クラウドワークス初心者が漫画動画イラストで月収10万円稼いだ方法

今回は、僕がフリーランス経験ゼロから「初月20万円以上稼いだ戦略」をご紹介します。

利用したのはクラウドワークス、応募した案件は「漫画動画の作画」のお仕事です。

なぜ漫画動画なのか?なぜ実績がない初心者が月収20万円も稼げたのか?それをすべて解説します。

なお最低限のイラストスキルは身につけていると想定して話を進めます。スキルに自信がない方はまずスキルアップを目指してください。

おすすめは「お絵描き講座パルミー」です。初心者でも1~2カ月学習すれば、仕事がとれるレベルには到達できるでしょう。

お絵描き講座パルミーとは

パルミーは、オンラインで学べるイラスト学習サービスです。

人物の描き方、背景の描き方だけでなく、LINE 2Dの使い方、ソーシャルゲーム風色塗り技法など、仕事につながるスキルを数多く学べます。

1 フリーランスイラストレーターとして稼ぐ4ステップ

たっつー

本記事は「クラウドワークスで漫画動画の仕事を1件獲得すること」をゴールに設定します。

まずは1件お仕事ができなければ月10万円は稼げません。しかし、1件稼げれば月10万円以上稼げる確率がグンとアップします。

漫画動画の仕事はレギュラーとして継続のお仕事になりやすいからです。

詳しくは後述しますが、具体的な手順は以下のようになっています。

  1. クラウドワークスに登録
  2. クラウドワークスのプロフィールを書く
  3. ポートフォリオ(実力がわかるサンプル)を用意
  4. 「マンガ」「youtube」で検索し条件が合う案件に応募

なお、当記事では「月10万円稼ぐ戦略」がメインなので、クラウドワークスの使い方には触れません。

クラウドワークスで仕事に応募する流れは別の記事をご参照ください。

2 フリーランスとは

フリーランスとは、出版社や企業に雇われていない個人事業主のことです。

仕事の交渉や経理を自分でおこなわなくてはいけませんが、働く時間や場所、案件を自由に選べます。もちろん服装も髪形も自由です。

個人的には、いつでも自由にトイレにいけることが一番ありがたかったりします。

2-1 フリーランスイラストレーターの仕事

フリーランスイラストレーターは主に、企業や個人にイラストを提供した対価に収入を得ます。

仕事は、クラウドソーシング(後述)で探したり、ブログやTwitterから直接依頼をいただくパターンが多いです。

例えば、クラウドワークスで、「イラスト」のキーワードで仕事を探すと223件ヒットしました。

「イラスト」でヒットした仕事
  • ギョーザの焼き方を図解説:1万円
  • ペットのイラスト募集:300円×5枚
  • YouTube漫画動画イラスト(30コマ):30,000円

似たような案件でも、クライアントによって価格は違います。たとえば「漫画動画イラスト(30コマ)」が3万円の案件もあれば、5千円の案件もあります。

2-2 クラウドソーシングとは

クラウドソーシングは、「仕事を探してるフリーランス」と「仕事を募集してるクライアント(企業)」をマッチングしてくれるサービスのことです。

今回は「クラウドワークス」というサービスを利用して、仕事を探す方法を解説していきます。

[/cell][/yoko2]

2-3 フリーランスイラストレーターの収入

フリーランスイラストレーターの収入はスキルや仕事の種類で異なります。参考程度に、僕の時給は5,000~7,000円です。

フリーランスの「スキル」は絵の上手さだけでなく、仕事のスピード、営業スキルも含まれます。

月10万円を達成する難易度は「どんな仕事を選ぶか」「いかに仕事のスピードを上げるか」で違ってくるでしょう。

3 月10万円稼げる!漫画動画イラストとは

月10万円を達成する難易度は「どんな仕事を選ぶか」で決まると述べましたが、初心者におすすめなのが「漫画動画イラスト」の案件です。

実績も、経験もなかった僕が初月から20万円以上稼げた理由は、絵が上手かったからではなく、頭が良かったからでもありません。

たまたま漫画動画の仕事が流行していて「漫画家が足りず」「高単価だった」だったからです。

近年流行している「漫画を動画にしたコンテンツ」のこと。例えば以下は私が担当した動画です。

※クリックで動画が再生されます。

3-1 漫画動画の仕事4つのメリット

漫画動画の案件で稼ぐメリットは4つあります。

メリット1 案件が多い

前述したように、漫画動画は流行しているので募集案件が多いです。

例えば、クラウドワークスで「漫画動画 イラスト」のキーワードで検索すると、43件ヒットしました。イラスト案件の1/5が漫画動画なのです。

漫画動画の流行はまだまだ終わる気配はなく、まだまだ漫画家が不足しています。フリーランスのイラストレーターを目指すなら、第一候補として案件を探してみるといいでしょう。

メリット2 継続案件が多い

漫画動画は「長期継続」に繫がることが多いです。

例えば、私は「人生攻略屋【学校では教えてくれない賢い生き方】」というチャンネルのレギュラー作画を1年担当しています。

レギュラーの仕事に繫がれば毎月安定して案件が得られるので、収入も安定するのです。

メリット3 単価が高い

漫画動画は「1本1万円~」と高単価な案件が多いです。

例えば、1本1万円の案件を5~7日で納品すれば、月収5万円に到達しますし、もっと単価が高い案件なら月収20万円以上も十分射程圏内です。

メリット4 求められる画力が高くない

漫画動画の仕事は画力よりも「納品のスピード」「安定した生産性」重要視されます。YouTubeは定期的に更新しないと、あっという間に埋もれてしまうからです。

もちろん画力があるにこしたことはありませんが、画力を犠牲にしてでも「仕事の速さ」「途中でばっくれない人間性」を重要視したくなるのがクライアントの心理でしょう。

3-2 漫画動画に必要な最低限な画力とは

クライアントが求めている絵のハードルは決して高くないので、ゼロからの初心者でも2~3カ月で習得可能です。

以下のようなスキルがあれば、問題なく仕事をこなせます。

  • とりあえず老若男女のキャラクターが描ける
  • アニメ塗りができる
  • すごくざっくりした背景が描ける

背景はフリー素材でOKというクライアントも多いです。

スキルに自信がないなら「お絵描き講座パルミー」の7日間無料体験を利用しましょう。おすすめの講座は「パルミーの無料お試しにおすすめな講座9選」をご参照ください。

4 月10万円稼ぐために僕がやった3つのこと

いくら漫画家が不足しているとはいえ、無策で仕事を獲得するのはむずかしいです。まして月10万円以上稼ごうと思えば、かならず戦略が必要になってきます。

僕が月10万円稼ぐためにやった3つの戦略をご紹介しましょう。

具体的には、クラウドワークスで仕事を獲得する確率をあげる方法を解説します。

4-1 プロフィールを工夫する

たっつー

顔が見えないインターネットビジネスでは、プロフィールがあなたの信頼性と実力を示す手段となります。

ポイントは「意味のない実績」より「何ができるか」を書くことです。

仮に「YouTubeチャンネル登録者数7,000人」という実績があっても、それは漫画動画のイラストレーターを募集してるクライアントには響きません。寿司屋の面接で、イタリアンのフライパン捌きを披露するようなものです。

それよりも「1本5~7日で納品できます」「週5~7日、5時間働けます」のように、クライアントにどんな貢献ができるかを書いたほうが案件獲得に繋がりやすいでしょう。

プロフィールは、自分がいかに優れてるかをアピールする場ではなく、クライアントにどんな価値を提供できるか、クライアントが求めることをどのように解決できるかを提案する場なのです。

  • クライアントが求めることをどのように解決できるか
  • クライアントにどんな価値を提供できるか

4-2 ポートフォリオを工夫する

たっつー

仕事に応募するには「実力や絵のタッチがわかるサンプル(ポートフォリオ)」を用意しなくてはいけません。

本以下の図のように作品集をまとめて、応募の際にクライアントに提出します。

しかし、恥ずかしながら、ド素人の僕はポートフォリオという言葉すら知りませんでした。

当然、僕はポートフォリオを用意しておらず、以下2枚の画像だけをクライアントに提出していました。

ところが、この2枚の絵だけでも仕事を獲得することができました。

理由はおそらく、忙しくてポートフォリオを隅々まで吟味する暇がないクライアントが多いからでしょう。僕がクライアントの立場なら、ポートフォリオは2~3枚の画像だけのほうが、ササッとチェックできてありがたいです。

印象に残るポートフォリオのつくりかた

さらに仕事獲得の確立を上げたいなら「印象に残るポートフォリオ」を作ってみるのはいかがでしょうか。

たとえば、応募するクライアント一人だけに向けた専用ポートフォリオを作成するのです。

たとえば、クライアントが「こんなタッチの漫画を募集中」と提示しているサンプル動画の冒頭4ページを、自分なりに描いて提出してみるのはどうでしょうか。僕がクライアントだったら「これほど合否を判断しやすく、情熱も感じるポートフォリオはないな」と思います。

再現性はわかりませんが、僕はこの方法で高単価案件のレギュラーをゲットしました。どうしても欲しい案件には利用してみるといいかもしれません。

4-3 応募条件を工夫する

たっつー

漫画動画の案件はクライアントにより報酬に大きな差が生じます。

同じ難易度で時給500円の仕事もあれば、時給3,000円の仕事もあります。労力が同じなら時給が高い仕事を選んだほうがお得なのは言うまでもありません。

1本3万円以上の高単価案件を狙う

時給を上げるために僕が真っ先におこなったのは「1本3万円以上の高額案件にばかり応募すること」です。

「ド素人なんだから安い仕事で経験を積めよ」と思われるかもしれませんが、ビジネスには初心者もベテランも関係ありません。

人生の時間も、人間一人が1日に行える労働量も限られてる以上、あなたが時給5,000円で働きたいなら、時給5,000円で働ける案件に優先して応募すべきなのです。

世界のルールに合わせるのではなく、あなたのルールを基準に世界を作りかえましょう。

ちなみに安い案件と高い案件の差は、仕事の難易度ではなくクライアントがどれだけ儲かってるかで決まります。要はビジネス規模(YouTubeチャンネル規模)が違いから生じているのです。

だったら3万円の案件に応募したほうが300%得できます。

納品形式がjgp、pngの案件を狙う

漫画動画の納品は、以下4つのどれかが指定されることが多いですが、一番手間が少なく楽なのは「jpg、pngでの納品」です。

  • jpgかpngで納品
  • PSD形式で納品
  • PSDとjpg両方で納品
  • セリフ、人物、背景をレイヤー分けして納品

可能なら、一番手間がない「jpg納品OKな案件」を優先したほうが仕事のコスパが良くなります。

「継続依頼あり」の案件を狙う

慣れた環境で毎月安定した収入が期待できれば安心感があります。

よって、応募するなら「継続依頼あり」かつ「安定してそうなクライアント」を射止めたほうがいいでしょう。

安定してそうなクライアントとは儲けているクライアントのことです。やはり報酬単価が高いクライアントを選んだほうが得できると思います。

まとめ

以上「クラウドワークス初心者がイラストで月収10万円以上稼いだ方法」でした。

あくまで一つの事例にすぎませんが、僕はこのような戦略で月収20万円以上稼げる継続案件を得ることができました。

僕の体験が、あなたの悩みを解決するお役に立てたなら幸いです。