ユーチューバーとして食えるのはトップ3%だけ!でも目指していい3つの理由

たっつー
たっつー(@kaopro1)です。

「You Tubeの広告収入で飯食えるのは全世界トップ3%だけ」というデータが面白かったのでシェア。

ちなみにトップ3%には、アルバイト収入並みにギリギリな生活の人たちも含まれてるので、まともに生活できるレベルとなると数字はさらに下がるみたい。

で、先に述べておくと「ね?ユーチューバーになるの大変でしょ?ほら!夢見てないで公務員目指そうよ☆」というクソみたいな結論は出さないのでご安心あれ。

スポンサーリンク


ユーチューブで飯が食えるのは3%、生活できるのは1%

「ほとんどの人は「見て」すらもらえてない」

本件はオッフェンブルク大学のマシアス教授による「You Tuberの広告収入分配」を調べた研究。判明したのは以下のことです。

  1. You Tube動画の総閲覧数90%はトップ3%が独占している
  2. トップ3%には年収169万円程度の人も含まれる
  3. 再生数の多さは収益の高さとイコールしない
  4. 8割のYou Tuberの収入は月1,000円以下

とのこと。ザ・資本主義なデータですな。

このデータのポイントをざっくり抽出すると『ほとんどの人は、動画を投稿しても「見てすらもらえてない」』て、とこでしょうか。

ただこれは自由競争社会な以上仕方ないこと。嫌なら革命でも起こして共産ユーチューブというナゾのシステムでも作るしかありません。

広告費は下がり続けている

「炎上芸人がテレビから干されるのと同じく、炎上You TuberはGoogleから干される」

もう1つのポイントは『再生数の多さと広告収益はイコールしない』点でございます。つまり再生数が多くて人気者に見えても、収益は素寒貧な人も多いんですねぇ。

この理由は『チャンネルを見てる人によって広告費が違う』ことでして、たとえば「保険サービス」の広告は、

  • 子供ばかり見てるチャンネルでは売上につながらない→広告費が下がる
  • 40代以降の家庭持ちが見てるチャンネルなら売上につながる→広告費が上がる

というわけですね。これはブログも、テレビも、なんでもそう。

広告主の側からすれば「商品買ってくれない人をいくら集めても金なんか出せるか」と思うのが当然の心理。たとえば婚活サービスを運営してるのに既婚者ばかり集客されて「ほら、広告費よこせ」言われても企業は困っちゃう、と。

だろうね

同じようにGoogleは2017年頃から「広告出稿するチャンネルは厳選するわ」という方針を打ち出しており、つい先日(2019年7月下旬)も「侮辱的、炎上目的のコンテンツには広告を表示しない」とのガイドラインが発表されたところ。

これも広告主の立場からすれば当然のことで、奇しくも同月に某有名芸人さんたちが闇営業で収益を得ていた問題でニュースが揺れてましたが、安心できる相手との取引じゃないと、企業も個人も大ダメージを受けてしまうんですな。

このことから予想されるのは、

  1. You Tubeの広告単価は今後も下がり続けるであろうこと
  2. 規約違反を恐れコンテンツが平均化されていくこと(テレビみたいに)
  3. ますます差別化が難しくなりトップ3%に食い込みにくくなること

で、ございます。

だがユーチューバーを目指していい3つの理由

「だが、You Tuberを目指してもええんやでッ」

てことでYou Tube市場に寒い空気が漂いはじめてる感は否めないですが「ね?ユーチューバーなんか目指さないほうがいいでしょ?☆」とはならないのが当サイトの考え方。目指したい人は目指していいんじゃない?と思っております。

てことで、本研究のデータを踏まえたうえで「でもユーチューバーになりたいんだー!」という方にとって希望となりそうな解決策をいくつかピックアップしてみましょう。

ユーチューバーの収入は広告だけではない

「芸人の収入が「テレビ」だけじゃないのと同じ」

前述した研究データはあくまで「You Tuberの広告収益」の統計です。つまり、アドセンス広告以外の収益はカウントされてないんですな。

それは芸人さんの収入を「テレビの出演本数」だけでカウントしてるようなもんなので、言うまでもなく正確性に欠けるデータです。

たとえばお笑いコンビ「ラーメンズ」はテレビ出演しないけどコントライブで収益を得てるし、キングコング西野さんはテレビに出なくてもオンラインサロンで月1,000万円は収益を得てると予想されます。

  • つまり、ユーチューバーも広告収入だけじゃ足りなくても、それ以外のマネタイズ法で生計は立てれるだろう

ということですな。レペゼン地球さんなんかわかりやすいかと。

具体的にはYou Tubeメンバーシップ(月額ファンクラブみたいなもん)やPixivFANBOXでもいいだろうし、企業と直接タイアップするという選択肢もあり。

まぁ「いや、それが成り立つ人はそもそも広告収入でも暮らせるのでは?」という反論もあろうと思いますが、これにより『広告費が下がり続けてるからYou Tuberオワタ』とは言えなくなるのではないかと思います。

仮に広告収入システムが撤廃されたとして、それでも「You Tubeを利用して食っていける人」は減らないのでは?ということですね。たとえばHIKAKINさんなどはその最たるでしょう。

そもそもYou Tube以外にも選択肢が山ほどある

You Tubeがダメならニコニコだ!」

「いやいや、You Tubeはトップ3%しか見てもらえないんでしょ?」という反論もありそうなですが「ならYou Tube以外の場でトップ3%を目指す」のも良いかと。

「そもそもYou  Tubeを利用する理由は?」と問われれば、多くの人は「そこに人(動画)が集まってるから」と回答するのであって、人が集まる場ならユーチューブじゃなくてもどこでもいいはずなのです。

たとえば、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのYou Tubeも2006年頃は「ユーチューブ?あぁ、あの英語のサイトでしょ?よくわからんわ」と敬遠されてましたし「2019年現在1番人が集まってる場」がたまたまYou Tubeなだけで、それは3年後、5年後、10年後にどう変動してるかわからんのであります。

たとえば、ゲーム実況やるならニコニコ動画という選択肢もあるし、なんならブログだけで視聴者を集める方法もあるわけですな。

てことでYou Tubeでトップ3%に入れなくても、別のプラットフォームでトップ3%を目指すのもいいんじゃないかと。「鶏口となるも牛後となるなかれ」ってやつです。

フォロワーさえ集めればマネタイズの方法はいくらでもある

「トップ3%じゃなくてもどうにかなるかもよ」

以上のように、You Tuberはじめクリエイターマネタイズの基本は『再生回数を増やすこと』ではなく『フォロワーを集める』ことでございます。

フォロワーとは、あなたの活動に価値を感じて、お金を払ってでも応援してくれる人たちのこと。

とどのつまり『あなたを応援します!』というフォロワーが多ければ、広告収入がダメでもPixivFANBOXやYouTubeメンバーシップなど、どんなマネタイズでもどうにでもなってしまうわけです。

で、逆に再生数が多かろうが「あなたを応援します」という人がゼロ人なら絵に描いた餅。腹は膨れません。

てことで、フォロワー集めはYou Tubeだろうが、ニコニコだろうが、Twitterだろうがどこでもできるので、好きな場所を選択、あるいはすべてチャレンジすれば良し、という結論。

「いや、でもトップ3%が富を独占してんでしょ」との意見もあろうと思いますが、それはさほど気にする必要はないかと思われます。

そもそも、だ

そもそも本件の「トップ3%しか食えない」という数字は「広告収入で食えてるYou Tuberの値」ですが、たとえばPixivFANBOXで月額500円のフォロワーを500人獲得すれば、月収入は25万円に達する計算になります。

もちろん「いや500人もすごいわ」という意見もありそうですが、ではこの数字はYou Tubeで全世界トップ3%のアクセスを誇る猛者にしか達成できないのか?と問われれば怪しいところですからねぇ。

参考になるかわかりませんが、ボクがブロガーとして生計立てれるレベルになったときの1日のアクセス数は『40』ほどでした。言うまでもなく「トップ3%に入れるわけがないミソカスレベル」です。

が、そんなんでも案外どうにかなるもんですので「トップになるのがむずかしいから選択肢から除外する」のはもったいないかなーと思う次第です。

結論:ユーチューバーになりたいなら、ひたすら安定した生産性を目指すべし

「売れる唯一の方法は、売れるまで絶対あきらめない事です」

てことで、以下が当サイトの結論。

  1. 広告収入以外にもYou Tubeのマネタイズ法はある(メンバーシップなど)
  2. 仮にYou Tubeが潰れても他の選択肢が山ほどあるので移動すればOK
  3. トップ3%が富を独占するのはどこも同じ
  4. よってユーチューバー目指したい人は相変わらず目指せばよし

具体的には「クリエイティブな分野で成功するには『安定した生産性』を保つしかない」と判明してるので、毎日コツコツ安定して動画を投稿するモチベーションを保つことがポイントになりそうです。

上記リンクの実験では「成功に年齢は関係なかったよー」ということ判明してるので、年齢や環境の違いはあれど、とりあえず「成功すればラッキー」ぐらいの軽い気持ちで、毎日投稿するのが良さそうですね。

てことで自分も相変わらず「自分に期待せず、人にも期待せず、ただ淡々と、毎日記事を書く」スタイルでブログを運営していこうと思う次第です。

以上。ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)