「損なのにやめられない!」サンクコストバイアスの対処法

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

完璧主義はよくない!て研究データが増えています。というのも完璧主義者は90年代以降、増加しまくってるそうな。

んで、完璧主義のタイプもいろいろあるわけですが、サンクコストバイアスという心理が原因になることもあります。

サンクコストバイアスとは、投じた費用、時間、労力を惜しんで元を取り返そうとしてしまう心理のこと。『時間かけた分だけ良い仕事ができる』みたいな勘違いのことですね。

スポンサーリンク


サンクコストバイアスとは

サンクコストバイアスにかかると、損切りのタイミングを見失い、いつまでもダラダラ無意味な行動をとり続けやすくなります。

たとえば、1,000円で買った本の内容がクソつまらなかったなら、その場で読むのを止めたほうが時間が浮くので合理的です(時間はお金に換算もできますし)

ところがサンクコストバイアスにかかると『1,000円支払ったんだから元を取らなきゃ』と思って、つまらない本を最後までくまなく読んでしまうんですな。映画でも同様、人との付き合いでも同様です。

  • 意味ないと思ってるのに、つまらない本を最後まで読む
  • 時間の無駄だと思ってるのに、つまらない映画を最後まで見る
  • お金も無駄だと思ってるのに、嫌いな人との飲み会に参加する

うーん、ヤバイですねぇ。てことで対処法を考えてみましょー。

サンクコストバイアスの対策方法2つ

これはもしやバイアス!?と気付くことが大事

サンクコストバイアスの回避方法は、経営大学院INSEAD(シンシアード)のゾーイ・キニアス准教授がガイドラインを出してくれています。それが以下2つ。

マインドフルネス瞑想

マインドフルネスとは『今この瞬間』に意識を向けることで、Googleやピクサーをはじめ、世界中で流行中のメンタルハック方法の1つ。

キニアス准教授いわく、サンクコストバイアスの原因は『過去への後悔』なので、意識を『いま』に向けることで後悔から抜け出しやすくなるとのこと。なるほど。

マインドフルネスはトレーニングで身につけることが可能なので、1日20分マインドフルネス瞑想を試してみたり、食事や移動中もマインドフルネスを意識してみると良さげですね。

バイアスにかかっていると気付く

もう1つの対策法は『あ、いまサンクコストバイアスにかかってるなぁ』と気付くこと、だそうな。

たしか、ペンシルベニア大学も同じようなガイドラインを出していましたが、バイアスから抜け出すには「あ、これバイアスだ」と自分で認知する必要があるんですねぇ。

バイアスに気付くには、バイアスの種類を知ることと、自分を常に疑う客観性が必要不可欠です。バイアスの種類は上記の関連記事を参照してもらうとして、客観性を鍛えるにはやはり、マインドフルネストレーニングが良さそうです。

マーク・ザッカーバーグのお言葉

最後に、face book社のCEOマーク・ザッカーバーグ氏の有名な言葉も紹介しましょう。

Done is better than perfect.(完璧を目指すより、まず終わらせろ)

僕らの時間は有限で、失われた時間は二度と取り返せません。何に時間をかけるべきか、しっかり見極めていきたいですな。

てことで以上です。では、ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)

ABOUTプロフィール

たっつー

「創作で生きる」をテーマに14歳で学校やめて個人事業主になったクリエイター、以来10数年、大道芸からゲーム実況まで趣味を仕事にして暮らしている。 【活躍内容】 1・絵師やゲーム実況者が二次創作に活用しやすいフリーゲームの制作| 2・創作に役立つノウハウ研究&シェア|

おすすめ記事(一部広告含む)