クリエイティブ思考が身につく10の習慣 FUTURE INTELLIGENCE

たっつー
たっつー(@kaopro1)です。

「これからは一億総クリエイター時代や!」と叫ばれはじめて早十数年、巷ではYou Tuberが大活躍し、貧乏学生2人が家賃を稼ぐためにはじめたAirbnbが数兆円規模の大企業になるなど、個人のクリエイティビティが大企業を押しのける時代になってきましたな。

そんな『一億総クリエイター時代』を生き抜く思考法を10のフィックスでまとめた『FUTURE INTELLIGENCE』という本が面白かったのでシェア。

スポンサーリンク


新時代のクリエイターに必須な10の思考

「柔軟なアイデアが、白地の地図に未来を刻む…ッ」

『FUTURE INTELLIGENCE』とは、ざっくりいうと『クリエイティブな人たちはどういう習慣を持ってるのか?』『そこに科学的エビデンスはあるのか?』を解説した本です。

てことでその中から、新時代クリエイターに必須な10のフィックスをご紹介。以前まとめた『新時代クリエイター9の必須習慣』と合わせてどぞッ

その1『遊び』楽しいことで脳を刺激する

「クリエイティブな発想は遊びの中から生まれるんだぜ」

例としてスーパーマリオブラザーズの生みの親、宮本茂さんの少年時代のエピソードが紹介されていました。そういえば鈴木祐さんの『最高の体調』でも、遊び心と幸福感の相関性は科学と照明されてると書いてあったなぁ。

『最高の体調』いわく、心理学でいう『遊び心』とは、どんな状況も楽しさやユーモアを使って解釈できること、とのこと。日常をゲームのように解釈できると良さげですね。

その2『情熱』何かに夢中になる

「情熱を注げなきゃ、がんばれないんだぜ」

「上手くなりたい」という情熱を持てることに取り組んだ方がクリエイティブになりやすい、とのこと。

ちなみに、情熱を傾ける対象に「評価」を求める人ほど燃え尽きやすく、「成長」を求める人は成功しやすいんだそうな。わかるわー。

評価を求めると『思ってたのと違う』『評価されなきゃゴミだ』みたいに、目の前の遊びを楽しめなくなるんですな。てことで、情熱を傾ける対象は「スキルアップ」「成長」を目的にするのが吉。

その3『夢想』自分と深くつながる

「ぼーっとする時間に、アイデアは出るんだぜ」

「夢想」というと怪しく聞こえますが、ようするに『ぼーっとする時間をつくるべし』ということ。これも心理学ではお馴染みですな。

具体的には思考を拡散させた方が良いアイデアが出やすくなると言われてまして、なんでも72%の人はシャワー中に良いアイデアが出た経験があるんだとか。

他にも自然音も拡散思考になりやすいことがわかってるので、朝にシャワーを浴びて、昼に川辺をさんぽするのが理想的かもしれませんねぇ。

その4『孤独』ひとりの時間で考える

「アイデアは、独りのときに出すもんだぜ」

クリエイティブでありたいなら、一人で考えられる時間も確保しなくてはいけない。これも鉄則と言われてることですね、グレッグ・マキューンの『エッセンシャル思考』でも同様のことが述べられてました。

ニュートンは万有引力の法則をまとめるために2年間引きこもってたし、「孤独じゃなきゃ、まともな作品を作れない」とはピカソの有名な言葉。友人や家族を捨てろということではなく、クリエイティブになると決めた時間は独りになることが必要なんですな。

その5『直感』無意識の声を聞く

「直感だけに頼ってると、失敗するぜ」

人間の直感はかなり鋭い、というのは当ブログでもなんどか話題にしてきましたが、もちろんアイデアも例外ではありません。

ただ本書では「直感だけに頼るのは危険だぜ」という警鐘も鳴らしているんですよね。というのも人は直感的に「これだ!」とひらめいたことを『正しい』と思い込みやすくなるバイアスがあるらしい。とくにクリエイターほどそういう傾向あるかもしれませんね。

ただ時間を置いて客観的に見ると「なぜ、あんなアイデアを良いと思ってしまったのか…」ということも少なくないので、直感だけに頼らず時間をかけて精査することも必要みたい。

 その6『好奇心』非日常の体験で限界を広げる

「知りたい欲求が、クリエイティブさを生むんだぜ」

好奇心があるほどクリエイターには有利、たとえば知識の成長をしやすい傾向にあるそうです(「なぜ」「なぜ」と色んなことを調べようとするから、とのこと)

好奇心の強さはビッグファイブ性格診断で調べることもできます。ビッグファイブの『開放性』という数値が高いほど、好奇心旺盛で、判明飽きっぽくて集中力が足りない傾向にあるとか。

ちなみに自分は開放性は高いものの、協調性と外向性がズバ抜けて低いという結果でした。ズコーッ

その7『瞑想』観察し、点と点を繋げる

「スマホばかり見てると、足元のきれいな花を見落としてしまうぜ」

マインドフルネス(「今この瞬間に目を向ける」)こともクリエイティブな発想につながる。なぜなら、現代人は「今」を見ていないからとのこと。耳が痛いわー。

んで、マインドフルネスを鍛える方法として『瞑想』がすすめられていますので、トレーニングしたいなら以下のまとめを参考にどぞッ

もちろん、それだけじゃあないんだな~…

これだけなら量産型ライフハックブログや自己啓発書の主張とおなじなのですが、本書では『2つの瞑想を使い分けようぜ』てことが推奨されています。その2つとは、

  • マインドフルネス:今この瞬間『1つのこと』だけに集中する(例:呼吸だけに集中)
  • マインドレスネス:今この瞬間『おもいつくままに』色んな思考をすること

なるほど、レスネスは前述する『ぼーっとする』ことに近いですね、マインドワンダリング、フェイクフルレストとも呼ばれたりします。たとえば『5分間:呼吸に集中』『5分間:適当にぼーッとする』みたいな使い分けが良いかと。

その8『繊細』傷つきながら、深く感動する

「傷つきやすほど、繊細な作品を作れるのだ」

感受性が豊かな人ほど、人の心を揺さぶる発想を生み出しやすい、とのこと。なるほどアーティストを例に考えるとわかりやすいかもしれません。いわゆる「共感される作品」をつくるには、人の感情を読み解く能力が必要なわけですな。

これは心理学では『共感性』と呼ばれるパーソナリティのことで、トレーニングで鍛えられることがわかっています。

反面、スマホなどデジタルデバイスの使い過ぎで失われることも分かっているので、定期的にデジタル断食してみるのもいいかもしれませんね。

その9『逆境』辛い体験で成長する

「辛いことは、クリエイティブの種なんだぜ」

ずっと幸福な人より、トラウマがあったり、辛い体験をした人のほうがクリエイティブになりやすいとのこと。もちろん『すすんで辛い体験をしなさい☆』という意味ではなく、辛いことがあっても『クリエイティブに活かすぞ』という心意気が必要というお話です。

そういえば、自分もクリエイティブな活動をするキッカケはいつも『辛い体験』があった気がしますねぇ、犬が死んだり、親戚が死んだり、学校辞めたり、などなど。

すすんで不幸になる必要はないけど、逆境やリスクはそこまで毛嫌いする必要はないのかもしれませんな。

その10『異端』アウトサイダーでいる

「人と違うことをする、それだけでクリエイティブなんだぜ」

『クリエイターになりたいなら、人と違う自分でいたいと思い続けろ』ということ。哲学者オルテガの『大衆の反逆』で語られた「貴族」の側になるべきということですな。

  • 大衆:みんなと同じことに安心を感じ、人と違うことに苦痛を感じる
  • 貴族:みんなと同じことに苦痛を感じ、人と違うことに安心を感じる

クリエイターが目指すべきは、言うまでもなく『貴族』の側。つねに前提を否定し、みんながやってることを斜に構えて眺め、そんな姿勢を否定する大衆の声に耳をかさず、人と違うことをやろうとする姿勢がクリエイティブの源なんですねぇ。

もちろん、アイデアをゼロから出す必要はないと思うので、たとえば「あの人のゲーム実況面白いけど、あそこを変えたらもっと面白くなりそうだよなぁ」みたいに、人がやってることにエッセンスを加えていくのが良いのではないかと思われます。

まとめ

感想を一言でまとめよう

「クリエイティブでいるには、人と同じことに苦痛を感じなきゃいけない」

てことで以上です。偉人たちの知られざるエピソードや、クリエイティブに関する科学実験のことが書かれていて楽しめました。さっそく散歩にでも行ってこようと思います。

では、ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)