「叱って伸ばす」「褒めて伸ばす」どっちのほうがいいの?問題



「叱って伸ばすべきか褒めて伸ばすべきか」

てのは教育現場のみならず度々議論されますが、ときには『相手のことを思うからこそ、厳しい言葉で叱る』美学が良しとされとるわけです。

ただ、それって本当のとこどうなの?てのをカナダのウォータールー大学が調べてくれていたのでシェア。

先に結論からいうと、相手のことを思ってようが「叱って伸ばす」のは逆効果とのこと

あ…?

どうやら人は指摘されたことを問題に感じてれば感じてるほど、ストレスで問題が肥大化しちゃうそうな。たとえば「太りすぎ」を自覚してる人がそれを指摘されると、ストレスでますます太ってしまう、と。

「太ってるね」と指摘されるとより太る!?

「欠点の指摘は相手のためにならない」

ウォータール大学は、体重にコンプレックスを感じている女性(17歳~21歳)を対象に以下を調査。

  1. 家族や友人が彼女達のコンプレックスにどのような反応をしたか5ヶ月間調査
  2. 3ヶ月後に体重がどう変化したか測定
すると、こうなった

するとこんなことが判明

  • コンプレックスを指摘された人:平均2キロ体重が増加
  • コンプレックスを肯定された人:平均で0.5 kg 体重が減った

なんと、コンプレックスを肯定された人は体重が減ったっていうんですよ、へぇー。

たとえば「お前は自分に甘いから太ってるんだ!」と言われた人は2キロ太って、「体重なんて人生に関係ないしね」と言われた人は0.5キロ痩せた、と。

ちなみに、このようなデータは体重以外にもあらゆることで報告されていて、要は『否定』されることでその物事は余計に改善しにくくなるみたいですねぇ。

愛のある否定、批判は伝わらないことが多し

「いやんなっちゃう…もう…」

ということで、どうやら愛があろうが「否定・批判」は悪い結果をもたらすリスクのほうが大きいみたい。

もちろん中には否定や批判のストレスを力に変えて成長する人もいますが、それはごくわずか。大半の人は逆に心が折れちゃうんですな。うーん、わかるなぁ。

そういえばアルコール不耐症と同じく、努力不耐症があるかも?ってこともわかってるし、人に改善を強いることは時として『無理やり酒を飲ませる行為と同じく残酷』なのかもしれませんねぇ。

対処法は「言う立場」「言われる立場」で違う

「ただし、言わなきゃいけないときは…」

しかし困ったもんで、いくら叱ることが悪影響とはいえ『相手に改善してもらわないと自分にも悪影響が出ること』が往々にしてあります。

たとえば、サボり魔や寝坊魔が職場にいたらガツンと言ってわからせないといけないし、家族、友人、恋人のためを思えばこそ、心を鬼にして否定しなくてはいけない場面もあるでしょう。

…が、その言い方は非常にデリケート

間違えると逆効果になることは判明しましたが、ではどうすれば上手に伝えることができるのかを『言われる立場』『言う立場』別に考えてみました。

『言われる立場』の対処法

まず、もしあなたが『叱られる側』の場合、相手の論の正当性がどれほどあるのかが重要です。

たとえば「相手の言うことの科学的根拠は?」「そもそも自分の人生に必要なアドバイスか?」など。もし相手の論に正当性が無いならその話はスルーしてOK。

それと、相手がダークトライアド(人格破綻者)の場合は絡めば絡むほどこちらの精神がイカれることがわかってるので、全力でスルーする必要があります。具体的には以下のような人。

  • 他人を下げるネタで笑いを取ろうとする
  • 頑張ってる人、努力する人をバカにする
  • すぐ他人にレッテルを貼る(「これだから女は」とか「これだから政治家は」とか)
  • 人に対する悪口が多い

ざっくりいうと『オレいじりうまいでしょ(ドヤァッ』みたいなオーラを出す人間とは縁を切ってOKです。良い影響より悪い影響が上回る危険性大なので。

以前まとめた「スルースキルを身につける方法3ステップ」を駆使して対策しましょう。

『言う立場の場合』の対処法

『言う立場』の場合は、否定的な言葉の前後をポジティブな言葉で挟むのが効果的と言われています。たとえば、

  1. 【ポジティブ】この料理美味しいよね
  2. 【ネガティブ】でもカロリー高いから太らないように気をつけて
  3. 【ポジティブ】でもこんな美味しい料理食べに連れてきてくれてありがとう

みたいに、ネガティブな指摘をポジティブな言葉で挟めば相手に届きやすくなるんだそうな。なるほど、ネガティブなことを言うなら、その倍以上ポジティブな言葉を並べなくてはいけないわけですね。

てことで、自分もさっそく今日から自分に甘く生きていこうと思います(それ、なんか違う)

以上です。ばいびー♥



SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


「好きなことで生きる」リアルな物語

 


おすすめ記事(一部広告含む)