メンタルが良くなる目標の立て方が見つかった件

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

「良い作品づくりは、良いメンタルから!」が合言葉の当サイト。

というのも自分が元々めっちゃ豆腐メンタルなもんですから、メンタルを安定させる方法は定期的に調べてるのであります。

で、いつものようにフラフラ「パレオな男」さんを読んでたら『メンタルが弱い人と強い人は、目標の立て方が違うぞ』というデータがあったのでシェア。

スポンサーリンク


鬱の人も「目標達成したい!」という意欲は高い。だが…

「攻めるか、逃げるか」

本件は93名の男女に、人生の目標を片っぱしからリストアップしてもらった実験。被験者のうち42名は大鬱病でメンタルが病みまくっていて、51名は鬱病経験なしとのこと。

そんで研究チームは、被験者が出した目標を2つのグループに分類。

  • アプローチ目標:望んだ結果を出すことに集中するタイプ。たとえば「絵を描く時間を縮めるぞ!」など
  • 回避目標:望まない結果を避けるために集中するタイプ。たとえば「嫌な人をスルーしたい!」など

ざっくりいえば「攻める」「逃げる」という2パターンの目標があったというんですね。そのうえで、被験者のメンタル状態と照らし合わせてみると…。

  • 鬱でも人生の目標は失われない:鬱の人の目標の数は健常者と同等だったとのこと。「目標を達成して人生を良くしたい」と思ってる傾向も健常者と同じ
  • の人は「回避目標」が多い:欝の人は圧倒的に「回避目標」が多く、目標の達成度も低かった。それによりさらに欝が加速していた
  • 鬱の人は「ふわっとした」目標が多い:鬱の人は「幸せになりたい!」「人気者になりたい!」など、具体性がない目標が多かった。それでさらに目標達成度が下がるので負のスパイラル

とのこと。

つまり「回避目標」「ふわっとした目標」ほどメンタルが病みやすく、鬱を加速させる恐れがあるんですねぇ。うーん、わからんでもないなぁ。

研究チームはこれを『モチベーションを欠いた目標』と呼んでいて、目標達成度を下げる要因と考えているみたい。

そこで「アプローチ型」「具体的目標」だッ

「フゥゥゥーーーーッ☆」

『モチベーションを欠いた目標』を回避する方法として、研究チームは以下の対策案を出しています。

  • 回避目標より、アプローチ目標に注意を向ける:たとえば「もっと楽しい職場を見つけたい」ではなく「今の職場をもっと楽しくしよう」という目標
  • ふわっとしてない具体的目標を立てる:たとえば「人気者になる!」ではなく「You Tubeでゲーム実況をやって影響力をつけよう。そのためにまずは…」みたいなかんじ

まぁ、大きな目標を立てるとそれはそれでメンタルを病む原因になるので、大きなゴールから逆算して『今日のうちにできることはなにか』ぐらいまで落とし込むのが良いのではないかと。

たとえば「You Tubeでゲーム実況やって影響力をつけよう」なら「てことで今日も1本収録だ!」「昨日より5分タイムを縮めるぞ!」ぐらいの小さなことを日々のモチベーションにしたほうが良いということですな。

さっそく自分も今日から、アプローチ目標を意識しようと思います。

以上です。ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)