パレオさんの新書「ヤバい集中力」が超名著だったので内容と見どころを解説

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

当サイトで度々参照している「パレオな男」の鈴木祐さんが「ヤバい集中力」という新書を出したので、もちろん発売日に買ったのです。

ザッともくじを読んだところ「科学が認めた集中力を上げる方法を片っぱしから収録」されてるかんじで、鼻息が荒くなりました(^ω^)

結論からいうと、現時点(2019年時点)でもっとも信憑性が高い「集中力の上げ方」が記された本だなぁ、という感想。

スポンサーリンク


ヤバい集中力の内容とは

たっつー
こちらは帯に書かれていたもくじ

本書(ヤバい集中力)のテーマは「1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45」とのこと。

1ページ目にさっそくズラーッと色んなテクニックの名称が並べられたシートが挟まってて期待をそそられます。

それら1つ1つを試していけば1日中高いパフォーマンスを維持できる環境が手に入る(かも)なわけですねぇ。

ライフハックとは

「ライフハック」とは「生活の知恵」みたいなもの。当サイトでも以前特集記事を執筆したことがありました。

ライフハック術まとめ2019年版:人生変わるノウハウ42選

2019年6月29日

ヤバい集中力の源は:環境・栄養・トレーニング

たっつー
集中力は「根性論」で身につくもんじゃないんですなぁ

てことで、ヤバい集中力には「集中力を高めるライフハック術」が45件も紹介されてるわけですが、大きく分類すると以下3つでございます。

ヤバい集中力で推奨されるライフハック
  1. 環境:デジタル断食など
  2. 栄養:カフェイン、地中海食など
  3. トレーニング:マインドフルネスなど

集中力を保ちやすい環境を整え、栄養を得てから、トレーニングで鍛錬する…という順番ですね。

中でも「栄養」をピックアップする集中力本は多くないので嬉しいところ。本書を読む前と読んだ後では買いモノ時に目に入る商品が変化するんじゃないかと思います。

もちろん眉唾な内容ではなく、最新スポーツ科学の現場などでも用いられている知識が採用されております。

ポイント
  • 「環境」「栄養」「トレーニング」で集中力アップを目指す内容

集中力は「4つの段階」「4つの能力」の総力で決まる

たっつー
いわく「集中力という能力は存在しない」んだそうな

ヤバい集中力で一際面白かったのが「集中力は4つの能力の総力で決まる」ということ。4つの能力は以下のとおりです。

集中力を決める4つの能力
  1. 自己効力感:やればできるという感覚
  2. モチベーション管理能力:やる気を操る能力
  3. アテンションコントロール:集中力を持続させる能力
  4. セルフコントロール:逸れた集中を元にもどす能力

たとえば「絵を描きたい」なら

  1. 机を向かうまで:自己効力感が必要
  2. 絵を描くまで:モチベーション管理能力が必要
  3. 絵を描き始めたら:アテンションコントロールが必要
  4. 集中を持続させるには:セルフコントロールが必要

のように、タスクを4つのフェーズに分類して「集中力とはなにか」を考察しているんですねぇ。目から鱗よ(^ω^)

んで「ヤバい集中力」を読み進めれば、これら4つの能力の上げ方がわかっていくわけです。

ちなみに当サイトでも「4つの能力の上げ方」をまとめましたので、興味があれば参考にどぞッ

ヤバい集中力に学ぶ「集中力を爆上げする4つの能力」の鍛え方

2019年9月23日
ポイント
  • 4つの能力を鍛えれば集中力も上がる

「ヤバい集中力」も過去作同様に信憑性が高そう

たっつー
「『最新の』『統計』であることは価値が高い」

個人的にパレオさん(鈴木祐さん)の書籍はすっごく好きで当サイトでも何度か話題にしたことがありました。

たとえば「最高の体調」は、毎晩両目を星マークにキラキラさせて読みふけったものよ。

鈴木祐さんの「最高の体調」がくっそ名著だった件

2019年5月2日

パレオさんの本やブログは科学研究の論文をベースにした内容がおなじみ。ざっくりいえば「自分に当てはまる方法を見つけやすい」のであります。

逆に普通の自己啓発書やビジネス書に書かれてることは「ボクはこう思う」という個人の意見なことが多いので、真似してどんな結果が出るかはわからんのですな。

たっつー
たとえばビジネス書では「大きな夢を持ちましょう」「考えるより先に行動しましょう」と語られがち

でも統計では「一部の人(人口の2%ぐらい)以外には挫折の原因になる」と判明してたりするので、ホイホイ鵜呑みにするのは怖いのであります。

その点、「ヤバい集中力」を含めパレオさんの本に書かれているテクニックは

  1. どんな人が
  2. どんなことをすれば
  3. 何%
  4. どういう結果になる

という客観的データなので、真似して実践しやすいのが特徴なんですよねぇ。

ポイント
  • 「最新」の「統計」を参照している内容がありがたい

情報は年15%も覆る、よって最新のデータの価値は高い

たっつー
情報は年間15%覆っている

厄介なことに「情報は年間15%も覆る」と言われてまして、ほんの少し前まで「正解」と言われてたことが、数年後に「すまん!間違ってた!」と覆ることも往々にしてあるのです。

たとえば「脳トレゲームで頭が良くなるか否か」は2014年に「頭が良くなる」と認められたと思えば、2016年に「間違ってた」と覆っております。

他にも色々覆ってますので、詳しくは以下の記事を参考にどぞ。

「すまん間違ってた!」科学者が認めた間違い心理学20選

2019年8月4日

その点も「ヤバい集中力」はカバーされてまして2019年最新の情報の中から信憑性が高い研究データだけ精査して掲載してくれとります。

たっつー
なんせ年間5,000本の論文を読む鈴木さんの本ですからねぇ

とどのつまり、現時点(2019年時点)でもっとも信憑性が高い「集中力の上げ方」が記された本なのでは?と思うワケです。

実際パレオさんはそれらのテクニックを試して圧倒的な生産性ペースでブログ、ブロマガ、出版などを行ってますしねぇ。

そんなパレオさんに影響されたボクも微力ながら以前より生産性はアップしたなーと実感しているところ。

2019年上半期版:たっつーの1日のスケジュールがこちら

2019年7月14日

集中が続かなくて悩んでる人は本書の内容を片っぱしから試せば1~2ヶ月で何らかの変化が得られるんじゃないかなーと思う次第です。文句なくおすすめ。

追伸:集中力を高める9の方法という記事があります

本書に興味を持っている方は「集中力を高めたいー」という欲求があることと思いますので、以下の記事もおすすめです。

『集中力を高める9の方法』 科学が認めた没頭を長続きさせる技術まとめ

2019年4月13日

まずは上記記事の9つの対策を試してみて「もっと色んな方法を知りたい」というときはヤバい集中力を手にとってみるのも良いかと!

んじゃ、ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)