チョコやココアのすんごい効果:頭よくなる・若返る・絵も上手くなる(かも)

たっつー
たっつー(@kaopro1)です。

ダークチョコやココアが体にイイのは有名な話

ボクも冷蔵庫には「明治チョコレート効果」を常備してまして、甘いモノ食べたくなったらボリボリ食ってます。

てことで当サイトでは、チョコやココアなどカカオポリフェノールを絶賛おすすめ中なのですが、そこにはもちろん科学根拠があるので一度まとめておきましょう。

「頭が良くなるんでね?」「小じわ対策になるんでね?」「血管が若返るんでね?」てなデータをご紹介します。

スポンサーリンク


カカオ70%以上のダークチョコの効果:アンチエイジング!スキル上達!

ではまず、カカオ70%以上のダークチョコにまつわる研究データをご紹介。まだ研究途上のデータも含まれるものの、期待に胸膨らむデータとなっております。

カカオ70%以上のダークチョコ48gで:絵が上手くなる(かも)ぜッ

「チョコで『新しいスキル』が身につきやすくなるッ?」

ではさっそく、まずは「ダークチョコで頭脳アップ」のデータをご紹介。ロマリンダ大学の実験を参考にしましょう(これ

実験のデザインは以下のとおりです。

  1. 被験者にカカオ70%のダークチョコレート48gを食べてもらう
  2. 30分後、120分後に脳波計で脳を計測

48gは、明治板チョコの約半分ぐらいの分量ですね。で、被験者にどんな変化があったかというと…

  • 脳全体が活発に活動するようになった
  • ニューロプラスティシティが向上した

ニューロプラスティシティとは「神経の柔軟性」のことでして、たとえば新しいスキルを学習するときに必要な機能の1つ。たとえば絵を上達するにも、楽器を上達するにも必須になるかと。

さらに

さらにカカオ70%のダークチョコ48gを8日間食べ続けた被験者は『T細胞が活性化し、新しいスキルの学習にかかわる遺伝子回路がオンになった』とのこと(これ

またしても「新しいスキルが身につきやすくなる(かも)」とのデータですねぇ。

T細胞ってのは身体の免疫システムを担うパーツの1つ。決してアンブレラ社が開発したゾンビウィルスではありません。

うん、知ってた

まぁ、ぶっちゃけ研究はまだまだ初歩段階なので「確実に新しいスキルが身につく速度が上がるッ」とはいえないものの、参考程度に期待するには良いのではないかと思います。

カカオ85%以上のチョコ25-40gで:エンチエイジングになるぜッ

「チョコで体内の炎症が減るッ」

つづいては「チョコの健康効果」を調べたメタ分析をご紹介。過去のチョコに関する実験から19件を精査したデータでございます(これ

その研究では「1日200~600mgのカカオフラボノイド(85%以上のダークチョコレート25~40g)」の効果が以下のようにまとめられていました。

  • 体内の炎症が減少
  • 空腹時の血糖値が改善
  • HDLコレステロール値が改善
  • インスリン抵抗性の改善

とのこと。

体内の炎症は老化の原因として有名なので、当サイトでも積極的に対策をおすすめしているところですが、チョコレートで多少は改善できるっぽいですねぇ。ちなみにココアでも同様の効果が期待できるとのこと。

もちろん効果量は「運動」「睡眠」のほうが大きいのは当然ですが、不健康なおやつを食べるよりはよほど健康に良さそうです。

1週間に20gのダークチョコで心疾患のリスクが1.8%下がるッ

「20gのチョコで血管が若返るッ」

もういっちょメタ分析をご紹介。チョコレート研究の中から信憑性の高い23件を精査し、405,304名のデータをつかった論文でございます(これ

この研究によると

  • ダークチョコを食べると血管が若返る
  • 1週間に20gのダークチョコで心疾患リスクが1.8%減る
  • 1週間に45gのダークチョコで心疾患のリスクが11%下がりそう
  • だがチョコの消費量が1週間に100gを超えると心疾患を防ぐ効果は増加しない

ことが判明。

つまり、週に最低20g(チョコレート効果の板4枚ぐらい)で、メリットが得られるんですねぇ。すばらしい。

1日900mgのココアフラボノイドで記憶力が20歳若返るッ

「ココアで記憶力がめっちゃ若返るッ」

つづいてはココアのデータ。コロンビア大学が50-69歳の被験者37名を対象におこなった実験をご紹介します(これ

被験者には1日900mgのココアフラボノイドを3カ月間飲みつづけてもらったみたい。すると、

  • 記憶力テストの成績が30-40代レベルにアップ

したそうな。すごいですねぇ。具体的には、記憶力の減少に関係する「歯状回」という脳の機能が改善したみたい。

このような現象が起きた理由は「ココアは抗酸化効果がすんごいから」と考えられてまして、ざっくりいえば脳のダメージを和らげてくれるわけですな。

ココアの抗酸化力は赤ワインや緑茶を上回るというデータもあるので(これ)、健康飲料としてセレクトする価値は十分にありそうでございます。

※もちろんミルクと砂糖ガツガツの商品はNGなので、純ココアを選びましょう

まとめますと

とどのつまり、結論はこうなんだぜ

てことで、ダークチョコやココアは健康食品として常備する価値が十分にありそう。

基準は「チョコ:カカオ70%以上」「ココア:純ココアパウダー製品」なら、メーカーはお好みでオッケーでございます。

自分はとりあえず、近所の薬局で買える「チョコレート効果86%」をこれからも常備しようかと。

ダークチョコ

ココアパウダー

以上です。では、ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)