「インサイト」より本当の自分を知る自己認識テスト3選

「インサイト」という本を読みました。

最近流行ってる「やりたいことの見つけ方」的な本の最上位バージョンのような感じで、ざっくり言うと「本当の自分を客観的に認識しよう」という本です。

いまのところ、今年読んだ本の中で一番面白かったですね。

今回は「インサイト」を参考にして「本当の自分を知る方法」を考察します。

ちなみに、ここでいう「本当の自分」とは「自分にはまだ誰もしらない可能性が眠ってるはずだ!」みたいなことではなく「現状のあなたは周囲からどう見えているか」みたいなことだと思ってください。

1 「自己認識」とはなにか

自己認識というのは以下のようなこと。

  • 自分がどんな価値観を持ってるか認識する
  • 自分が他人からどう見られてるか認識する
  • 自分の身のほどがどれぐらいか認識する

ポイントは黄色線の「他人からどう見られてるか認識する」という点でしょう。

たとえばあなたが抱いてるあなたのイメージと、周囲が抱いてるあなたへのイメージが乖離することはよくある話。

nsight(インサイト)」によると95%の人は「自分は自分をよく理解している」と考えているものの実際の理解度は10~15%にすぎないんだそうです。

てことで、そういった乖離を無くしていき、自分の良いところも、悪いところも正しく客観的に評価できるようになることが「自己認識」なわけですな。

まぁただ自分を客観的に認識するのはかなりむずかしい(自分もあまり自信ない)ので、「インサイト」を読んだり、クリティカルシンキングを鍛えてちょっとずつ身につけるしかないかなぁと思ってます。

関連記事

「周囲から抜きんでるにはクリティカル・シンキングが大事だ!」 と言われたりするわけです。 クリティカルシンキングとは「物事の前提を疑い多角的な物事の見方をする思考」のこと。ざっくり言うと以下のような感じです。 […]

2 「本当の自分」を知るためのテスト

インサイトで紹介されている「自己認識テスト」を私流に若干アレンジしたバージョンをご紹介します。

以下の質問に対する回答を一つずつ考えていけば、いわゆる「本当の自分」らしきものが見つかりやすいかもしれません。

各項目を10~15分ぐらい考えてみて、一週間後、一カ月後にも再テストしてみてください。変化があったものは変更し、変化がないものは固定していきましょう。

2-1 自分の願望を認識するテスト

  1. 若かった頃、大人になったらどんな職業に就きたいと思っていたか
  2. なぜその職業に魅力を感じていたか
  3. 今の時間の使い方は自分にとって満足のいくものか
  4. 自分に何か欠けていると思うものはあるか
  5. 第三者が自分に似た人を見たら「どんな仕事に向いてる」と感じると思うか
  6. 死ぬまでにどんな功績をこの世に残したいか
  7. あと一年で死ぬとしたらどのように時を過ごすか

2-2 自分がやりたいことを認識するテスト

  1. 起きてすぐワクワク行動したくなるのはどんな日か
  2. まったく飽きない活動はなにか
  3. すぐに飽きて楽しめない活動はなにか
  4. いまの仕事を辞めたとして後々恋しくなる要素はあるか
  5. 仕事と関係なく(無報酬でも)やりたい趣味はあるか
  6. その趣味のどんなところが好きか

2-3 自分の価値観を認識するテスト

  1. あなたはどんな価値観を持つ親に育てられたか
  2. あなたの今の価値観は親の価値観を反映しているか否か
  3. 子供の頃や思春期の体験でもっとも重要だったと思う体験は
  4. その体験はいまの自分にどんな影響を与えたか
  5. どんな人を尊敬しているか
  6. その人のどんなところを尊敬しているか
  7. 尊敬できない人はどんな人か
  8. その人のどういうところが尊敬できないか
  9. これまでで最高の上司や教師はだれか、そう思う理由はなぜか
  10. 自分に子供がいたら一番伝えたい価値観はなにか
  11. 自分に子供がいたら一番伝えたくない価値観はなにか

以上です。