食物繊維レジスタントスターチ摂取用にポテトスターチを買ってみた

名著「最高の体調」を読んでから、腸内環境を良くするために色々試しています。

その一環で、腸内細菌のエサとなる食物繊維「レジスタント・スターチ」の接種用にポテトスターチを買ってみました。

ポテトスターチをiherbでチェック

「アンチエイジングになる」「ダイエットに効く」などと言われる成分ですが、そろそろ使い始めて3週間になるので、使用感をまとめます。

腸内環境を整える方法6ステップ」も合わせてご覧いただくといいかもしれません。

レジスタントスターチとは:効果やデータ

こちらがポテトスターチ。この中にレジスタントスターチが含まれとります。

レジスタントスターチは、小腸で吸収されないでんぷんの一種。ジャガイモ、冷ごはん、さつまいも等にもふくまれてますが、足りないときの補給用にポテトスターチを買ってみました。

  1. レジスタントスターチが腸にとどく
  2. 腸内細菌さん達、狂喜乱舞、むしゃむしゃ
  3. 腸内細菌さん達、元気MAX、体調良くなる
  4. タツさんも元気、メンタルも良好

という効果が期待できるわけですね。

アンチエイジングにも効くみたい

前述したように、レジスタントスターチには「アンチエイジングになる」「ダイエットに効く」「体調も良くなる」というデータが報告されています。

2017年のメタ分析や、コロラド州立大学がおこなった実験データを見てみると…。

  • 排便の量がドバッと増える:お通じが良くなる。これは自分も効果を感じてるところ
  • アンチエイジングになる:腸内の壁を守る酪酸量がガッツリ増えるのでリーキーガットが治る効果も期待できる
  • ダイエットに効く:体脂肪燃焼スピードがアップする。さらに、満腹ホルモンが出るので1日の摂取カロリーをおさえられる

とのこと。

ダイエット効果は「ホエイプロテイン」と合わせるとさらに上がるみたいなんで、こないだ買った、ファインラボのプロテインと併用してます。

関連記事:筋トレ好きが高評価してる『ファインラボ ホエイプロテイン』を買ってみた

昼食にポテトスターチを混ぜたスープを飲むと、満腹感が増していい感じです。

ポテトスターチの飲み方:適量やタイミング

袋を入れ替えたら、空港の荷物検査で止められそうな見た目に(笑)

適量や飲み方は以下のとおり。

  • 適量:1日10~30g
  • タイミング:食事と共に
  • 飲み方:少量ずつスープに混ぜる、など

前述した実験(2017年メタ分析、コロラド州立大)では、1日20~45gのレジスタントスターチを摂取してたみたいなので、毎日30gを食事に混ぜていただいてます。

ただ、大量摂取で体内にガスが増える危険性もあるので、まずは1日10gで試しながら、徐々に量を増やすのがいいみたい。

飲み方は少量ずつスープに混ぜるのがおすすめ。一気にドバッと入れてしまうと、トロットロですごく食べにくくなってしまいます(苦笑)

過熱するなら70度以下

レジスタントスターチは過熱調理すると効果が失われやすいことがわかってますが、そのあと冷やせば元にもどるそうな。

ポテトスターチも「過熱するなら70度以下」が良いみたいなので、フライパンでの過熱調理に混ぜるより、スープに混ぜるほうがいいのかなぁーと思ってます。

ポテトスターチをiherbでチェック

レジスタントスターチを簡単に摂取する方法

レジスタントスターチはジャガイモに多く含まれるので、ジャガイモからの摂取でもOK。

中サイズのジャガイモにつき10gもレジスタントスターチが含まれてるみたいです。

前述したように過熱すると効果が失われてしまうので

  1. 茹でる
  2. 一晩冷蔵庫で冷やす
  3. レンジで温める

というコンボにしたほうが良いとのこと。さて、ではスープとジャガイモでも買ってくるかな。