自由な時間のつくり方4ステップ:『時間術大全』より

たっつー
たっつー(@kaopro1)です。

「自由な時間をつくる方法」に目がない当サイト。これまでも科学根拠ある「時間のつくり方」をいくつかご紹介してきました。

んで、最近発売した『時間術大全』という本に書かれてた、自由な時間をつくる4ステップが参考になりそうなのでシェアします。

スポンサーリンク


時間術大全とは

「じつは、時間は『余ってる』んだぜ」

時間術大全は、Google、You Tubeの社員流の時間のつくり方を解説した本。原題の「Make Time(時間をつくる)」どおり、どのようにスケジューリングすれば自由な時間を捻りだせるかを説いた内容となっております。

ちなみに、クソ忙しくてプライベートを楽しむ時間が減りまくってる現代人ですが、じつは労働時間は減り続けていて、50年前に比べ、500時間も自由な時間が増えてるのは有名な話。

つまり、時間はかつてないほど有り余ってるけど、使い方が崩壊してしまってるのが現代。『時間術大全』はそこに目をつけたわけですねぇ。

時間大全流:自由な時間をつくる4ステップ

「自由な時間は、意図してつくれッ」

てことで本書が推奨する4ステップがこちら。

  1. ハイライト:なんの時間をつくるか決める
  2. レーザー:予定を阻む邪魔を排除する
  3. チャージ:しっかり休んで脳を休める
  4. チューニング:仕組みを修正して最適化

1・ハイライト:なんの時間をつくるか決める

ハイライトとは「今日は何のために時間をつくるのか」ハッキリさせること。

たとえばブログを書く時間をつくりたいのか、彼女とデートする時間をつくりたいのか、絵を描く時間をつくりたいのか、なんでもいいけど一番大事なことを1つに絞る。

予定を決めるのって定番ではあるものの、案外忘れがちなんですよねぇ。たとえば「あれもやりたい」「これもやりたい」と予定を詰めすぎた挙句、なにもやる気が起きないことは山のごとしです。

てことで以下の図の右側のように、1つのことに集中できるように「何をしたいのか」を明確化すべし、とのこと。1日に1~3つぐらいに絞ったほうが良さそうです。

2・レーザー:予定を阻む邪魔を排除する

ぼくらの時間は、何気ない動作に奪われまくっている、とのこと。

当サイトでも度々警鐘を鳴らしてますが、スマホは最たる例ですな。マルチタスクがぼくらの自由な時間をゴッソリ奪ってるのは、科学データの裏付けも多いところです。

てことで、タスクの邪魔になる要素をことごとく排除しけば、自然と目の前のタスクをこなすスピードが上がる、という理屈ですね。どんな邪魔を排除すればスピードが上がるかは以下を参考にどぞッ

わかりました

3・チャージ:しっかり休んで脳を休める

いかに休んで体力をチャージできるかが生産性アップのカギ、とのこと。

これも近年のライフハックではおなじみのことで、当サイトでも「昼寝」「マインドフルネス」「グリーンエクササイズ」などを推奨しています。

4・チューニング:仕組みを修正して最適化

「しっくりくるように、オプティマイズ」

あとは1~3を繰り返しながら、仕組みを自分に合わせて最適化していけばOK。たとえば、朝にタスクに取り組んでみてしっくりこないなら、昼に変えたり、夜に変えたり、というかんじですね。

自分も今でも頻繁にタスクリストを変更していまして、しっくりくるタイミングを探っているところでございます。たとえばブログを書くリズムは『90分執筆→30分休憩』に落ち着きました。

こればかりは、みんなに当てはまる答えはないので、自分で探りながら最適点を探すしかなさそうです。

ということで以上が、時間大全で述べられてた時間のつくり方4ステップ。ぼくと同じく時間オタクな人は見て損しないと思います。

以上です。ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)