「最高の未来を想像しましょう☆」というアドバイスは長期的にはムダ

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

自己啓発やビジネス書では「自分が成功した未来を想像しましょう☆」と言われてることが多いのですよ。たとえば、

  1. 良い未来を想像する
  2. 活力がアップして行動も変わる
  3. 願望が現実になる(メシウマ)

な理屈ですね。恥ずかしながら、自分も根拠なくそんな発言をしてた時期がありました。

で?これは果たして本当に正しいのか気になるところですが、調べたら「メタ分析(※)」で決着がついてたので、ご紹介します。

(※)すんごい信憑性高いデータのこと

スポンサーリンク


心理学的に『未来を想像して実現する』方法

「想像が現実を変える力は、ちょっぴりだけある」

さて、想像で未来が変わる…というと、ウソっぽくて目を細めてしまいますが、想像が性格をちょっぴり変えるというデータは意外と多め。たとえば当サイトでも、

などをご紹介したことがありました。ざっくりいうと「自分は頭がいいんや!」と思うと、プラシーボで多少IQが上がるというデータですね。

なるほどです

では「理想の未来」を想像すれば、理想の未来にふさわしい性格に変われるのか?自己啓発やビジネス書では『Best Possible Self Intervention(最高の自分介入法)』というテクニックが紹介されることが多いです。

  1. 最高の未来を想像する:いつまでに、どれぐらい成功してるかも細かく決める
  2. 成功は現実的な範囲にとどめる:パチンコで4億円!とかじゃなく「ユーチューバーとして食えるようになった」など
  3. 細部まで紙に書きだす:デジタルよりアナログのほうがよし

て、かんじ。有名なテクニックなんで、やったことがある人もいるかもしれません。

で、この『Best Possible Self Intervention』には本当に効果があるのかを調べたメタ分析を、ニューイングランド大学がおこなっていました。

これで一先ず『Best Possible Self Intervention』に効果があるか、ないかの論争は決着とみてよさそうです。

願望で前向きになれるゥーッ(1日だけ)

「効果はあるが、すごく短い」

ニューイングランド大学は『Best Possible Self Intervention』に関する過去の実験データから質の高い29件を精査。その結論は以下のようになりました。

  1. 成功した未来を想像するとポジティブになれる
  2. しかし、ポジティブになれる効果はかなり少ない
  3. ポジティブになれる期間は長くて1~2日ぐらい
  4. やればやるほど効果が低くなる

とのこと。

てなわけで「1-2日ほど前向きになれる」効果はあるものの、費用対効果は悪そうですね。もちろん、本当に理想の未来を実現できるようになれることもありません。

うん、知ってた

んで、人は「理想と現実のギャップでメンタルを病む」「前に進んでる感覚がないとモチベが崩壊する」ことがわかってるので、むしろデメリットのほうが上回ってしまうのでは?というのが正直なとこですねぇ。

壮大な夢を描けば描くほど「いつまでもたどり着けない」不満足感と付き合いつづけなきゃいけなくなるので、夢や目標は持たんでええよ、よしんば持つとしても、今日、明日で達成できることだけでええよ、てのが心理学的な考え方。

ボクもこれには同意見でして、たとえば「ブログのアクセス数」「ユーチューブのチャンネル登録者数」「収益」など、自分の努力だけではどうしようもないこと(運の要素も多分にあるので)は、一切見るのも気にするのもやめました。

代わりに「1日の投稿数」「1つの記事にかかる時間を短くする」など、その日のうちに自分の努力だけでどうにかできることを目標にするようにしています。

もちろん、未来の想像を止めるのは難しいですが「絶対にかなえるんじゃあ!」と気合いれるとメンタルがポッキリ逝ってしまうリスクがあるので、テキトーに「叶えばいいけど、期待はしないよん」ぐらいでいいんじゃないかと。

以上です。ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)