弱さを認めて気楽に生きる:セルフアクセプタンス入門

たっつー
たっつー(@kaopro1)です。

当サイトでは「てきとーに生きんべ」「夢や目標はいらねーべ」と主張しています。

弱さや失敗は受け入れ、過去への後悔も、未来への希望も抱かず、ただ粛々と『今を生きる』のが良いのでは?という禅のような考えですな。もちろん色んな科学データを基にしています。

てことで今回は『肩の力を抜いてテキトーに生きるセルフアクセプタンス入門』という内容でお送りしましょー。

スポンサーリンク


セルフアクセプタンスとは

川を流れる葉のように、ただ、身をゆだねる

近年の心理学で流行っている『セルフアクセプタンス』とは、ざっくり言うと「自分を受け入れる」こと。環境、才能、感情など、あらゆる点を受け入れることを指します。

たとえば、人生という川の流れに抗わず、流れを受け入れてユラユラ下流へ下っていくようなもんですな。自分を否定せず、肯定もせず、瞬間、瞬間の景色を楽しみ、憂い、マインドフルに生きることがセルフアクセプタンス。

なるほど、さっぱりわからん

まぁ、ざっくりいえば「もっと肩の力抜いて気楽に生きようぜ、ムリなもんはムリだから、HAHAッ」でござる。

現状を「受け入れない」姿勢は、メンタルの崩壊を招く

「いーんだよ、流されて」

とかく我々は「人間には無限の可能性があるんだから精いっぱい抗おうよ☆」「流されるだけなんでダメ!好きなことしなきゃ☆」と洗脳されがちですが、そういった価値観に、

しゃらくせぇわと一石投じるのが、セルフアクセプタンスなんですねぇ。

  • 無限の可能性がなくてもいい。自分に配られたカードで生きていく
  • 周りに流されるのもまた人生。今は今の環境を生きている

ようするに気楽に生きようよ、と。

そもそも、だ

たとえば努力で天才を超えるのはムリなんだから「なんで自分には才能ないんだー」「あの時もっとあぁしていればー」と考えるより、今できること考えてみようぜ、ということなのですよ。

参考記事:いくら頑張ろうが努力しようが天才には勝てんよ、だが…

たとえば現代人は「過去に選択をミスった自分がいる」「未来には夢を叶えてる自分がいる」と思ってしまいやすいらしく、現在と過去のギャップ、理想と現実のギャップに苦しんでメンタルを病みやすいんですな。ちなみに狩猟採取民族には、こういった傾向は一切見られないらしい。先進国の病ということ。

なるほど、たしかにそうかも

なので、セルフアクセプタンスを鍛えて、気楽に肩の力を抜いて生きたほうが『生物として自然な姿』に戻れて健康的なのではないかと、思う次第です。

当サイトのスタンスは「何かを手にして幸せになろう」ではなく「余計なモノ減らして幸せになろう」というミニマル思考なので、セルフアクセプタンスとも非常に相性が良いかと。

セルフアクセプタンスの鍛え方:名言セラピー+瞑想

「Let Go の精神を鍛えよ」「ファ?」

では、セルフアクセプタンスはどうやってトレーニングすればいいのか。ノースウエスタン大学が2013年に、50名の被験者を対象におこなった実験が参考になりそうです。

この実験は「被験者にLet Go精神を植えつける」ことを目的として行われたもの。Let Go精神とは「現状をあるがまま受け入れる精神」のことで、マインドフルネスの概念に近いですね。

実験につかわれたのは『名言セラピー』と『瞑想』の2つ。これらのトレーニングを積んだ被験者は、

  • ストレス性のやけ食いが60%減
  • ストレス性のムダ買いが60%減

という変化が生まれたらしい。なるほど、ストレスが減って、セルフコントロール力がアップしたんですね。

名言セラピーとは

名言セラピーでは、セルフアクセプタンスに関する名言を被験者に読んでもらったらしい。それだけで十分に効果があったとのこと。

たとえば以前、ボクがツイートしたこういうの。

まったく偶然ですが、この2つの名言は同実験でも使われたんだそうな。つまり、似たような名言を読み漁れは、セルフアクセプタンスを鍛えるトレーニングになるんですねぇ。

名言探しがめんどくさいなら、当ブログの「日記」カテゴリを見るのもいいかもしれません。セルフアクセプタンスに基づいた価値観を発信してることが多いので。

 

瞑想セラピー

当実験では、認知行動療法の「川と葉っぱのイメージ訓練」に似た瞑想法が利用されています。

研究チームがリリースしたガイドはこんなかんじ。1分ほどで終わります。

『川と葉っぱのイメージ訓練』

  1. リラックスして目を閉じる
  2. 川のそばに立っているところを想像する
  3. 水のなかに魚が泳ぎ、川沿いにはユリの花が咲いてるのをイメージ
  4. 小さなボートがただよってきたことをイメージ
  5. ボートに「いま自分がこだわっているもの」を乗せて、ゆっくりと川下へ押す
  6. こだわりがどんどん遠くへ離れていく様子をイメージする

以上です。1分で終わるのはありがたいですね。もちろん、5分、10分とやってもOKです。こだわりをボートに乗せて、どんどん川下へ流していきましょう。

自分もたまにやるんですが、ズシーンとリラックスできる感覚があります。以前ご紹介した『脱フュージョン』と似て、心と感情を切り離せるからかもしれません。

まとめますと:名言を読む!1分瞑想する!

とどのつまり、結論はこうなんだぜ

ということで、セルフアクセプタンスを鍛えるには

  • こだわりを捨てる重要性を説いた名言を読む
  • 川と葉っぱのイメージ訓練(最短1分でOK)

の2点をトレーニングすると良いみたい。じつは、自分は図らずもこの2点は定期的におこなっていたのですが、それが理由で、今みたいにテキトーな思考なのかもしれません(笑)

「こだわり」「しがらみ」から解放されたいならおすすめ。

以上です。ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)