絵を描く時間の作り方3選!1日3時間の自由時間を作る方法

「忙しくて絵を描く時間がない」と思うことはありませんか?特に社会人になるとそんな悩みを抱く方も多いはずです。

解決策として「絵を描く速度をアップする」ことが考えられますが、それで問題解決はむずかしいでしょう。

なぜなら絵を描くスピード以前に「そもそも机に向かう時間がない」ことが問題の根本だからです。

今回は、忙しい社会人でも「絵を描く時間を1日3時間確保する方法」を3つご紹介します。

絵を描く時間の作り方3選

絵を描く時間を1日3時間作るには以下3つの対策がおすすめです。

  1. スマホを遠ざける
  2. トレードオフ -無駄を見つけ排除する-
  3. 自動収入源を持つ

※難易度は1が最も易しく、3が最も難しいです。

いまは、どれもピンとこないかもしれません。根拠となるデータや具体事例を1つずつ解説します。

1 スマホを遠ざける

最も簡単に時間を作る方法は「スマホ」を遠ざけることです。人によっては1日3~5時間以上の時間を作り出すことが期待できます。

例えば、名著「僕らはそれに抵抗できない 依存型ビジネスのつくられかた」では、スマホ使用時間集計アプリ「モーメント」の集計データが紹介されています。

1-1 人は1日平均3時間スマホを見ている

モーメントの集計では、ユーザーが1日にスマホを使う時間は「平均3時間」と分かりました。

1日にスマホを見る時間・回数
  • 平均3時間
  • 平均39回

このデータの怖いところは、ユーザーが「無意識に」3時間もスマホを見ていたことにあります。

例えば、モーメントの作者ケヴィン・ホーレシュ氏は、自身のスマホ利用時間を1日1時間と予測。しかし、実際は1日3時間という結果でした。

彼は自分が思っていたよりも2時間も多く、スマホやパソコンに時間を奪われていたのです。

モーメントを活用する人はそもそも「スマホの使い過ぎに注意したい」と思ってるであろうことを考えると、使い過ぎを気にせずスマホを利用しているユーザーは、1日5時間以上の時間を奪われていても不思議ではありません。

1-2 スマホで途切れた集中を取り戻すには25分かかる

LINEやSNSの通知音で集中が途切れた経験はありませんか?その途切れた集中を再び元に戻すには「平均して25分かかる」というデータがあります。

他にも以下のような研究データが有名です。

スマホに奪われる時間
  • 視界に入るだけで集中力が途切れる
  • 広告やポップアップは3秒で集中力を崩壊させる
  • 「時間が過ぎるのが早い」と感じやすくなる
  • ストレスが増えて太りやすくなる

参考文献(ヤバい集中力デジタル・ミニマリスト僕らはそれに抵抗できないパレオな男

スマートフォンは便利なデバイスですが、Google、apple、Facebookなど世界一流の企業が「アテンションエンジニア(注意をひきつける専門部署)」を用意し、われわれの視線を1秒でも奪おうとしている事実を忘れてはいけません。

スマホを解約するのは現実的ではありませんが、機能制限アプリをインストールするなどすれば、絵を描く時間を守る対策になるでしょう。

2 トレードオフ -無駄を見つけ排除する-

時間は有限なので、何か1つを選ぶには何か1つの選択肢を捨てなくてはいけません。これを「トレードオフ」と言います。

シンシナティ大学のニコラ・ジアディ教授は、現代人のリソースが分散された様子を以下の図のように表現しました。

人の脳は「1つのこと」にしか対応できるリソースがありません。同時に2つのことに集中するのは無理ですし、こなせる1日の予定も、せいぜい2つまで。最大でも3つまでが限界と思ったほうがいいでしょう。

参考記事:シングルタスク入門|集中が続かない人必見!作業速度を1.5倍速にする方法

2-1 予定は1~2つまで!最大3つ以下

あなたは1日にいくつ予定をこなしているでしょうか?仕事、友人との会話、ゲーム、NetFlix…いろいろあるかもしれませんが、予定が増えれば増えるほど、左の図のようにエネルギーが分散します。

絵を描く時間を確保するには「1日の予定を最大3つ以下」に絞り、右の図のような環境を作らなければいけません。

理想を言えば「絵を描く」以外の予定をすべて排除したいところです。でも、さすがに仕事は外せないという方が多いと思うので「絵を描く」「仕事をする」残りあと1つの予定を限度にしましょう。

前述した「スマホを手放す」ことも、トレードオフです。「スマホをいじる」「絵を描く」という2つのタスクを天秤(てんびん)にかけ「絵を描く」ことを選択できれば、あなたはトレードオフにより、絵を描く時間を3~5時間獲得できる見込みが立ちます。

2-2 トレードオフに終わりはない

トレードオフは一度行えば終わり、というわけではありません。この先毎日、毎月、毎年、目の前に現れる選択肢の中から「本当に大切なこと」だけを選び続けなくては自由な時間は得られません。

このように、大量の無駄の中から「本質」だけを選び出す生き方を「エッセンシャル思考」と言います。僕が人生のテーマとしている思考法です。

参考文献:エッセンシャル思考/グレッグ・マキューン

時間は1日24時間しかありません。睡眠、仕事の時間を除けばもっと少なくなるでしょう。「あれもこれも」は無理です。「どれか1つ(ないし2つ)」を選ばなければ、何もかもが中途半端に終わってしまうかもしれないのです。

3 自動収入源を持つ

あなたの代わりに自動で働いてお金を稼いでくれる仕組みをもてば、絵を描く時間を豊富に確保できます。

「いやいや、それができれば苦労しない」と思われるかもしれませんが、実は現代は不労収入をつくることが容易にできます。費用も「無料~月額1,000円」程度しかかかりません。

不労所得を作る方法といえば、ビルやアパートの不動産投資が有名でしたが、それはもはや過去の話です。現代ビジネスでは不労所得は「なるべく無料で」作るのがセオリーとなっています。

3-1 YouTubeチャンネルは不労所得になる

身近な具体事例は、YouTubeのチャンネルです。

例えば僕のYouTubeチャンネルは動画を1本も投稿しなくても、毎月3~6万円ぐらいの収入をもたらしてくれています。YouTubeの広告収入は、僕が労働することで発生するのではなく「お客が動画を見ること」で発生するからです。

例えば、HIKAKINさんがアルミホイルをたたいてる動画を見ると、HIKAKINさんが寝てても、遊んでてもHIKAKINさんに広告収入が入ります。自動販売機みたいなものですね。

もし、あなたが人気なYouTubeチャンネルの運営者になれれば、寝てる間も、絵を描いてる時間も、あなたの代わりに動画が働いてくれることで収入を得ることができるのです。

3-2 ブログも不労所得となる

自動収入源になるのはYouTubeだけではありません。あなたが今まさに見ているブログ(サイト)も自動収入源として活用できます。

例えば、この記事では参考文献をいくつか掲載しましたが、もし誰かが当記事のリンクから参考文献を買うと、販売代金の一部が紹介料として僕に入ります。もちろん不労収入です。このような仕組みを「アフィリエイト」と言います。

て、こんな話をすると、もう誰もこの記事から本は買わないと思いますが、ブログやYouTubeなど身近なメディアを自動収入源にできることは覚えておいて損はないかもしれません。

もちろんメディア運営は簡単ではありません。一朝一夕にはいきませんし、自動化するには戦略も必要になってきます。しかし、うまく運用すれば月100万円単位の収入を生み出すことも可能だし、半年から1年放置しても問題なく収益が上がり続けます。

まとめ:まずは手間を減らそう

以上、絵を描く時間の作り方3選でした。僕が実際に試して効果を実感したことだけ紹介しています。

  • スマホを遠ざける
  • トレードオフ(1日の予定を3つ以内にする)
  • 自動収入をつくる

自動収入を作ることは専門知識が必要なのですぐには難しいですが「スマホを遠ざける」「トレードオフ」は、今日から試すことが可能なのではないかと思います。

時間は突然生まれることはありません。1日24時間の中のどこかを「削ぐ」ことで生まれるのです。