好きなことを仕事にしても幸せになれない人が多い理由

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

たまには徒然と日記でも。

「好きなことを仕事にすれば幸せになれる」

そう妄信的に信じていた時期があるのです。

毎日絵を描けたら幸せ、毎日サッカーできれば幸せ、毎日ゲームできれば幸せ…etc.

ところが統計でそれが否定されてるのは以前もお話したとおりでして、自分も近ごろはこの統計の信憑性をひしひしと感じているところ。

「好きを仕事に☆」しても幸せになる人はほぼいないと判明

2019年7月14日

でも、どうせなら「好きなことを仕事に」したなぁと思うのが人情なので、どうすれば仕事の幸福感は高くなるのかをぼんやり考えてみました。

スポンサーリンク


「好きを仕事に」して幸せになるための条件

結論からいうと「好きな仕事」の幸福感を高めるには『自由』が不可欠だと感じる今日この頃です。

心理学的な『自由』とは『コントローラビリティ』のことでして、ざっくりいうと「自分で自分の行動を操作できる」感覚のことをいいます。

たとえば音楽が好きでアーティストになったとすると。

自由と不自由の違い
  • 自由:自分が好きで作りたい曲を作る
  • 不自由:人から指図されて作りたくない曲を作る

後者がメンタルに悪そうなのは想像に易いところです。

このことから「好きを仕事にする」ことと「好きなことを楽しめるか」は別問題ということがわかりますね。

好みの異性と付き合えるかどうかと、長期的なパートナーになれるかは別問題なのと似ています。

コントローラビリティを損なう要因は他にも色々考えられます。

不自由な仕事の要因
  • 嫌いな人物と付き合わなくてはいけない
  • 仕事の時間を指定される(1日8時間など)
  • 仕事の締め切りを指定される(明日までに仕上げよ、など)
  • 労力に対して報酬が低い(働きまくらなきゃ食っていけない)

どんな要因にせよ「自分が好きなこと」を楽しむ時間を妨害、または制限する要因はフラストレーションです。

フラストレーションが積もり積もれば、そりゃあ「こんなはずじゃなかった」となるわけですねぇ。

2015年ミシガン州立大学の実験でも同様のデータが出ていまして、好きなことを仕事にした人は最初は幸福感が高いものの、2~3カ月で徐々に下落していくことが判明しています。

好きで始めた仕事なら余計に「こんなはずじゃなかった」というギャップに苦しむことになるので、好きなことを仕事にした後のケアこそ幸福感を高める重要なポイントになるんですねぇ。

逆にケアさえ上手ければ、好きじゃないことを仕事にしようが幸福になれることもわかってるので「好きを仕事に」するより「仕事を好きに」できることの方が重要っぽいです。

ポイント
  • 「好きなこと」を嫌いになることは往々にしてある
  • その原因となるのはコントローラビリティの欠如
  • 「好きを仕事に」より「仕事を好きに」のほうが重要

「仕事を好きに」なる方法

では、どうすれば「仕事を好き」になれるのか。

当サイトでは過去に以下のような解決策をご紹介してきました。

嫌でつまらない仕事を好きに変える:ジョブ・クラフティング法

2019年7月11日

仕事を好きになるにはこの4つが必要だ!という話

2019年5月3日

加えて、ボクが個人的に重要視しているのは以下のポイントです。

仕事を嫌いにならない4ポイント
  • 労働時間を短くする(理想は1日4時間以内)
  • お金より時間をとる
  • 「進歩してる感覚」をつくる
  • 他人と比較しない

労働時間を短くする(理想は1日4時間以内)

ポイント
働けば働くほどモチベーションは低下する

あくまで理想の話になりますが「好きなこと」をする時間は週30時間を超えないように調整したいところです。

理由は以下のエントリにまとめたとおり。

健康を保てる労働時間の上限は週40時間:日本の労働時間は余裕でアウツ

2019年3月8日

週30時間以上の労働は脳や体にダメージを与えることがわかっていまして、脳にダメージがある行いに対し脳が拒絶反応(モチベーション低下)を起こすのは摂理でございます。

まぁ、とはいえ「それができりゃ苦労はしねぇ!」と思うわけですが「好きなことなら何時間やっても飽きないはず!」という考え方が誤りであることは頭に入れておいたほうがいいかもしれません。

どんな大好物な料理も満腹で口に放り込むと嫌気がさすことと似ていますね。

仕事の場合、満腹のリミットはおおよそ週30~35時間になるみたいです。

お金より時間をとる

ポイント
「お金のために時間を犠牲にした」感覚は幸福度を下げる

お金のために行動すると「好きなことでも嫌いになってしまう」のは心理学では有名な話です。

お金を目的とした活動はモチベが崩壊するんだってさ

2019年3月30日

まぁ、とはいえお金がないと生活できないのも事実なのでないがしろにはできませんが、プライベートな時間(休憩、ストレスケア)を削ってまで仕事をするのは良くないなぁと感じています。

まぁ頭で分かってても対策がむずかしい問題ではあります。自分もついつい両面が¥マークになってしまいますからねぇ(笑)

「もう少しがんばろう」と思ったときに、それがお金のためなのか?それ以外の理由なのか?毎回問いかける癖をつくるといいかもしれませんね。

進歩してる感覚をつくる

ポイント
ウソでも「前に進んでる」と思えないと心は折れる

モチベーション心理学で有名なのは「人の心は行動が報われてると思えないと折れる」ことです。

モチベーションの維持に大きな夢や目標は逆効果と判明

2019年3月25日

大きな夢や目標を持つ人ほど成功しないのはこういった理由でして、大きな夢を持つと「進んでる感覚」が得られにくいんですな。

たとえばYouTuberを目指して動画投稿をはじめたとすると。

ダメな目標、良い目標
  1. 「HIKAKINを超える!」という目標:何年も報われず心が折れる
  2. 「1日1本動画投稿する」という目標:毎日達成できてモチベが維持できる

とくに「好きを仕事に」と行動をはじめても最初のうちはほとんど仕事になりません。

ボクもゲーム実況をはじめて2ヶ月はチャンネル登録者数3名でした。投稿しても再生数3、グッドもバッドもコメントもなし。

こんな状態も1~2ヶ月ならなんとかなるかもしれませんが、これが半年、1年と続けば進歩を感じられず心が折れるのも当然と言えましょう。

人は報われない行動を大儀のために続けられるほど強くはないのです。

なので少しでも行動が報われた感覚をつくるために「毎日達成できること」「フィードバックが得やすいこと」を目標に据えたほうが良さそうです。

他人と比較しない

ポイント
ライバルとかいらない

他人との比較はメリットよりデメリットの方がはるかに大きいです。

とある研究では「他人との比較により自殺率まで上がる」と判明しているほどメンタルには悪影響のほうが大きいんですな。

SNSの憂鬱#3:SNSで他人に「オレの方がマシw」と思うと不幸になると判明

2019年6月26日

「好きを仕事にしよう☆」と発信してる人たちは「身近なライバルをつくろー」と発言してることが多いですが自分は150%これを否定しておきます。ライバルとかいらないッスよマジで。

もちろん場合によって他人との比較がメリットになるケースもあります。たとえば絵が上手い人の絵と自分の絵を見比べてみるときなど。

ただ「技術」はともかく「他人からの評価」「支持率」「人気度」を比べるのはメンタルに害悪でしかないので、自分は基本的に「同業者サーチ」なる行いはしないようにしています。

まとめますと:「好きなこと」ほどモチベーションの低下に注意を払うべし

ということで今回のお話をまとめますと。

まとめ
  1. 「好きなこと」を仕事にするのはゴールではなくスタート
  2. 「好き」な気持ちを維持できる環境がめっちゃ大事
  3. 好きなことほどモチベーションの低下をケアしなきゃいけない
  4. モチベ低下ケア方法1:働く時間を短くする
  5. モチベ低下ケア方法2:お金より時間をとる
  6. モチベ低下ケア方法3:行動が報われてる感覚をつくる
  7. モチベ低下ケア方法4:ライバルを作らない

以上です。ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)

ABOUTプロフィール

たっつー

ドラえもんが好きなゆるくて意識低いブロガー。肩の力を抜いてゆるく生きる方法や趣味をまったり配信しています。 絵や音楽を作るのも好きです。YouTubeにてゲーム実況や、動画マンガの作画担当もしています。宜しくどうぞ(^ω^)

おすすめ記事(一部広告含む)