痩せたい!ならジム通いはやめてNEATだ!NEATを増やせ!て話

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

「運動だけで痩せるのは無理」てのが最近の学説なので、NEAT(ニート)を増やしてカロリー消費することを意識しはじめたのであります。

NEATとは『非運動性活動熱産生(Non-Exercise Activity Thermogenesis)』のこと。つまり日常で自然と行われる運動のことですね。たとえば、

  • 階段をのぼる
  • 荷物を持つ
  • 買い物に出かける
  • 洗濯をする

など、日常的な動作で消費されるカロリーがNEATでして、このNEATを増やした方が激しいエクササイズより消費カロリーが多くなるのでござるよ。

たとえばマドリード工科大学の実験では、NEATを増やすことは『週3でジムに通い激しい運動を行うのと同程度のエクササイズ効果がある』と認められています。

忙しい合間を縫って、いそいそジムに通ってエクササイズするより、NEATを増やした方が安上がりだし楽なわけですな(あくまで楽に消費カロリーを増やす目的の場合です)

ダイエットに効くのはいいですねぇ

スポンサーリンク


現代人の肥満の原因はNEATの不足!?

NEAT研究を行っているジェームズ・レヴィン医師によると『現代人に肥満が増えた1つの要因は、デスクワークやインターネットにより少しずつNEATを奪われたこと』と述べてます。もちろんそれだけではないと思いますが、わからんでもないですね。

レビン氏によれば『現代人の生活とダイエットの考え方は根本的に間違ってる。50年前に比べてエクササイズに取り組む人は増えてるが肥満者も増えてるじゃないか』とのこと。つまり、エクササイズを増やすよりNEATを増やしたり、食生活を昔に戻した方がいいよ、と。

お勧めの方法を紹介しよう

 

どうやってNEATを増やす?

ではどうやってNEATを増やすのか…というと、今まで動いてなかったところで動いてみるのが良さげ。たとえば、

  • エレベーターを使わず、階段を使う
  • 近くの買い物は電車やバスを使わず、自転車or歩きにする
  • 毎日30~60分ウォーキングしてみる
  • 通勤、通学の道のりをいつもより早歩きにしてみる
  • 座り仕事を減らしスタンディングデスクを導入
  • 読書も椅子に座らずステッパーなどで歩きながらおこなう
  • ギターもピアノも座らず立って弾く

↑これらは比較的簡単に行えるんじゃないでしょうか。とくにスタンディングと早歩きは取り組みやすいのでおすすめ。ウォーキングのガイドラインは以前まとめてるので参考にどうぞ

なるほどです

ちなみにレヴィン医師は「座り仕事」「スタンディング仕事」の1時間あたりのNEATの違いをこう計算しています。

  • 座りっぱなし:5~10kcal
  • スタンディングデスク:10~20kcal
  • トレッドミルデスク:時速1.6km:80~100kcal
  • トレッドミルデスク:時速3.2km:130~150kcal
  • トレッドミルデスク:時速4.8km:180~200kcal

ちなみにトレッドミルデスクってのは、ルームランナーとスタンディングデスクが一体になったモノで、海外で流行中だとか。

まぁ↑こちらを見てお解りの通り、値段がくっそ高いので手軽に導入できるシロモノではありませんw

しかし、スタンディングだけでも座りの2倍NEATを消費できますし、ステッパー+スタンディングを組み合わせてみるのもいいですね。とりあえず僕はブログ書く時はステッパー踏んでます。

てなわけで、早速今日からニート・ライフ・スタンバイッ☆

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)