#1 ゼロから始める!フリーランスイラスト入門

  • 「絵を描く仕事がしたい」
  • 「在宅で好きな時間に、好きな場所で働きたい」
  • 「絵の仕事をはじめるにはどうすれば?」

そんな疑問に答える「フリーランスイラストレーター入門講座全5話」スタートです。

僕がフリーランスイラストレーターとして仕事を獲得してきた経験を基に、ゼロスタートの初心者が、最短で絵の仕事を獲得する方法を解説します。

本シリーズの目標は「ネットで絵の仕事を1件獲得する」ことです。

※1件の単価はおよそ10,000円以上が平均

スキルによりますが、早ければ1カ月、長めに見て3カ月あれば、月5万円以上の副収入の獲得も目指せると思います。

今回の講座を読み終わると

フリーランスイラストレーターになるための条件と道筋がわかる

  • 2019年~ フリーランスイラストレーターとして活動開始
  • 約1カ月で月収20万円達成(最高は24万円)
  • 労働時間は1日3時間(時給3,500円ぐらい)
  • YouTube漫画動画イラストを36件担当
  • 詳細なプロフィールはこちら

絵の仕事を1件獲得するまでのロードマップ

本講座は「ネットで絵の仕事を1件獲得する」ことをゴールに設定しています。

結論から言うと、以下の順序をたどれば、短期間で絵の仕事を獲得できるでしょう。

  1. デジタルイラストを描く道具をそろえる(CLIP STUDIO PAINT、液晶タブレットなど)
  2. デジタルイラストを描く技術を「最低限」身につける
  3. クライアントに提出するポートフォリオページをつくる
  4. クラウドソーシングサイトに登録し「漫画動画イラスト募集」案件を探す
  5. 条件に見合う案件に応募
  6. 仕事をこなして納品、報酬獲得

1~3をクリアしている人は4からスタートでOKです。

今回はまず概要を解説します。概要の説明が不要なら「#2 必要な道具をそろえる」に進んでください。

フリーランスとは

フリーランスとは、出版社や企業に雇われていない個人事業主のことです。

自分で仕事の交渉や経理をする必要がありますが、働く時間や場所、案件を自由に選べます。もちろん服装も髪形も自由です。

フリーランスイラストレーターの仕事

フリーランスイラストレーターは、企業などにイラストスキルを提供して収入を得ます。

仕事は、ランサーズ、クラウドワークスなどのクラウドソーシングサイト(※)で見つけるか、ブログやPixivなどを経由して直接依頼をいただくパターンが多いです。

例えば、クラウドワークスで、「イラスト」のキーワードで仕事を探すと223件ヒットしました。

「イラスト」でヒットした仕事
  • ギョーザの焼き方のイラスト募集:1万円
  • ペットのイラスト募集(犬・猫):300円×5枚
  • 企業ホームページロゴデザイン:3,300円
  • イラストをLive2Dモデリング:1,000円
  • YouTube動画用背景イラスト:30,000円
  • YouTube漫画動画イラスト(30コマ):30,000円

似たような案件でも、クライアントによって価格は変動します。例えば「漫画動画イラスト(30コマ)」が3万円の案件もあれば、5千円の案件もあります。

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは、「仕事を探してるフリーランス」と「仕事を募集してるクライアント(企業)」をマッチングしてくれるサービスのことです。無料で利用できます。

詳しくは、#5以降に解説していきます。

フリーランスイラストレーターの収入

フリーランスイラストレーターの収入は月5,000円以下から月収100万円以上までさまざまです。「スキル」や「案件」により大きく変動します。

例えば、1枚1,000円のフルカラーイラストをせっせと20枚納品している人より、1コマ3,000円の漫画動画を20コマ納品する人のほうが収入は大きいです。

スキルの定義

ここで言う「スキル」とは、絵を描くスキルだけでなく、仕事のスピード、交渉スキルなども含まれます。

ちなみに、僕は実務未経験(趣味は3年ほど)からフリーランスイラストレーターになりましたが、初月(正しくは35日ぐらい)の収入は21万円でした。稼働時間は週3~5日、1日3~5時間、時給は3,500円ぐらいです。

絵のレベルは以下の画像のとおり、飛び抜けて高いわけでもありません。

※YouTubeチャンネル「人生攻略屋」で仕事した動画より

結局は「どんな仕事を選ぶか」「いかに仕事のスピードを上げるか」でコストパフォーマンスが違ってくるのではないかと思います。

推奨案件|YouTube漫画動画イラストを狙おう

当講座では、YouTubeの「漫画動画イラスト」の案件獲得をゴールに設定して話を進めていきます。

近年流行している「漫画を動画にしたコンテンツ」のこと。例えば以下は私が担当した動画です。

※クリックで動画が再生されます。

漫画動画の案件を狙うメリットは以下のとおりです。

メリット1 案件が多い

漫画動画は流行しているので募集案件が多いです。

例えば、クラウドワークスで「漫画動画 イラスト」のキーワードで検索すると、43件ヒットしました。イラスト案件の1/5が漫画動画なのです。

仕事がたくさんあれば競争率が低下します。なので初心者におすすめです。

メリット2 継続案件が多い

漫画動画は「長期継続」に繫がることが多いです。

例えば、私は「人生攻略屋【学校では教えてくれない賢い生き方】」というチャンネルのレギュラー作画を1年担当しています。

レギュラーの仕事に繫がれば毎月安定して案件が得られるので、収入も安定するのです。

メリット3 単価が高い

漫画動画は「1本1万円~」と高単価な案件が多いです。

例えば、1本1万円の案件を5~7日で納品すれば、月収5万円に到達しますし、もっと単価が高い案件なら月収20万円以上も十分射程圏内です。

メリット4 求められる画力が高くない(初心者向き)

漫画動画は「圧倒的な画力」が求められる仕事ではありません。

もちろん画力があるにこしたことはありませんが、クライアントさんが重視してるのは画力より「納品のスピード」「人間性(途中でばっくれたりしないか)」なのです。

必要最低限の画力を身につける必要はありますが、初心者でも2~3カ月の学習で十分通用する画力が身につきます。学習はパルミーがおすすめです(詳しくは#3「イラスト上達におすすめなサービス」をご参照ください)

まとめ

今回の要点を一言でまとめます。

  • 初心者は「漫画動画」の案件を狙おう

もちろん、好きな案件を目指してOKですが、とりあえず思い当たる案件がなければ、漫画動画のイラスト担当のお仕事を目指してみてください。

では、次回「#2 デジタルイラストに必要な機材・ソフトをそろえよう」に続きます。

当サイトで話してることは僕の個人的体験に基づく一例です。

再現は保証しませんし、趣味でやってるので相談やサポートもやってません。ご了承くださいませ。