習慣を作のに役立つハーバード式20秒ルール

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

習慣化ってむずかしいもんで、やらなきゃいけないことは中々続けられないし、やめなきゃいけないことは中々やめられないもの。

そんな時におすすめされるのが『20秒ルール』という習慣化のテクニックでございます。やり方はとってもカンタンで、

  • 習慣化したいこと:スタートの手間を20秒短縮する
  • やめたいこと:スタートの手間を20秒長くする

たったこれだけ。

スポンサーリンク


20秒ルールとは

「スタートが20秒遅れれば、めんどくさくなる」

20秒ルールはハーバード大学ポジティブ心理学講師ショーン・エイカーが「幸福優位7つの法則」という本の中で提唱したテクニック。

Google、appleなど有名企業のコンサルタントも務める人物ですな。

んで、前述したように20秒ルールとは「なにかを始めたいなら、始めるまでの手間を20秒減らすよろし」というだけのテクニックです。

人は少しでも「めんどくさい」と感じたことは先延ばしにしてしまうので、その習性を上手くつかうわけですな。

たとえば、習慣化したいことはスタートの手間を20秒減らし、遠ざけたい習慣はスタートの手間を増やして「めんどくさいなぁ」という状況をつくればオケ。

  • 運動を習慣化したい:運動をスタートする手間を20秒減らす。たとえば前日にトレーニングウェアで寝て、着替えの時間を短縮
  • ブログを書くのを習慣化したい:ブログ執筆のスタート時間を20秒減らす。たとえば新しいパソコンを買ってPCの電源を入れて立ち上がるまでの速度を上げる
  • テレビを見る時間を減らしたい:テレビの起動をめんどくさくする。たとえばリモコンの電池を抜くなど
  • SNSを見る時間を減らしたい:SNSの起動をめんどくさくする。たとえばフォルダを50階層にし、アプリを探すのをめんどくさくするなど

みたいなかんじ。

たしかにそうだなと、うなずいてしまうねぇ

著者エイカー氏はギターの練習を習慣化するため、クローゼットに置いてあったギターを廊下に置き直したそうな。クローゼットは1日に1回開けるかも怪しいけど、廊下は頻繁に通るので手にとりやすくなったわけですね。

自分もウォーキングを習慣化するために「前日にトレーニングウェアで寝て着替え時間をなくす」「荷物は持たないときめる」の2つを意識したら見事に毎日の習慣にすることができました。

『if-thenプランニング』と合わせれば、より強力になると思うので、よかったらそちらも参考に。

では以上です。ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)

ABOUTプロフィール

たっつー

ドラえもんが好きなゆるくて意識低いブロガー。肩の力を抜いてゆるく生きる方法や趣味をまったり配信しています。 絵や音楽を作るのも好きです。YouTubeにてゲーム実況や、動画マンガの作画担当もしています。宜しくどうぞ(^ω^)

おすすめ記事(一部広告含む)