「終わりよければすべて良し」が科学的に証明されてた件:ピークエンドの法則

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

「ピークエンドの法則」てのがあるんですよ。

ざっくりいうと、人は体験の「一番の盛り上がり」「終わり」の2点で全体の良し悪しを判断するという心理のこと。たとえば中盤はクソつまらない映画も、エンディングが秀逸なら名作と判断されやすいんですな。

 

スポンサーリンク


人は体験の終盤の印象を最優先する

本件は、心理学好きにはおなじみダニエル・カーネマン氏が1999年におこなった実験がデータベース。カーネマン氏は被験者をAとBに分けて以下を指示しました。

  • A:冷たい水に60秒間手を突っ込んでもらう
  • B:冷たい水に90秒間手を突っ込んでもらうがラスト30秒は少し水温が上がる

そんでAとBの体験をした被験者にそれぞれ今回の体験の印象を聞いたんですな、すると…。

Bの被験者の方がこの実験に対して好意的だったのだ

つまり、被験者はマゾが多かった…のではなく、苦痛な時間が長い体験ても、終盤の印象がポジティブなら全体がポジティブになる傾向にあるってことですねぇ。

「終わりよければ、すべて良し」てことわざもありますが、それは科学的にも正しいみたい。

ピークエンドの活かし方:毎晩「良かったこと日記」を書くべし

ピークエンドの法則でメンタルを良くする活用法をご紹介。寝る前の「良いこと日記」をつけるとよさそうです。たとえば、

  1. 毎日、嬉しかったこと、感謝の気持ちなどポジティブな体験を記録
  2. 一日の終わり(寝る前)に見返す

するとあら不思議、一日のエンドがポジティブな気持ちになるではないか。ハム太郎のロコちゃんのごとく「今日はとっても楽しかったね、明日はもっと楽しくなるよねハム太郎!」「ヘケェッ!」状態になるわけ。

ちなみに「嬉しかった体験」はどんなに小さいことでもOK。記録はスマホでもいいけど、アナログのほうが効果高まるのでノートに書くことを推奨します。

ハム太郎のロコちゃんは正しかったのだ

物語づくりにおけるピークエンドの法則

当サイトは、物語を書いてる人も多く見てそうなので、物語への活かし方も考えてみます。

ようするに「一番の盛り上がり」「エンディング」が作品の評価は分けるので、クライマックスとエンディングの印象には気をつけたいところです。たしかに人気マンガも、終わり方がショボいと駄作っぽくなるし、綺麗にまとまってれば名作に思えますもんねぇ。

「盛り上がる箇所ってどこだよ」と不明なら、以前まとめた「売れるプロットの作り方」をご参照あれ。ドラマフォールから復活の流れが、一番の盛り上がるになる傾向にあるみたいです(スラムダンクの「好きです、今度はウソじゃあありません」など)

以上です。ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)