青鬼作者nopropsさんの「勇者の脱出ゲーム」を実況してみた

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

伝説のフリーゲーム青鬼の作者nopropsさん作「勇者の脱出ゲーム」を実況プレイしました。

フリーゲームらしいユルいノリがと悪ふざけが楽しかったですねぇ~。ただ随所に散りばめられた高難易度のナゾは、やはり青鬼を彷彿とさせるクオリティでした。

2のラストは、3へ続くような含みを持たせてますが、2019年8月現在3は公開されていません(以前はされてたけど非公開になったみたい、残念)

スポンサーリンク


勇者の脱出ゲームとは

「舞台は日本。勇者の名はアルシェス」

勇者の脱出ゲームは、タイトルどおり「脱出のために謎を解く」ミニゲーム。川越シェフっぽい顔の勇者アルシェスが、なぜか閉じ込められた牢獄から脱出を試みるというストーリー。

まぁ、ストーリーはあってないようなもんなので、ナゾ解きと、フリーゲームらしい悪ふざけを楽しむことがメインでしたねぇ。

ナゾ解きは理不尽な難易度ではなく、ちゃんとヒントを集めれば難易度が下がっていくようにつくられていてイイかんじ。さすが青鬼の作者さんやでぇ。

ナゾ解きがスムーズに進めば、1タイトル20~30分でクリアできるボリュームなので、たとえば友人や恋人と宅飲みするついでに、ナゾ解きを強力して遊ぶのも楽しいかもしれません。

勇者の脱出ゲーム2とは

「モザイクかかってるけど、もちろんアルシェス」

勇者の脱出ゲーム2は、1よりも多少ストーリー性があります。まぁ、アル子というひでー顔のキャラが登場したり、アルシェスの学生時代の回想(日本の高校に通ってたそうな)が挟まれる程度なのですが。

前述したように、2のラストは「3へつづく」という展開になってるものの、2019年8月現在、3は公開されていないので、つづきを知ることはできないんですよねぇ、残念。まぁ、このゲームのノリだと、つづきを「なかったことにする」ぐらいのことをやってきそうでもありますが(笑)

てことで、個人的にはけっこう楽しめた勇者の脱出ゲーム。青鬼の作者nopropsさんのサイトにて無料ダウンロードが可能です。

同ページで「青鬼」もダウンロードできるので、友人や恋人とプレイしたり、ゲーム実況して配信を楽しんでみるのにオススメ。

以上です。ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)