たった14秒でストレス解消+風邪をひきにくくなるメンタルテクニック

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

イライラをシャキッと切り替える方法があれば、もっと幸せになれるんじゃね?と思って調べたところ『ポジティブメモリーズ』というテクニックと出会ったのでご紹介。

なんと、ストレスを感じたあとに、14秒間だけ過去のポジティブな記憶を思い出せば、ストレスレベルが大幅に下がるんだそうな。

なにィ

スポンサーリンク


ポジティブメモリーズのやり方は簡単

「ポジティブな想像は役に立つっぽい」

本件はラトガース大学研究チームが134人の男女を対象に実験。被験者にキンキンに冷えた氷水に手を突っ込んでもらい精神的苦痛を与えたあと、2グループに分けて以下のことをやってもらったそうな。

  • A 14秒間過去のポジティブな体験を思い出してもらう
  • B 14秒間過去の普通の出来事を思い出してもらい

結果、ポジティブな記憶を思い出したグループは、他のグループに比べて気分が良くなっただけでなく、コルチゾールの量が1割しか増えてなかったそうな。

コルチゾールは、ストレスを感じると分泌されるホルモンのこと。カロリー制限中のストレスや、運動の負荷のストレス程度でも分泌されちゃうので、日常的にお付き合いが必要なホルモンでありますが、増え過ぎたり慢性化すると、風邪など病気にかかりやすくなってしまうんですな。

しかしポジティブメモリーズを試した被験者はコルチゾールが分泌される量が減りました。つまりストレスに強くなっただけでなく、強い体調も手に入れられた、と。

ポイティブ体験は小さなことでもOK

ちなみにポジティブの体験は 自分の身に起きたことならなんでも OK。

  • 上司に褒められた
  • 食事が美味しかった
  • 旅行が楽しかった

ただ現実逃避は違うのでご注意を。たとえば「心頭滅却すれば火もまた涼し!キエェェーッ!」みたいに「この水が冷たいのは気の迷いだ!」と目を逸らすのは逆効果です。

現実を歪曲するのではなく、過去の体験に『気を逸らす』という考え方が正しいかと。

とはいえ瞬間的に過去のポジティブ体験を思い出すのは意外とめんどうなので、事前にリストアップしておくといいかもしれませんねぇ。たとえば、日常的にポジティブな体験をメモしておくのはいいかもしれません。

とりあえず自分は、さっき作った焼き芋が思いのほか美味しく仕上がったので、辛くなったらその体験を思い出そうと思います(そんな体験しかないんかッ)

では以上です。ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)

ABOUTプロフィール

たっつー

ドラえもんが好きなゆるくて意識低いブロガー。肩の力を抜いてゆるく生きる方法や趣味をまったり配信しています。 絵や音楽を作るのも好きです。YouTubeにてゲーム実況や、動画マンガの作画担当もしています。宜しくどうぞ(^ω^)

おすすめ記事(一部広告含む)