人は『いま』に幸せを感じないようにできてるんだとさ

たっつー
たっつー(@kaopro1)です。

「今日より良い明日を目指そうじゃないか」と主張してる当サイトですが「人は『今』に幸せを感じないようプログラムされてるから、あんま気にすんなよ」とのコラムを知ってズッコケております。

なんだとォ

著者はノックス大学フランク・マックアンドルー博士。

スポンサーリンク


【疑問】ポジティブ心理学で幸せになってる人が全然いない件

「不幸を感じるヒトは増えるばかり」

博士が疑問に思ったのは「ポジティブ心理学や、認知行動療法の研究は進んでるけど、幸福になってる人は増えてなくない?」てこと。うん、たしかに。

そんで博士は、人に備わったバイアスを色々調べてみたんだけど、以下3つに注目したそうな、

  • 楽観バイアス:根拠なく「未来はいまより良くなってる」と思う心理(「結婚したらきっと幸せに違いない」など)
  • ボリアンナ効果:過去の嫌なことは忘れ、良かったことだけ誇張する心理(「辛いこともあったが学生時代は最高だった」など)
  • 快楽の踏み車:良いことがあってもすぐ慣れてしまう心理(「結婚したら幸せと思ったけど、もっと別の幸せもある気がする」など)

以前まとめた「バイアスガイトライン」にも書いた3つですね。

煎じ詰めればヒトは「過去は良かった」「未来は今より幸せなはずだ」「今の幸せには慣れた」と思いやすいから、いつも「いま以外が幸せ(なはず)」という気持ちを抱えてるんだ、と。うーん、思い当たる節があるなぁ。

ヒトは「不幸感」のおかげで進化し、発展してきた

「”不幸感”が人類を発展させた」

てことで、どうやらボクらは、現状に満足できないバイアスを生まれながらに備えてるっぽい。もちろんそれには理由があって、博士いわく「遺伝子を後世に残したいというプログラムだろうねぇ」とのこと。たとえば、

  • 今は不幸せ…でも未来は幸せなはず!(楽観バイアス)=モテたい活力に
  • 今は不幸せ…でも過去は幸せだった!(ボリアンナ効果)=がんばってモテよう
  • 幸せだった…が慣れてしまった(快楽の踏み車)=浮気してでも子孫を残したい活力に(笑)

みたいなプログラムじゃない?とのこと。つまり、人が進化し生き残る過程で『必要だから備わった性質』と推測できるんですねぇ。

「ヒトは『今』がもっとも不幸」と気づくだけで楽になる

「バイアスを認知すれば、行動は変わる」

とどのつまり、ボクらは「『今』をもっとも不幸せに感じる」という話でした。なので、現状に満足できなかったとしても、それは正常というわけですな。

博士いわく「人間はそういうものだ、と認識するのが、バイアスから抜け出す第一歩だ」とのこと。以前、メンタリストDaiGo氏が「突破力」で述べていたことと同じでございます。

「過去」や「未来」を想像することが不幸な気分を助長するなら、マインドフルネスのトレーニングも効きそうだなぁーとか思ったり。

さっそく今から10分瞑想でもしてみるか。

以上です。ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)