喫煙者は収入が下げるだけでなく性格も悪くすると判明しフルボッコ



先日、喫煙者ほど収入が低くなるみたい、というデータを紹介しました。

で、別の実験によると『喫煙は、個人の考え方や思想、行動まで変えてしまうんでね?』とフルボッコになってました。

あ…?

もうやめてー!タバコのライフはとっくに0よー!

「喫煙が、性格や行動にも影響する…と」

本件はモンペリエ大学などの共同研究。アメリカや日本の喫煙者研究から4つのデータセットをつかった観察研究でして、サンプル数は15,572名、期間は4-20年です。

この研究でなにを調べたかというと

普段どれだけタバコを吸っているか

数量によってパーソナリティに変化が出ていないか

ということ。つまり、タバコを吸う量で性格が変化してるか調べたんですね。その結果、喫煙者には以下の特徴が見られたそうな。

  • 不安感が増していた:神経症的傾向が悪化
  • 人見知りになっていた:外向性が低下
  • 好奇心やチャレンジ意欲が薄れていた:開放性が低下
  • 他人と協力する気持ちがなくなっていた:協調性が低下
  • セルフコントロール力が消えていた:誠実性が低下

コテンパンでございます

この結果をざっくりいうと、性格がめっちゃ悪くなる、と理解すれば間違いありません。一応、フルボッコ記事恒例のこれも貼っておきましょう。

なるほど、喫煙者ほどセルフコントロール力が低いんでね?という説は前回も紹介しましたが、マジでそういう傾向にあったんですねぇ。しかも、

  1. セルフコントロール力が低い人ほどタバコを吸う
  2. だけでなく、タバコを吸う人もセルフコントロール力が下がる

ということ。負のスパイラルです。

禁煙しても性格は戻らない可能性が高い

「低下した意欲は戻りにくいらしい」

さらにこの研究データでは「禁煙しても性格はもどらないかも」という説も唱えられてまして、禁煙組のボクとしてはガックリ肩を落とさざるをえないところ(苦笑)

まぁ、タバコが遺伝子に与える傷は「一生修復しない」というデータ(これ)もありますし、禁煙で回復することもあれば、一生付き合っていくべきリスクもあるということですねぇ。とりあえず自分は『早めにやめれてよかった』とポジティブに考えることにします。

ちなみに、もし禁煙を試みるなら以下の方法を試してみるのがおすすめです。

以上です。ばいびー♥



SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


「好きなことで生きる」リアルな物語

 


おすすめ記事(一部広告含む)