クリエイターがお金稼ぐと嫌われる心理:嫌儲バイアスに対策する方法

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

嫌儲バイアスってのがあるんですよ。

ざっくり言うと「金儲けは汚い!」という考え方のことで、とくにクリエイターが「お金欲しいです」というと、フルボッコにされるのが世の常。

たとえばユーチューバーの人が有料メンバーシップをはじめると「金のためにやってる!もう応援しない!」みたいな意見がメラメラ燃え上がることもありますな。

もちろん、ほとんどのユーザーは「好きな人を応援するためにお金を払ってなにが悪い」というスタンスだと信じてますが、じつはこれ「人間誰しも生まれながらに備えた性質なんだぜ」と主張するデータがあるんですよ。

あ…?

当サイト的には「クリエイターが作品でお金を稼げれば本人もファンもハッピーじゃない?」という考え方。てことで、たまには『お金』にまつわる科学をお話しましょう。

スポンサーリンク


お金は汚い!は人類の根源的感情?

言うまでもなく、お金を稼ぐことは悪いことではありません。

たとえばラーメンをいただくなら、ラーメンを提供するお店が求む価値を返すのが資本主義のルール。「あいつは金のためにラーメン売ってる!不純だ!」では世の中成り立たないのであります。

  1. ラーメン屋がお金をもらえない
  2. ラーメンを作れなくなる
  3. ラーメンを食べれなくなる

同様のことはクリエイターにも言えまして、たとえばユーチューバーの方がお金を稼げなければ動画を作れなくなるし、動画も生産されなくなるわけです。なのでお金を稼ぐ行為は汚いどころか、富を分配する役割も備えてるのが本来の見識。

ところが頭ではそう思っていても「お金目的の活動は汚い」と思ってしまうのが人の性でして、かくいうボクもそのような嫌儲バイアスが備わってることは否定できません。

てことで、エラスムス大学が「人は金儲けにどんな反応をするか?」を7パターンの実験で調べたデータから、2つをご紹介しましょう。

「儲けてる」だけで印象が悪くなる

1つ目の実験は以下のデザインでおこなわれました。

  1. フォーチュン500という雑誌の企業リストを見せ「この企業はどれだけ儲かってると思うか」と質問
  2. それぞれの企業に対する印象をヒアリング

結果は「儲けてる」という印象がある企業ほど悪い印象になるというものでした。

なんだとォ

具体的には「悪いことをしているに違いない」と思われるんだそうな。なるほど半沢直樹が大ヒットするわけだ。

どんな活動だろうと「営利目的」なだけで評価が下がる

つづいては、ある企業の活動内容を被験者に読ませる実験。内容は、

  • この会社は「営利目的」でコーヒーを販売している会社です
  • この会社は「非営利目的」でコーヒーを販売している会社です

の2パターンを用意。つまりビジネスの内容は同じでも、営利か、非営利かで、どんな違いがでるか調べたんですねぇ。

結果はもちろん、営利目的なら「社会に害悪」「メリットがない」と思われたとのこと

くっそ

たとえば、ユーチューバーのチャンネルが内容は以前と変わらなくても、儲けだしたり、メンバーシップを始めた途端に叩かれるのはこういう心理らしい。とどのつまり、人は活動内容より「営利目的か否か」で評価を変えるのだ、ということ。

「お金を得ている」だけでアウツッ

ということで、活動の内容がまったく変化してなくても「儲かってる」「営利目的」と思われるだけで印象は悪くなるんだそうな。もうどうしようもないですな。

まぁしかし、資本主義がここまで加速したのは産業革命以降なのでまだまだ歴史は浅く、その昔の人類は「部族のみんなで価値を分かち合う」ことで発展してきたと予想されています。

当サイトでは「古代に生まれた人体システム」と「現代の環境」のギャップで現代人が不調を来してる説を有力視してるので、生まれつきの嫌儲バイアスが資本主義社会に適応できてない可能性は十分に考えられるかな、と。マルクス主義が大流行したのも納得ですね。

うん、知ってた

とはいえ、生産者が対価を得なければ崩壊するのが社会

たとえばラーメン屋が「利益はいただきません!ラーメンを提供したいだけなんです(キリッ」なんて言ってたら、店がつぶれるわけです。ラーメン屋も不幸になるし、その店のラーメンが本当に好きで、足しげくかよっていた客も不幸になるんですよねぇ。

てことで、研究チームはこの問題を解決する方法を「たった1つだけ」提示しています。

印象を悪くせず対価を得る方法

研究チームいわく、営利目的の活動で印象を悪くしないためには以下が必須とのこと。

  • 営利目的での活動の長期的メリットに目を向けてもらう他ない

なるほど、仮にお金が得られなくても活動を続けたい理念、信念があるとお客に感じてもらえればいいみたい。たとえば少し前に『やむを得ない理由があったと分かると、人は印象を覆す』ことをご紹介したけど、それと似たような心理かも。

たしかにそうだなと、うなずいてしまうねぇ

そういえば以前ご紹介した「ヒロマサのお絵描き講座」は、そういった信念がバシバシ伝わってきたんですよねぇ。お絵描きを教えることで対価も得るけど、それ以上に「昔の自分と同じように悩める人の手助けをしたい」という優しさがにじみ出てて好きでした。

ボクらは本能的に『自己の利益を超越した活動をする姿勢』に感銘を受けるみたいで、心理学では「自己超越目標」といいます。

ちなみに、この『自己超越目標』は、お客だけでなく自分にも影響があるそうな。

「お金」のために活動しない

「お金が目的の活動は長続きしないッ」

というのも、お金のために活動するとモチベがポッキリ折れるというデータは昔から有名なんですよ。当サイトでも何度かご紹介したことがあります。

ようするに「嫌儲バイアス」は自分にも働くってことでして「自分は金のために活動してるんだ…」と思うと、自己嫌悪に陥ってしまうんですねぇ。たとえば社員にボーナスを支払うと仕事のやる気が失せるのは有名な話です。

「お金以上の信念があるッ!」と思えない活動は長続きしない。それぐらい、ぼくらはお金の刺激に弱いみたい。

なるほど、たしかにそうかも

「いいね」のためにも活動しない

「「いいね」のために投稿すると精神を病むッ」

SNSの「いいね」やYou Tubeの「高評価」も、お金をもらうのと同じぐらい精神に刺激を与えるんだそうな。なので「いいねが欲しい!」「高評価されたい!」というモチベで作品投稿するのも、お金をモチベにするのと同様に心に良くないことが予想できます。

やっぱり「いいねがもらえなくても、自分の活動には価値がある」と思えることが大事みたいね。

では、どんな自己超越目標を持てばいいのか

「人の役に立つことが、最もモチベを上げる」

では最後に、どういう自己目標を立てればモチベーションにつながりやすいのか。結論からいうと「他者への貢献」だと言われています。

つまり「自分の活動は誰かを幸せにするためにやってるんだ!」という理念があれば、心が折れにくいわけですな。逆に「自分のためにやってる」という感覚は心が折れやすいこともわかっています。

これは「正しいお金の使い方の心理」でご紹介したのと同じ理屈で、ぼくらは人に感謝されると自尊心が高まって幸福になるんですねぇ、なるほど。

アダム・グラントの名著『GIVE&TAKE 与える人ほど成功する時代』によれば、統計では「人に多くを与える人は成功しやすい」ことも分かってるし、積極的に人に貢献しようとする姿勢には、リターンが返ってくるのでWin-Winになりやすいみたい。

まとめますと

てことで結論まとめると、以下のようなかんじ。

  1. 嫌儲バイアスは誰にでも備わっている。それを否定しても仕方がない
  2. ただ人は「お金を超越した活動」には喜んでお金を支払うので安心されたし
  3. 自己超越目標は活動のモチベーションを上げてくれる

営利目的で活動すると一定数の人に嫌がられるものの、ちゃんと価値を届ける活動をしていれば、そこに支援者は集まるってことですね。

  • NG:「誰かに与えてもらおう」「誰かから奪おう」とする姿勢
  • OK:「誰かに与えよう」「お金以上の価値を届けよう」とする姿勢

納得の結論でございます。

もしクリエイターの立場なら「人に価値を提供してるんだ!」と考えれば自尊心を保ててグッド。

もしお客の立場なら好きなクリエイターに投げ銭感覚でお金を届けてあげれば「その人の活動を支えてるんだ!」という自尊心が高まっていいかもしれません。

自分も今日から「このサイト見てる人の生活を、少しでも自由にするんだッ(キリッ」と、取ってつけた理念を抱きつつ活動しようと思います(棒)

では以上です。ばいびー♥

PS.そういえば昔

そういえば10代の頃に、仲間と一緒にお仕事で北海道にいったんですよ。

んで急に「夕飯代を路上で稼ごう」てことになりまして、突如商店街の前でつたない大道芸をやったんですね。で、ありがたいことに「がんばってね」と投げ銭してくださる方々がいて、なんとか夕飯のジンギスカンを食べることができたのです。

いかに嫌儲バイアスが備わってるとはいえ、人は人に対して暖かいのだと、気づかされた出来事でした。

ということで「自分の作品なんかお金をもらう立場にない…」とは言わず、とりあえずPixivFANBOXなり、You Tubeプログラムなり、試してみる価値はあるのではないかと思います。世の中は意外と、夢を追う人に優しいのです。

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)