プチ断食の効果:朝食抜くと集中力・判断力が上がることが判明

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

空腹状態の方が集中力・判断力が上がることをオランダユトレヒト大学が発見したそうな。へぇ~。

自分もリーンゲインズというプチ断食を試してますが、これはやりがいがありますね~。ちなみにプチ断食のメリットはというと、

  • 合理的判断能力が増す
  • 集中力が増す
  • アンチエイジング(老化が防げる)
  • 自制心が増す(誘惑に強くなる)
  • ダイエット効果

てなかんじ。では研究データの方を確認してみよー。

スポンサーリンク


空腹の方が判断力が増す…!?

ユトレヒト大学は被験者を2つのグループに分けて実験したそうな。

  • 23時から朝まで断食したグループ
  • 同じように断食後、朝食を食べたグループ

そして2つのグループにアイオワ・ギャンブリング課題というチャレンジを行ってもらった。

アイオワ・ギャンブリングってのは簡単にいうとギャンブルゲームで、A~D4つの山からカードを引き、当たりなら報酬が出て外れなら罰金が課せられるというもの。

もちろん仕掛けがしてあって、AとBはリターンが高額だけど外れの罰金も高額、なのでやればやるほどC・Dの方が得になるんですな。つまり途中で合理的判断ができれば「C・Dの方が得」と気付けるし、逆に目先のことにしか頭が働かない場合はA・Bを選びやすいというわけです。

結果、朝食を抜いて断食状態のグループの方が得な判断を下しやすかったそうな。

へぇ~…なんか不思議です

こてとで、早速試してみた結果…

前述したように、ぼくもリーンゲインズというプチ断食を実践中。判断力が上がったかはわからないけど、思考が冴える感覚はありますね~。

プチ断食はじめる前とくらべると、机に向かう集中力は劇的に上がったように感じています(まぁ個人的感想ですが)

リーンゲインズについて詳しくまとめた記事は以下を参照に。

ぼくは朝を抜いて昼ご飯を16時までズラしてるのですが、これならあんまツラくないのでおすすめ。

てか何で食べた後は眠くなるのか

なぜ空腹時の方が集中力が高まるのか?というか、なぜ食べると集中できなくなるのか?

それはまぁ…食べると眠たくなってしまうからなのですが、これは食事によりインスリンという成分が大量に分泌されることで起こる生理現象とされています。

こればかりは気合でどうにかできることではないので、食事を取るとその後数時間は集中できないものと割り切ることにしました。

なぜ老化防止効果があるのか

プチ断食は老化防止やダイエットにも役に立つんだぜ、摂取カロリーが抑えられるからね

プチ断食を行えば一日の総摂取カロリーが減少します。

摂取カロリーを減らせればダイエット効果があるのはもちろん、成長ホルモンの分泌が活性化するし体内の炎症レベル下がるので老化防止効果もあるそうな。

無理のないプチ断食状態の作り方

ガチで2~3日の断食をおこなうと健康や生命に影響するのでオススメしませんが、1日12~14時間のプチ断食はおすすめ、もちろん睡眠時間も含めてOKです。

プチ断食は男性は約14時間、女性は約12時間なら無理がないとされています。

  • 8時間睡眠+朝の4時間~6時間を断食

↑このようにすれば無理がありませんね。

この辺は生活スタイルによると思うので、あなたなりに12~14時間プチ断食できるサイクルがないか思案してみてください。

「朝ごはん食べないと調子でないんだけど…」という人はもちろん無理してプチ断食する必要もありません、自分が最も調子が出やすい食生活を実践するのが良いんじゃないかと思います。

まぁしかし科学の基本は「トライアル&エラー」なので、試してみてから判断するのがおすすめです。

では、ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)

ABOUTプロフィール

たっつー

「創作で生きる」をテーマに14歳で学校やめて個人事業主になったクリエイター、以来10数年、大道芸からゲーム実況まで趣味を仕事にして暮らしている。 【活躍内容】 1・絵師やゲーム実況者が二次創作に活用しやすいフリーゲームの制作| 2・創作に役立つノウハウ研究&シェア|

おすすめ記事(一部広告含む)