瞑想を2カ月以上習慣化したら変化したこと3選

「瞑想やり始めたけど、いまいち効果を実感できないなぁ」

という疑問は、瞑想を続けていくうちに必ずブチ当たるものです。

ぶっちゃけ私も最初の頃は「ストレス解消にはなるけど…みんなが言うほどの効果は感じないなぁ」と思っていました。

ところが、1日20分~60分の瞑想を2カ月続けた頃から、ぼちぼち効果を実感できる場面が増えてきたんですよ。

てことで今回は私が「瞑想を2カ月以上習慣化したら変化したこと3選」をご紹介します。

ちなみに、瞑想のやり方は「マインドフルネス瞑想入門」をご参照ください。

関連記事

「マインドフルネス瞑想」は、近年人気急上昇のメンタルコントロール術です。 以下のような効果があると言われています。 集中力が上がる(かも) 批判されるのに強くなる(かも) 単純にストレス解消になる 実際、私[…]

「瞑想は効果を期待するものではない」てのが鉄則ですが、効果がかわかったほうがモチベ上がると思うので、参考程度に。

1 途切れた集中を戻しやすくなった

近頃、一番効果を感じているのが「途切れた集中を元に戻しやすくなった」ことです。

たとえばブログ書いてる途中でAmazonで本を探したくなっても

  • 「あー、今注意が逸れてるなー、Amazonはいま見る必要ないなー、注意を戻そう」

と受け流せるようになりました。

途切れた集中を元に戻す能力は「セルフコントロール力」と呼ばれていて「人生の成功にもっとも大事な能力だ」と主張する研究[1]も数多いんですよ。

元々ストレス解消のためにやり始めた瞑想ですが、まさかこんな形で役立つとは思ってなかったので得した気分になりました。

瞑想以外の方法でセルフコントロール力を上げる方法は「セルフコントロール力をアップする方法」もご参照ください。

2 ストレスや怒りに支配される時間が減った

ストレスや怒りに支配された感情も元に戻しやすくなりました。

たとえば、さんぽ中に攻撃的な車に煽られてイラっとしても

  • 「あー、いまイラついてるなー。時間のムダだから注意を逸らそう」

と受け流せるようになりました…て、さっきの例とまったく同じですね(笑)

いままでは車に煽られると「事故ればいいのに」とか「悪い人にケンカ売って成敗されればいいのに」とか、仕返し妄想に飲み込まれていたものですが、最近は短時間で受け流せるようになりました。

もちろんイライラをまったく感じないのはムリですが、「受け流せばいいや」という選択肢が選べるようになったのはデカいですねぇ。

3 午後のタスクの生産性が上がった

瞑想を習慣化してから午後のタスクもはかどるようになりました。

以前は、午前中に仕事すると午後はヘロヘロで何もやる気が起きなかったのですが、最近は集中力が持続するようになりました。

それに伴ってこなせるタスクの量も増加。ブログ書いて、YouTubeに投稿して、漫画描いて、イラスト描いて、映画を観て…みたいに1日に色んなことができています。

まぁ瞑想だけじゃなく「HIIT」や「体調の改善」の影響も大きいと思いますが「自分には午後のタスクはムリ!」と決めつけて諦めなくてよかったなーと思いました。

以上です。