紙の本と電子書籍どちらがいいかメリット・デメリットを比較

「読書は紙の本と電子書籍どっちのほうが記憶に残る?」て議論は昔からあるわけです。

結論からいうと「紙の本のほうが記憶に残るし集中しやすい」というメタ分析[1]があり、一応紙の本に軍配が上がってるかんじですね。詳しくはパレオな男さんの記事をご参照くださいませ。

参考 「読書は紙がいいのか?それとも電子書籍がいいのか?」問題にとりあえずの結論が出てた件パレオな男

とはいえ、別の研究では「デジタルがいいかアナログがいいかは環境や用途によるんじゃない?」という見解[2]も出てたり、一概にデジタル(電子書籍)はダメ!とも言えないかんじなんですよ。

てことで今回は「紙の本と電子書籍それぞれのメリットとデメリット」を考察してみます。

自分も最近紙の本からkindleに移行してるところですが、結局一長一短なんですよねぇ。

1 紙の本のメリットとデメリット

まずは紙の本の強み、弱みについて(個人的見解も含みます)

1-1 紙の本のメリット

メリット
  • 「どこまで進んだか」可視化されるので読むモチベが上がりやすい[1]
  • 「どこに何が書いてあったか」探しやすいので記憶に残りやすい[1]
  • ブルーライトが出ないので夜に読んでも睡眠を邪魔しない
  • 読み終わったら売ることができる
  • ネットの誘惑などがないので読書だけに集中できる

1-2 紙の本のデメリット

デメリット
  • 持ち歩くと荷物になる
  • 部屋のスペースを圧迫する
  • 劣化する

2 電子書籍のメリット・デメリット

つづいて電子書籍の強み、弱みです。

2-1 電子書籍のメリット

メリット
  • スマホと一緒に何冊も持ち歩ける
  • 部屋のスペースを圧迫しない
  • 紙の本より価格が安い(kindleなら平均300円ぐらい安い)
  • 部屋が暗くてもライトで読める
  • 防水デバイスならお風呂でも読める
  • 古い本でも劣化しない
  • 【重要】エッチな本を買いやすい・保管しやすい

2-2 電子書籍のデメリット

デメリット
  • 「どこまで進んだか」可視化できないので集中が続きにくい[1]
  • 「どこに何が書いてあったか」探しにくいので復習しにくい[1]
  • 夜に読むとブルーライトで睡眠に悪影響が出る
  • 読み終わっても売れない
  • ネットサーフィンなど余計な誘惑が多い

3 結論

以上のように、紙の本と電子書籍の強みと弱みは、それぞれ補完し合える関係に思えます。コインの裏表みたいなものなので、どちらが良い、悪いと判断するのはナンセンスに思えますね。

てことで「紙の本、kindle両方を用途によって使い分けりゃいい」という月並みな結論で締めておきます。

まぁ、自分は部屋が狭すぎて強制的にkindleをつかうしかないのですが(笑)本棚のためだけに引っ越すのも面倒だし、本が多いと引っ越しも大変だし…ねぇ。

個人的にはこれからもkindleをファーストチョイスにしつつ「紙の本でも読みやい!」と思った本は紙版を買おうと思います。

以上です。

PS.電子書籍リーダーってどうなの?

電子書籍リーダーについても触れておきます。

たとえば「Kindle Paperwhite」や「楽天 Kobo」のように電子書籍を読む用途だけに使えるデバイスのことですね。

読書だけの用途で開発された商品だけあって、先ほど指摘した「電子書籍のデメリット」をいくつか解決できる仕様になっています。

4-1 電子書籍リーダーのメリット

メリット
  • ブルーライト大幅カットで目が疲れない(これが一番すごい)
  • 防水デバイスならお風呂でも読める
  • ネットの誘惑などがないので読書だけに集中できる

1-2 電子書籍リーダーのデメリット

デメリット
  • スマホやPCアプリに比べるとページロールが遅い
  • スマホアプリに比べると起動が遅い
  • スマホと二台持ちだと結局ジャマ
  • カラー表示できない

1-3 電子書籍リーダーの結論

以上のように紙の本、電子書籍それぞれの「良いところ」をミックスしたような感じです。

個人的には「楽天 Kobo Forma」を利用したことがありますが、ブルーライトが大幅カットされた特殊なディスプレイは「これ紙の本や!」と思わず口にしてしまうほど目が楽でビビりました(その代わりにモノクロ表示しかできないのですが)

ただ自分は「ページロールが遅い」「軌道が遅い」「二台持ちはジャマ」というデメリットが気になったので、電子書籍の読書は結局iPhoneのkindleアプリで落ち着いてます。

iPhone並みにサクサク動く電子書籍リーダーが開発されたら即買いなんですけどねぇ…。

以上です。