お色気マンガ家は無罪なんや!犯罪を助長するなんてウソなんや!という話

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

性描写がキツい漫画は性犯罪を助長するから規制すべし!と昔から言われてるわけですよ。

たとえば「To LOVEる」に影響されたヤツが、現実で文字どおりトラブル起こすからお色気禁止すべし!という理屈ですね。

まぁお色気マンガの好き嫌いはさておき「嫌いだから禁止」では、脳のシワ一本も増えんし、無実の女性たちを次々と拷問に処した魔女狩りとかわりないわけですよ。

とどのつまり自分は、お色気マンガを救いたい、罪なき漫画家の方々の名誉を守り、今後も素晴らしきお色気作品をリリースしてもらいたいのであります。

てことで、参考になりそうなデータを探してみました。

「しずかちゃんがお風呂に入れなくなったときが、日本マンガ産業終焉のときじゃよ」

スポンサーリンク


メディアの性描写と犯罪増加の因果関係データ

「幽奈さん読んだことないんだけどなッ」

さて、今回参考にさせていただいたのは、毎度おなじみ「パレオな男」さまの記事でございます。

興味深いデータが3件ほどご紹介されていました。

1・お色気漫画は悪影響だ!派にとって有利なデータ

ディアの性描写と人間の攻撃性に相関関係がある!

まずは、ウィスコンシン大学が2015年におこなった「メディアの性描写と性犯罪の関係性」調べたメタ分析(こちら)、メタ分析とは論文の論文のことで、カンタンにいうと信憑性高めなデータでございます。

同大学は22件の過去の観察データから「ポルノ視聴時間と行動の変化の関連性」を7か国分ピックアップ。そして判明したのが、

  • ポルノを多く消費する人ほど、攻撃的な性行動に結びつくような思考を持つ

ということ。

つまりポルノを多く消費するヤツは、攻撃的な行動に出てもおかしくないだろう、てことですな。ただこの実験には問題点も多く含まれてまして、

  • ポルノを見たから攻撃的になるのか、元々攻撃的な人がポルノを好むのかが判別できない
  • 「問題行動」の定義が広義すぎる:セクハラ発言(「最近、彼氏とどうなの?夜のほうは」などの発言)も、問題行動とカウントされている
  • とどのつまり『性犯罪を助長する』というデータには成りえていない

てことで、決定打に欠けているのが現状、つまり推定無罪。

僥倖…!なんという僥倖…!

以前ご紹介した「暴力ゲームで暴力的人間性になるのか問題」と似てますね。

今のところは「嫌だから禁止すべき」の域をでてないわけでして、問題行動が増えるから禁止せよ、ということになると、刑事ドラマは?ニュース番組は?ヤンキー漫画は?You Tubeは?と、果てしない検証が必要になるかもしれませんねぇ。

2・お色気マンガは無罪だ!派にとって有利なデータ1

「お色気マンガが普及するほど、性犯罪は減っている…!」

つづいて、お色気マンガ推定無罪の信憑性を高めてくれそうなデータを2件ご紹介。

まずは1991年の研究(こちら)アメリカ、西ドイツ、デンマーク、スウェーデンの過去20年の性犯罪データを調べたうえで、性的メディアの普及率との相関性を調べた研究です。前述したウィスコンシン大学のメタ分析より、今回の趣旨に近いですね。

んで、結論をいうと『性的メディアの普及率と、性犯罪数に相関性はなかった』とのこと。

どころか、西ドイツでは、性的メディアの普及とともに、性犯罪が減ったデータが出たそうです。

なんだとォ

「そんなの西ドイツに限った話だ!」と思われそうですが、同様の現象はわが国、日本でも確認されています。

1999年の研究(こちら)では、日本とインドネシアでも「性的メディアは普及したが、それに反比例し性犯罪率は下がっている」のだそうな。まぁ報道が増えることと、実際の犯罪の数が増えるのは違うわけですな。

この日本のデータは研究者を驚愕させ「こんなにヤベー性描写メディアが出回りまくってるのに犯罪率が下がってるジャパン!ハンパねー!」と言わしめたほど。

世界よ、これが日本だッ

まぁだからって「お色気メディアで犯罪率下がるからどんどん発行すべき!」と言えるほど精度が高い研究じゃないのも悩ましいところ。というのも犯罪が減る理由は色々と考えられますからね。経済の安定かもしれんし、警察の安定かもしれない。

しかし、性的メディアの数が増えるにしたがい、性犯罪の数は減っている、のは揺るぎないデータでございます。

3・お色気マンガは無罪だ!派にとって有利なデータ1

「勝利…!圧倒的勝利…!」

最後にもう1つ、マヒドン大学が2006年にリリースした論文(こちら)をご紹介。なんでも、応用経済学?の操作変数法?を使った統計だそうな。

なるほど、さっぱりわからん

うん、まぁざっくりいうと、色々複雑な要素がふくまれる問題を解くときに使われる手法みたい。んで調べたのは、

  • インターネット普及前の性犯罪データを調べる:具体的には1990年代以前のデータ
  • 私書箱の利用者増加率を調べる:私書箱増加率と、性的メディア普及率には明確な相関関係があるそうな。「Amazonで買えばバレない(キリッ」てのと同じ
  • 性犯罪と性的メディアの横断研究に、私書箱のデータを組み込む
なるほどな、さっぱりわからん

まぁつまり、こういうこと。

  1. 私書箱の増加と、性メディア増加はハッキリ相関している
  2. もし性メディアで犯罪が増えるなら、私書箱の増加に伴い、性犯罪が増えてないとおかしい
  3. でも、私書箱が増えたから性犯罪が増加したってデータはない

結論、「To LOVEる」も「地獄先生ぬーべー」も無罪!

まとめますと

てことで「お色気マンガは性犯罪を助長する」問題は、いまんとこ推定無罪。

もちろん、今後の研究でくつがえる可能性もあるものの「嫌いだからこの世から消えてなくなれ」と言うのはあんまりかな?というところです。どころか、性メディアの普及で、性犯罪を抑制できる可能性すら見えているわけですからね。

我々は、本当は世に多大な貢献をしている性的メディアに関わる人達の美しき仕事を、たいした根拠なく踏みつぶしていたのかもしれません。

少し泣く

ぜひとも、お色気マンガ家の皆様方には、誇りを胸にお仕事に励んでいただきたいところ。

「オレたちの仕事は、人々を犯罪から救っている(かもしれない)のだ」

と、心の中でドヤってもバチは当たらないはずです。少なくとも自分は、偉大なお仕事をなされているお色気マンガ家の方々にリスペクトの念を抱かずにはいられません。

敬礼ィィーッ!

んじゃ、ばいびー♥

PS. 議論はムダなのでスルーすればOK

ちなみに反対派のヒトを、こういったデータで説得するのは無意味、という研究データもあります(笑)

とどのつまり人は「データがあろうがなかろうが、嫌いなもんは嫌い。そしてその考えは変えない」ので、説得しようと議論するのは時間のムダ。

そんなことに時間をつかうより、作品をつくったり、読書したりしたほうが、はるかに人生に役立ちそうかな、と思ってしまう午前6時なのでした。

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)