャンネル登録者を増やすには「チャンネル登録してない人」に見てもらえる機会が多くないといけませんが、上記動画がその役割を果たしているわけですな。

メンタリストDaiGoさんも申しておりましたが、安定してチャンネル登録者数を増やすには、いかに新規視聴者に露出する機会を増やすかが大切なんですねぇ。

まぁ、とはいえ

と、思うワケです。

「100%狙いどおり★」と言えたほうがカリスマっぽくなれそうですが「ほとんど運に頼っての結果」だということを先に暴露しておきます。

ただ戦略によって少しでも可能性を上げることは可能なので、ボクが選んだ戦略をご紹介します。

チャンネル登録者が増えていく理由
  • 毎日安定して「新しい視聴者」に再生される動画があるから

自動で人を集めるには「ロングキーワード」「ブログ」

たっつー
安定した流入を「自動で」得るのがポイント

新規の視聴者を集め続ける方法はいくつかありますがボクが選んだ戦略は以下2つです。

自動でアクセスを集める方法2つ
  • 半永久的に需要があるコンテンツを投稿する(時事ネタじゃない)
  • ブログからもYouTubeに誘導

「自動で」人を集める仕組みの理屈は、電子書籍『イノセントワールド:10章「現代でもっとも簡単に自由になれる方法」』でも解説したとおりです。

無料電子書籍「イノセントワールド」を公開しました

2019年8月15日

では1つずつ解説しましょう。

ポイント1:半永久的に需要あるコンテンツの投稿

ポイント
時事ネタは寿命が短い

新規の顧客を開拓する手段としてよく用いられるのが「時事ネタ(炎上など)」です

たとえばメンタリストDaiGoさんなどは時事ネタを取り上げることで新規顧客を開拓していると申しておりました。

時事ネタは検索される数が多いので瞬間的にものすごい数のアクセスを期待できますし、その話題で動画を投稿してるライバル数がまだ少ないならアクセスを独占できます。

たとえば「バイオハザード8」という新作ゲームがリリースされたとして、誰よりも早く実況動画をアップすればアクセスを独占できる…という理屈ですね。なのでゲーム実況者さんは新作を発売と同時にアップすることをがんばっているのです。

ところが…だ

残念なことにボクは「新しいことを投稿しつづける根性」がないのです、とほほ。

というのも時事ネタはあっという間に旬を過ぎて話題にならなくなるので「アクセスが集まる寿命が短い」のであります。

つまり、時事ネタでずっとアクセスを集めるには

  1. ひたすらニュースを追いかける
  2. ひたすら動画を投稿し続ける
  3. 誰よりも速く、誰よりも多く

てなことをしなくちゃいけないんですねぇ、うーむ。

ちなみにそういう手法で運営されてるのが、いわゆる「トレンドアフィリエイトブログ」ってやつでして、ボクがブロガーになった頃(2013年頃)に大流行したもんですが、ボクは一度もやりませんでした。大変そうなんで。

そこでだ

そこでボクが選んだ戦略は「10年先にも検索されてそうなタイトルの動画を投稿する」ことでございます。

たとえば「痩せる方法」「モテる方法」などが鉄板ですが、こういった話題なら人類は存続する限り需要が尽きないんですな。

前述した動画のタイトルも「10年後にも検索されそう」なのがポイント。

前述した動画のキーワード
  • 「つまらない物語6つ」の特徴
  • 「5分で作曲できる」ソフト

このように、息が長いキーワードを「ロングテールキーワード」と呼んだりします(時事ネタのように旬が短いキーワードは「ショートキーワード」)

新しいコンテンツを投稿しまくるのが好きな人はショートキーワード(時事ネタ)で攻める戦略もありですが、ボクはずっと働いてると疲れちゃうので作業は自動化する方向にしています。

ゲーム実況にレトロゲームや往年の名作をアップする機会が多いのもそんな理由です。「誰よりも速く新作を!」というより「自分のペースでまったり好きなことを配信」するほうが合ってるみたいなんですよねぇ。

ポイント
  • 「10年後にも検索されそうな」コンテンツを投稿する

ポイント2:ブログの活用

ポイント
検索エンジンからも新規流入を狙う

自動化に欠かせないメディアといえば「ブログ」です。

たとえば上述した2本の動画には、同様の内容の「ブログ版」もございます。

物語がつまらなくなる6つの兆候 byアメリカの元出版社員

2019年2月26日

【DAW】Acid Pro 8 を使って5分で作曲してみよう

2019年1月21日

このようにするとYouTubeで人を集められなくてもブログで集められたり、その逆も起こり得るわけです。

てことで、YouTubeやってる方はブログ(ないしHP)も持っていれば便利じゃないかなーと思う次第。

メディア運営に興味がある方は以前まとめた記事をご参照ください。

初心者クリエイターのメディア運営入門:ネットを使って認知度を上げる方法

2019年7月30日
ポイント

YouTubeだけでなくブログ(検索エンジン)からも流入を狙う

まとめ:もっとも大切なのはサイコロを振りまくること

たっつー
まぁ、偉そうにいっても「ほとんど運」なのですよ

以上が「5カ月放置したYouTubeチャンネルの登録者数が2倍になった理由」です。

まとめますと以下2つの戦略が功を奏したのかなーと思われます。

ポイントまとめ
  • 需要が長続きするコンテンツを投稿した
  • ブログからの流入も狙った

それと繰り返しになりますが「これは半分以上は運による結果」でございます。

狙い通りにアクセスを操作できる技術を持ってるならチャンネル登録者数1億人ぐらいいないとおかしいですからね(笑)

たとえばゲーム実況チャンネルも同様の戦略で登録者数が6,000名になりましたがその後は鳴かず飛ばず。とどのつまり運なのですな。

運(確立)を有利にする唯一の手段は、サイコロを振る数を増やすことです。

やはり安定した生産ペースを保てることが一番成功を近づけるんだなぁーと思います。

べしゃり暮らし名言「売れるまで絶対あきらめない事です」が科学的に正しい件

2019年7月27日

とはいえ「チャンネル登録者数を増やそう!」という目標でYouTubeやってもメンタルが病みそうなので「好きなこと投稿しよー」ぐらいのテキトーな気持ちでの運営をおすすめします。

以上です。ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)