付き合うとヤバい危険人物の共通点がまた一つ明らかになったでござる

たっつー
たっつー(@kaopro1)です。

世の中には絶対に関わってはいけない危険人物がいて、心理学の世界ではダークトライアドと呼ばれたりしてます。

※ダークトライアド=サイコパス、マキャベリスト、ナルシスト

で、当サイトではヤバい奴の『見分け方』『遠ざけ方』『スルーの仕方』を調べてはシェアしてるのですが、新たに彼らを見分ける方法を入手したのでシェアしまっす。

結論から言うと『他人の権利や感情を踏みにじっても自分を優先する自分ファースト思考』が共通点だったみたい。

なるほどですね、確かにそうです

つまり、普段から「こいつ自分の利益のために他人を貶めても省みないよなぁ」て人物と付き合ってるとヤバいかもですね。まぁ店員さんにタメ口聞いてる奴はもれなくアウトでしょう。

↓喋り版↓

スポンサーリンク


【ダークトライアドには共通点があった】

なぜそれが判明したのか?実験はこうだ
これはウルム大学の研究で明らかになったことでして、ざっくり言うと『ヤバい奴の共通の行動力って何よ?』てことを調べたんですね。

2,500名の男女を対象に、軽いアンケートに回答してもらった後に性格テストをおこないました。アンケートは以下のような質問に当てはまるかどうか、

  • 他人が怒られてるのを見ると、自分も罰せられてるように感じる
  • 周囲に「あなたはすごい」と誉められる機会が多いので、自分を優れてると思ってる

↑こういったアンケートをいくつかおこない、性格診断でサイコパス性、攻撃性、ナルシスト性などをチェック。でもって、ダークパーソナリティを持つ人物の共通点をあぶり出してみたわけですな。

結果、他人に害をなす人物には共通のパーソナリティがあったんだそうな。それが『自分ファースト』の考え方です。ちなみに自分ファーストとは以下のような感じ。

  • 他人の権利、感情を踏みにじってでも自分の利益を優先する

↑いかにも悪役っぽいですねぇ。確かにモンスタークレーマーとかこういう感じするなぁ。

つまり、ヤバい奴の根幹にはまず『自分ファースト』があって、そのパーソナリティがサイコパス性やナルシスト性としてアウトプットされてたってわけですねぇ。

というわけなんだぜッ

【良いサイコパス、悪いサイコパスを見分けるのに役立つかも】

ところで『サイコパスに学ぶ成功法則/ケヴィン・ダットン』によると、世の中には良いサイコパスと悪いサイコパスがいることが述べられてますが、それを見分けるにも『自分ファーストのパーソナリティが強いか』を判断基準にできそうですね。

自分ファーストじゃなければ、サイコパスもナルシストも害はないんじゃないかと思います。

むしろ、成功者にはサイコパスが多いこともわかってるので、自分ファーストじゃないサイコパスの近くにいると色々楽しいかもしれません。

【まとめますと】

とどのつまり、結論はこうなんだぜ

とどのつまり、他人を踏みにじっても自分優先な人物と付き合うのはヤバい、と分かったわけでござる。

言われてみれば「当たり前じゃない?」という気もしますが、より注意して『自分ファースト度』を観察してみるといいのかもしれませんねぇ。

はい、ありがとうございました

スポンサーリンク


SNSのネタにどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)