べしゃり暮らし名言「売れるまで絶対あきらめない事です」が科学的に正しい件

たっつー
たっつー(@kaopro1)です。

森田まさのり先生の「べしゃり暮らし」がドラマ化したそうなので、作中の名言にまつわる話を1つ。

「売れる唯一の方法は、売れるまで絶対あきらめない事です。しがみつく事なのです」

スラムダンクの「諦めたらそこで試合終了ですよ」と同じようなニュアンスの言葉ですな。つまり「成功したけりゃ安定して毎日サイコロを振りまくれ」と。

で、じつはこの考えを正しいと認める科学データがあるのですよ

なにィ

つまりユーチューバー目指すにも、マンガ家目指すにも、ブロガー目指すにも、売れる唯一の方法は『売れるまであきらめない事なのです』は科学的に正しいんですねぇ。

スポンサーリンク


成功に年齢は関係なし!必用なのは「安定した生産性」だッ!

「みんなが思うほど『年齢』の影響はない」

本件はノースイースタン大学が「成功と年齢の法則」を調べた研究がデータベース。ようするに、人は何歳の頃に生涯最高の仕事を達成するか調べたんですな。

研究対象は1893年から現在までの科学者2,887名。研究チームは彼らが生涯でリリースした論文の引用数を調べた分析をおこないました。

わかりやすくユーチューバーで例えると、2,887名のユーチューバーを対象に、彼らのもっともバズッた動画はいつ、どのようにつくられたかを分析したようなもんです。

そして判明したのが以下のこと。

  • 成功する年齢に一貫性はなかった
  • 年齢より「安定した生産性をキープできているか」が最も成功に起因していた

つまり、筋肉や遺伝子の影響が少ないジャンル(アート分野全般)での成功は、年齢より「安定した生産性」のほうが大事だったということ。

あ…?

安定したモチベは、借金してでも買う価値があるッ

「才能とモチベがセットで売ってたら…借金してでも買いたい…」

てことで、成功には「安定した生産性」がポイントとなりそうです。つまり、

  • ユーチューバー:安定して毎日1本動画を投稿しつづける
  • イラストレーター:安定して毎日絵を投稿しつづける
  • ミュージシャン:安定して毎日曲をつくる、投稿する、ライブに出る
  • お笑い芸人:安定して毎日ネタをつくる、ライブにでる
  • ブロガー:安定して毎日ブログを投稿する

てことができる人は超有利なわけですねぇ。サイコロ振る数が多い人のほうが当たりを引く確立が高くなる、みたいなかんじ。

具体的には、以下2つが重要視されています。

  • 生産性:一定のペースでなにかを生み出し続ける能力
  • Qファクター:取り組むジャンルに必要なスキル、モチベーション、好奇心など

べしゃり暮らしには「才能が売ってたら借金してでも買いたい」という名言もありますが、モチベーションも借金してでも買う価値あり、てとこでしょうか。研究チームいわく、

「つまり『あきらめるな』ということ。あきらめたら、そこであなたの活動は終わる」

とのこと。YCAの校長と同じこと言ってますねー。

まぁ、スポーツは年齢の影響がデカいですが、音楽、絵画、クリエイターなど、筋肉より頭脳を資本とすること全般は「努力で改善できることがデカい」とわかってるので、年齢の影響より安定した生産性の影響が大きくなるのも納得です。

若い頃からはじめたほうが有利かもしれないけど、その影響は微々たるもの。それより安定した生産性やモチベを維持できるほうが価値があるわけですねぇ。

安定したモチベをつくることからはじめよう

「モチベはすぐ折れる、ポッキリ折れる」

さてここで大きなポイントとなるのが『ヒトのモチベーションは超デリケート』ということ。

以前、風船に例えたことがありましたが、期待で膨らませすぎると破裂して修復不可能になるし、かといって毎日進歩してる感覚がないとポッキリ折れてしまったり、なかなか厄介なのです。

たとえば、ボクも日々モチベーションと殴り合いの日々でして、つい1か月前も原因不明なやる気消失に悩まされたばかりでしたねぇ。つまり気をつけてるつもりでも、ふいにポッキリ逝っちゃうことがあるんですよ。

モチベを保ちたいときは上記記事の6つの原因を1つずつつぶす対策を試してみるのがおすすめ。

では以上です。ばいびー♥

 

スポンサーリンク


SNSのネタにどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)