ストレスを感じた時にやってはいけない6つのことbyアメリカ心理学会



心理学で最も権威あるアメリカ心理学会(APA)が発表した『やればやるほど逆効果なストレス解消法6選』をリリースしてたのでシェア。

ストレス感じたときに以下6つをおこなうと、ストレスが悪化してしまうそうな。

  • ギャンブル
  • ショッピング
  • タバコ
  • お酒
  • 食事
  • ゲーム、ネット
そんな

やってはいけない6つのストレス解消法

「ストレスは、ストレスを生む」

てことで、ストレスを感じたときに前述した6つをやるのはおすすめしません。理由はかんたんで「前述した6つは本来ストレスがかかるおこない」だからでござる。

てことで詳しく理由を見ていきましょー。

ギャンブル

言わずもがな、ギャンブルのストレスはハンパない。

ギャンブルを行うと一時的に神経が激しく興奮して脳内麻薬が出ますが、脳内麻薬はすぐに減ってしまうため幸福感がすぐに消えます。そして脳内麻薬の分泌に慣れてくると効きが悪くなってくるのでギャンブルをしていない時は無性にイライラするようになるんですな。

こうなるとストレス解消はできず逆にストレスが溜まることになるし、お金に対するストレスも増えるとのこと(そりゃそーだ)

ショッピング

買い物は、買うまでが興奮のピーク。

ショッピングもギャンブルと同様、商品を買うことで一時的に精神が興奮します。しかし買い物で味わえる興奮は本当に長続きしません。買うまでがピーク、買ったら興奮はガクッと下がります。なるほど、これはよくわかりますね。

ただ、以下3つの用途でお金を使うことは、幸福感アップにつながりやすい模様。

  • 体験やスキルアップにつかう:旅行にいく、参考書を購入する、ジムに入会する、など
  • 他人のためにお金をつかう:恋人へのプレゼント、募金、など
  • 時間を買うためにつかう:家事代行サービス、仕事のアウトソーシング、など

タバコ

言うまでもなく、害悪。

タバコを吸うと、ニコチン先生の働きでドーパミンという神経伝達物質が分泌され、やる気やモチベーションが上がりますがが、ドーパミンは心拍数を上げて体を緊張させる作用もあるので、落ち着いたつもりの精神とは裏腹に肉体は緊張状態でカッチカチやぞ!になるんだそうな。

なのでドーパミンが切れるとイライラするし、リラックスどころか逆に疲れてしまっているわけです。

しかも依存性があってなかなか辞めれないし値段もどんどん上がってるので財布にも痛いですよねぇ。ギャンブルと同様にお金の面でもストレスを増やしてしまいます。

お酒

酒飲んでメンタルよくなる人はほぼいない。

お酒を飲むと大脳が麻痺して短期的に理性が低下します。んで理性のストップが外れるので一時的に楽しい気分が味わえます。ただ体にはストレスホルモンが増えまくってしまうんだそうな。

たしかに、ストレス解消でお酒を飲んでる人がメンタル良くなってるのは見たことないですもんねぇ。過ぎたるは及ばざるが如し、飲み過ぎると良くないということです。

食事

ストレス性のドカ食いはよくない。

ストレスには食欲を暴走させる作用があり、タバコと同様のメカニズムが働くそうな。

  • 一時的にドーパミンが出る
  • →切れる
  • →イライラ
  • →再び食べて抑えようとする
  • →というループ

もちろん食事そのものが悪いわけではありませんが、ストレス性の防食は対策したほうがいいかもしれません。5-HTPや、ホエイプロテインで対策するといいかもしれませんね。

ゲーム、ネット

ゲームやネットはストレスを加速させる。

アメリカ心理学会は、ゲームやネットも駄目なストレス解消法に挙げています。当サイトとしても、激しく同意ですね。

ゲームやネットは、短期間の低刺激(ご褒美)を得られるので、手軽にドーパミンを分泌でてきてしまうことが問題。食事と同じく「ドーパミンが出る」→「切れる」→「イライラ」→「また触れる」の永遠ループにハマッてしまうんですな、恐ろしい。

まぁ、スマホもゲームも適度な量なら問題ありませんが、やりすぎには注意したいところです。

では以上。ストレス対策法をまとめた記事もあるので、日々のストレスが悩ましいときは参考にどぞッ

ばいびー♥



SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


「好きなことで生きる」リアルな物語

 


おすすめ記事(一部広告含む)