1日のどこかで「考える時間」を確保した方がいいこと3選

「予定を詰め込み過ぎると生産性が崩壊するぞ」てことを度々書いてます。

詳しくは「がんばっも結果が出ない理由それは予定の詰め込みすぎ」でも述べたとおり、予定をキツキツにすると問題を整理したり、解決策を考える余裕がなくなっちゃうので「忙しく働いても全然豊かにならない」という袋小路に陥りがちなんですよ。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://kaopro.jp/14771 target=]

では1日のどこかで「考える時間」を確保したとして、具体的にどんなことを考えればいいのか?てことを3つピックアップしてみました。

解決したい問題があるけど中々解決できないときの参考程度に。

1 自分の価値観(人生の目的)

第一に考えるべきは「自分の価値観(人生の目的)」でしょう。

自分の価値観(人生の目的)を把握してないと「いまやってることは本当に自分が望んでいることか」を判断できませんからね。

たとえば「人と関わらず孤独に生きたい」という価値観を自己認識していれば、フリーランスとして企業相手に働くことも「今は一時的に人と関わる仕事をしているが、ここで得たスキルと資金を元手にして、自分一人でできるビジネスを立ち上げるぞ」みたいに乗り切りやすくなるわけですな。

自分の価値観を見つめ直す方法は「「インサイト」より本当の自分を知る自己認識テスト3選」を参考にどうぞ。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://kaopro.jp/13281 target=]

ちなみに、価値観や人生の目的は「頻繁に変わる」のが普通です。

一度確認して終わりにできることではないので、できれば毎日、最低でも週一回はがっつり考える時間をもうけたほうがいいかもしれません。

2 いま抱えてる問題

価値観を認識したら、次に考えるべきは「いま抱えている問題」です。

たとえば「時間や場所に縛られず自由に暮らしたい」という価値観があるけどそれが実現できてない場合、現状のどこかに問題があると考えられるわけですね。

そんなときは「何が原因で自分は価値観どおりの生き方が実現できてないのだろうか」と考える時間を設けたほうがいいでしょう。

たとえば前述した「時間や場所に縛られず自由に暮らしたい」なら

  • 企業に雇われてるから
  • 特定の環境下じゃないと仕事できないから
  • 働くのを止めたら収入も止まってしまうから

みたいに色々な問題点を、思いつくだけ挙げていきます。

3 問題の解決アイデア

問題点を挙げたら、その解決を解決できそうなアイデアを考えます。

たとえば先ほどの例なら

  • 企業に雇われてる→雇われず自分一人でできるビジネスはないか?
  • 特定の環境じゃないと仕事できない→環境に依存しない働き方はできないか?
  • 働くのを止めたら収入も止まってしまう→寝てても収入が発生する仕組みをつくれないか?

みたいに解決策を考えて、アイデアを練ったり、書籍を調べたりする感じですね。

あとは考えたアイデアについて学ぶ時間、トライする時間を「タイムボクシング」で確保して実行していけばOK。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://kaopro.jp/12501 target=]

以上です。