休日は「計画的にゴロゴロする」ことで幸福感を2倍に上がる

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

「休憩は大切!」なのは言わずもがな。なにごとも定期的にガス抜きしたほうがいいことはご周知のとおりでしょう。

ところがガス抜きもやり方を間違うと、逆にストレスをためるコトになっちゃうみたい。アイダホ大学の研究チームいわく以下が大切とのこと。

『ゴロゴロするなら計画的にやんな!それで幸福度が2倍になるでッ!』

計画的にゴロゴロする。それで幸福度二倍。

スポンサーリンク


休日は「計画的に」することが大事ッ

「ワシはいま…計画的にグダッているッ」

さて、本件はアイダホ大学が800人の休日を調査した研究。結論から言うと、 休日の幸福度が高い人は以下のような特徴があったそうな。

  • 予定を自分でコントロールできている
  • 新しいことにチャレンジしている

つまり、行き当たりばったりでゴロゴロしている人より『今日は1日本気でゴロゴロするッ』と事前に計画を立てていた人の方が幸福度が高かったわけですねぇ。ちなみに同様の結果は別の大学の研究データでも出ております。

コントローラビリティが休日の幸福度を高める

つまり、休日の満足度を高めるのはコントローラビリティなんですねぇ。

コントローラビリティとは「人生を自分で操作してる感覚」のこと。人生の満足度を左右するメンタリティとして心理学で注目されています。

たしかに、自分も以前「計画にない休日」を過ごしたことで危うくメンタルが崩壊しかけたことがありました。計画外のことが起こると、負の連鎖を引き起こしやすいんですよねぇ。

研究チームは、休日の幸福感を高めるポイントは『3つのCだ!』と述べています。

  1. Challenge(チャレンジ)
  2. Carefulplanning(ケアフルプランニング=事前計画)
  3. Controllability(コントローラビリティ)

たとえば新しい散歩コースを探す、見たことがない映画を見る、食べたことがない料理を食べるなど、小さな新しいチャレンジをしてみること。そして、事前に立てた計画どおり動いてコントローラビリティを高めること。

そうして3つのCを満たすほど、休日の幸福感が上がるみたいですねぇ。

「3つのC」を満たした休日のリフレッシュ効果は8週間も持続

「イェーイ!8週間経っても元気ィーッ☆」

加えて、アイダホ大学の研究によると、段取りや計画をしっかり立てて休日を過ごせば休日のリフレッシュ効果が8週間発持続するとのこと。ちなみにふつうは2週間で効果が消えるそうです。

なにィ

てことで、休日は計画的にッ!

なにもすることがないからゴロゴロする…ではなく「今日は9時~12時までゴロゴロする!12時からは食べたことがないお店でランチにしよう」みたいに決めといたほうが良さげです。

自分もさっそく手帳に休みのスケジューリングをしてみようと思います。

以上です。ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)

ABOUTプロフィール

たっつー

ドラえもんが好きなゆるくて意識低いブロガー。肩の力を抜いてゆるく生きる方法や趣味をまったり配信しています。 絵や音楽を作るのも好きです。YouTubeにてゲーム実況や、動画マンガの作画担当もしています。宜しくどうぞ(^ω^)

おすすめ記事(一部広告含む)