アニメーターtoshi氏の「線と陰」を買ってみたのだ、という話

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

午前中に書いた作画メイキングにて「陰影はこの本が参考になるかも」と『線と陰』って本をチラッとご紹介したのです。

著者は作画ハウツー本を多くリリースしているアニメーターの「toshi」さん。「極める!キャラ作画」や「ゼロから学ぶプロの技 神業作画」でもおなじみな方ですな。

表紙の絵からも分かるように「フワッと柔らかそうな線」が特徴的なアニメーターさんです。toshiさんのPixivアカウントに色んな絵が投稿されてますので、そちらを参照していただければわかりやすいかと。

Toshiさんのメディア

スポンサーリンク


線と陰 アニメーターから学ぶキャラクター作画術

「柔らかそうな絵が不思議じゃのー」

さて、結論からいうと本書「線と陰」はハウツー本というより画集に近いかしら?という印象。たとえば映画のDVDの「制作陣による解説音声」のように、toshiさんの絵にワンポイント解説が添えられてるようなイメージですね。

よって『すでにバリバリ絵を描いてる人』『toshi氏のファン』には良さそう。たとえば、

  • 「どうすれば自分の絵を柔らかくできるかのぅ」と悩んでる人
  • 「どうすれば陰影のつけ方が上手くなるかのぅ」と悩んでる人
  • 「この人の色んな絵を見てみたいのぅ」という人

なら、全175ページを隅々まで楽しむことができそうです。

ただ「まず基本的なことから知りたいんじゃぁ」という方は『ヒロマサのお絵描き講座』をファーストチョイスしたほうが難易度は低いのではないかと。

ヒロマサのお絵描き講座は「まず軟式野球からはじめよう」というスタンスで、線の影は「甲子園目指そう」みたいなかんじ。手にとる人のレベルや求めてるスキルにより、価値の感じ方は大きく変動しそうです。

「柔らかそうな陰影」のつけ方はとても参考になる

「立体感を出すのに陰影知識があると便利」

個人的に、本書でとても参考になったのは『柔らかそうな陰影のつけ方』でございます。

言わずもがな、陰影のつけ方は立体的な絵を描くために必要な知識。たとえば上記画像の左の絵、右の絵の違いを見ていただければ分かるように、陰影の付き方次第で絵の印象がガラリと変化するんですな。

んで陰影のつけ方は絵師さんにより個性が出やすいポイントでして、たとえばワンピースの尾田栄一郎氏、デスノートの小畑健氏、ジョジョの奇妙な冒険の荒木飛呂彦氏など、各先生の個性がズバッと反映されとるのが陰影のつけ方でございます。

toshiさんの陰影のつけ方は『シンプルなのに、めっちゃ柔らかそうな雰囲気』でして、個人的にこれがとても好みです。

陰影のつけ方は「ヒロマサのお絵描き講座」でも述べられてないので(2019年8月現在)、「影のつけ方わからんー」「光りの当て方わからんー」て方は、本書から得られる情報も多いのではないかと。

とはいえ、本質はやはり『解説つきの画集に近いかな』という印象があるので、まずはPixivのtoshiさんの絵や店頭在庫をご覧になって「こういった絵の1ポイント解説が書かれてる本なのかー」とイメージしていただければ良いかと思われます。そのうえで「2,000円出して得る価値がある知識だ」と思えば買えばいいし、「それほどでもないかな」と思えばスルーすればオケ。

というのも前述したように「現在のスキルや悩み」によって価値が変動しそうなので、いまピンとこなくても1年後、2年後に「これだ!」と思うこともあるかと思いますので。

では以上です。ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)