社会不適合者の生き方ガイド:仕事・結婚など…我が道を貫く?適応する?

たっつー
たっつー(@kaopro1)です。

世の空気に適応できない者は「社会不適合者」のレッテルを貼られ石つぶてを投げられるわけですが、心理学は意外と社会不適合者に優しかったりします。というのも、

「性格によって向き不向きあるのは当たり前じゃね?無理して合わせなくてよくね?」

てのが科学者たちの見解なんですな。自分も同意見です。

てことで今回は、社会不適合者が「社会に適合する」「我が道を貫く」ための科学的方法をご紹介します。

今日のテーマ
  • 社会不適合者が楽しく生きる方法を「統計で」考える

スポンサーリンク


社会不適合者のガイドライン:社会に適合するか or 自分を貫くか

たっつー
「自分を貫いても、幸せになれるとは限らない」

まず「社会不適合者」の定義が広すぎてモンゴルの草原のごとしなので、本記事では『多数派の生き方に賛同できない』程度にざっくり定義します。たとえば、

当記事の「社会不適合者」とは
  • 良い大学いって良い会社に就職するのが正解と思えない
  • 結婚して子供を授かるだけが幸せと思えない
  • 周囲の人と価値観が合わず仲良くできない
  • やりたいことがあるが世の空気やシステムに阻害される

みたいなこと。あれ、これ自分だ(笑)

さておき社会不適合者が世の中で生存する道は2つに1つです。社会に適合するか、自分を貫くか。

ライフハックやビジネス系ブログでは『好きなこと仕事にして自分を貫こうよ☆』てなことばかり述べられますが科学の見解はもっと慎重。「どっちでもいい。自分に合った道を選べ」てかんじですね。

というのも、自分を貫いたから幸福になれるとも限らないし、社会に適合するのが不幸せなわけでもないのです(これ大事)

あ…?

大切なのは『自分の遺伝的性質に無理のある行いをしていないか』ということ。

たとえば生まれつき不安症の人は「自分を貫こう」と考えるほど不幸になるし、生まれつき外向的な人は「空気を読もう」とするほど不幸になるというデータがあります(詳しくは後述)

とどのつまり、本当に大切なのは、あなたの遺伝的性質を知ること、そしてその性質に適切な生き方を選択することです。

「他人と違う生き方だから正義☆」ではないし「他人と同じだから完璧♪」でもないわけですな。

他人と違うかはどうでもよくて、自分の生まれつきの性質(遺伝)と見合った行動ができるかが大切。ようするに、

「人間に無限の可能性なんてない。生まれつき決まってることが大半だ。だから、その範疇で無理のないように生きろ。」

というのが科学的な考え方なんですねぇ。

社会に適応するのが向いてるならすればいいし、向いてないなら我が道を貫いたほうがいい、というわけ。その判断の仕方はこれから解説します。

なるほどです
ポイント
  • 「型にハマらない」から幸せになれるとはかぎらない
  • 何が正解かは「遺伝」でほとんど決まっている(これ重要)

ビッグファイブ診断:自分のパーソナリティを把握しよう

たっつー
「人の性質は、5つの要素で構成されている」

まずはあなたのパーソナリティを把握しましょう。

パーソナリティの把握は現代科学で最も信憑性があると言われている性格テスト『ビッグファイブ診断』でおこなうのが定番です。

ビッグファイブとは『外向性』『神経症的傾向』『開放性』『勤勉性』『協調性』5つの性質を測ることができる心理テストのこと。それぞれ特徴は以下のとおり。

外向性

積極性、社交性、明るさなど

外向性の特徴
  • 外向性が高い:人見知りせず活発的
  • 外向性が低い:人見知りで落ち着いている

神経症的傾向

周囲の感情察する力、精神の安定度など

神経症的傾向の特徴
  • 神経症的傾向が強い:洞察力があるし空気も読めるがメンタルが不安定
  • 神経症的傾向が弱い:メンタルは安定するが他人の痛みに無頓着

開放性

チャレンジ力、想像力など

開放性の特徴
  • 開放性が強い:飽きやすいが新たな発見をしやすく芸術肌
  • 開放性が弱い:保守的で一つの物事への対応に強い

勤勉性

自制心、集中力など

勤勉性の特徴
  • 勤勉性が高い:自制心がありコツコツ頑張ることに長けている
  • 勤勉性が低い:型にハマらず行動力がある

協調性

輪を乱さない、空気を読むなど

協調性の特徴
  • 協調性が高い:道徳的で周囲を調和できる
  • 協調性が低い:孤立するほど光るカリスマ性がある
ちなみに

ぼくがビッグファイブを診断してみた結果はこちら。外向性と協調性が飛びぬけて低いことから、100%社会に不適合なことがうかがえますねー。トホホ。

このように、複数のサイトで診断しても似たような結果が出るのが特徴。

参考程度にぼくの場合は「協調性がないので会社勤めは不向き」「開放性が高くクリエイティブなのでアート系の仕事に向いてる」という感じでしょうか。

ビッグファイブ診断できるサイト:ツール

正しい診断を受けるには膨大な量の質問に答えなくてはいけませんが、ここでは簡易的にビッグファイブを診断できるサイトをご紹介します。

簡易版ビッグファイブ診断サイト

ビッグファイブを把握したうえで、自分に合った選択をしよう

ではスタートだぜッ!

てなわけで、これから先は『向き、不向き』に関する心理実験データを色々ご紹介していきます。

誰もに当てはまる正解はありません。どのような生き方が正解になるかは『ビッグファイブで診断したあなたの性格次第』です。

てことで、いってみよー。

ポイント
  • ビッグファイブ診断とは:もっとも化学根拠ある性格診断
  • ビッグファイブ診断で自分の性格特徴を把握しよう

感情を隠して人と付き合うと:不健康になる

たっつー
「キャラづくりは自律神経を崩壊させる」

自分の感情と一致しない言動は、体調やメンタルを崩壊させることがわかっています。データを2件ご紹介しましょう。

まずはイスラエル大学が404名の女性を対象におこなった実験。全員にビッグファイブ診断を受けてもらい、そのうえで「対人関係の満足度」「自分の感情を偽る頻度」などを調べたそうな。

その結果、判明したのは以下のようなこと。

この実験の結果1
  • ネガティブな感情を隠すと:対人関係の満足度が大幅に下がり、風邪を引きやすいなど健康面の悪影響が見られた
  • ポジティブな感情を隠すと:対人関係の満足度は下がるが、ネガティブな感情を偽ったときよりマシ

との結果に。

つまり「自分と合わないなー」という人と無理して付き合うと負の感情が大幅に増すし不健康になるわけですな。

別件ですがテキサス大学の実験では、自分の感情を偽る人ほど「眠れなくなる」「落ち込みやすくなる」「慢性疲労になる」などの弊害も確認された模様。

さらに…

さらに面白いのは、このつづき。

この実験の結果2
  • 外向的な人ほど、自分を偽ることが大きなダメージになっていた
  • 内向的な人は、自分を偽ることは大きなダメージにならなかった

とのこと、おもしろいですねー。

研究チームいわく「内向的な人は自分を偽るのに慣れてるからダメージ受けないんじゃね?」とのこと、なるほど。

以上のことから、対人関係で自分を偽るのは要注意。とくに外向性が高かったなら気をつけたほうがいいかもしれません。

ポイント
  • ネガティブな感情を隠すのは人生の満足度を下げるし健康も害す
  • 外交的な人ほどそのダメージは大きい

素のキャラを偽ると:自律神経が崩壊する

たっつー
「素の自分」からかけ離れると体調がヤバくなる

続いては、心理学者ブライアン・R・リトルの著書「自分の価値を最大にするハーバードンの心理学講義」の中から『職場や学校に適応しようとして自分のキャラを偽ると、自律神経が崩壊する』というデータをご紹介。

たとえば1983年にキャビンアテンダントを対象に行われた実験や、テキサス大学の実験では、素の自分を偽っている被験者はハッキリと自律神経の乱れが確認されたそうな。具体的には、

素の自分を偽ることの不調
  • 風邪をひくやすくなる
  • 落ち込みやすくなる
  • 夜に眠れなくなる
  • 慢性疲労で疲れが抜けなくなる

ちなみに『素の自分』というのはビッグファイブの診断結果のこと。

たとえば本来内向的な性格な人が仕事のために無理して社交的なキャラを偽ると病んでしまうわけですな。

てことで、自分の性質を偽らなくてはいけない仕事、人間関係は避けたほうが心身ともに健康になれそうでございます。

という人には、リトル博士が提唱してる2つのフィックスをご紹介。以下の対策で少しはキャラ疲れを緩和できるんだとか。

価値観に沿ったキャラをつくる

自分の価値観を体現するためにキャラを作ればキャラ疲れはあまり起きないそうな。

たとえば「自分は人を楽しませたいから、あえて外向的なキャラを演じてる」みたいに明確な価値観がベースにあればオーケー。

素のキャラになれる回復場所を用意する

疲れたら素の自分に戻れる回復用スポットを用意したほうがいいとのこと。

たとえば本来は内向的なら休日は一人で森の中でアウトドアしてみる、など。

社会に適合する道を選ぶなら、お試しあれ。

ポイント
  • 素の自分(ビッグファイブ)からかけ離れた言動を続けると不調が出る恐れあり

リアセック診断:性格ごとに適切な仕事を見つけよう

たっつー
「性格に合った職業を選ぶと、収入が上がりやすい」

こと職業選びについては、ビッグファイブより優秀な『リアセック診断』というテストもあります。

自分に合った仕事選びには「リアセック診断」だ!という研究データ

2019年7月12日

リアセック診断は1950年代に生まれた手法で、6つの性格特性により『どんな仕事が向いてるか』判別できるというもの。6つの性質は以下のとおりです。

RIASECとは
  • 現実的(Realistic):現実的な性格。実用的なものを好み、技術職向き
  • 研究的(Investigative):知的な性格。好奇心が強くいので調査や発見に関する職業向き
  • 芸術的(Artistic):直感的で創造的。アート、デザインなどクリエイティブな仕事に向いている
  • 社会的(Social):親切で協調的。教師やサービス業向き
  • 企業的 (Enterprising):外向的で野心家。起業家向き
  • 慣習的 (Conventional):良心的で保守的。会計士や事務に向いている
たとえば

たとえば2017年の調査では、3,023名のリアセックを高校生の段階でチェック。

10年後にどんな状況か調べたところリアセック診断どおりの職について人ほど以下の特徴がみられたそうな。

診断通りの職についた人の特徴
  • 年収が高かった
  • 無職率が低かった
  • 結婚率が高かった

とはいえ、これはあくまで傾向。当たり前ですが職種によってバラつきがあるみたい。

  • 現実的タイプ、企業的タイプ:年収が高くなりやすく無職率は低い
  • 芸術的タイプ、社会的タイプ:年収が低くなりやすく芸術家は健康レベルも低い
  • 研究的タイプ:年収が高いか低いかの両極

とのこと。てことで、自分に向いてる業種を知りたいなら、リアセック診断を試してみる価値はありそうです。

正しく診断するには2,500円かかります。

簡易版で試すなら、以下のサイトを利用してみてください。

ちなみに、自分も簡易版を試してみました。結果は以下のとおり、ドンッ

てことで、おおよそ今の仕事が向いてるみたい。ホッ。

ポイント
  • 職業適性の診断はRIASECがもっとも根拠がある

ジョブ・クラフティング:つまらない仕事を楽しくする方法

たっつー
「好きを仕事に!しても幸福感に影響はない」

ちょっと本屋にいけば『好きなことを仕事にしよう☆』てな本がズラりと並べられてますが、心理学的には「好きなこと仕事にしても幸福度は変わらなんよ」というデータが出てたりします。

「好きを仕事に☆」しても幸せになる人はほぼいないと判明

2019年7月14日

ぼくもかれこれ15年ほど趣味を仕事にしてきたわけですが『好きなことを仕事にすることより、仕事を好きになれる環境のほうが大事だよなー』と思う次第です。

というのも、好きで始めたことも環境によって嫌いになることが往々にしてあるのが人間なんで、大切なのは「仕事の環境を良くする」ことだったりするんですねぇ。

たっつー
好きなことは一生好きなままでいられるはず☆なんて戯言なんやで

 

そこで心理学の世界で注目されてるのが、ジョブ・クラフティングという方法。

ざっくりいうと「つまらない仕事を楽しくする方法」で、2000年代から研究が進んでいます。

たとえば1997年に病院の清掃員を対象にした実験では、ジョブ・クラフティングを試した清掃員のモチベーションが一変。

はじめはイヤイヤ仕事していた従業員たちが、仕事に意味を見出し、やる気を出して働くようになったんだとか。

ジョブ・クラフティングは以下3つのポイントで実行されます。

1・セルフモニタリング

ポイント
まずは、感情や行動を日々記録ッ!

当サイトではおなじみのセルフモニタリングが、ジョブ・クラフティングの基本となります。たとえば「行動と感情」をノートに残しておくだけでも効果があるので「休憩中に同僚と話して楽しかった」「仕事の顧客と合うたびに緊張でストレスがある」などを書き記せばOK。

2・改善の方向性を決める

ポイント
仕事をどう変えたいか考えるッ!

セルフモニタリングをすれば「自分はいまの仕事の何に嫌悪してるのか」「何を楽しめてるのか」の両面が見えてきます。

そこで次は改善の方向性を決めましょう。具体的には以下3つをデザインします。

  1. タスク:仕事に必要なスキルや知識のなかから、より効果が上がりそうなことを考える
  2. 人間関係:同僚、客、上司など仕事で絡む人たちとの関係を良くする方法を考える
  3. 目的:仕事の意義を考える。たとえば「誰を幸せにできる?」「どんな社会貢献ができる?」など

2018年の論文によると『やったことがないことに挑戦する』『誰かと親密になったり、貢献したりする』ことほど、仕事のやりがいを高めてくれるみたい。

逆に「効率化」「自分の負担軽減」はあまり効果が見られなかったそうな。参考程度に。

3・仕事に新たな肩書をつくる

ポイント
肩書きを変えれば、仕事の意味が変わるッ!

ここでいう肩書きは心理的なものなので自分で勝手に決めたOK。

つまり、仕事の意味を捉えなおすことで、モチベーションを変化させるんですな。心理学ではリフレーミングと呼ばれるテクニックです。

たとえば前述した病院の清掃員のデータでは、以下のように仕事をリフレーミングさせたらしい。

  • 病院における清掃員の仕事は「治療」の一環
  • 清掃員たちは病院の「大使」である

なるほど、こう考えると清掃員という仕事の尊厳が高まりそうですね。

もちろん「好きなことを仕事に!」という姿勢を否定はしませんが、仮に好きなことを仕事にしても嫌いになるほど辛くなったら意味がないので、定期的にジョブ・クラフティングを試したほうがいいかな、と思う次第です。

なるほど、たしかにそうかも

プレディクタブル:わかりやすい人間になる

空気は、相手に読ませるもんだッ!

きずなと思いやりが日本をダメにする」という本があります。行動生態学者と、社会心理学者による対談をおさめた本で、いわく『現代は、空気を読まない人間のほうが有利な時代』とのこと。

とどのつまり、現代は社会不適合者にとって有利な時代だと、社会心理学者からのお墨付きが出たわけです。

僥倖…!なんという僥倖…!

ライフハッカーや自己啓発家の個人的感想ではなく、科学者から「空気読まないほうが成功するよ」とお達しが出たのはいいことですねぇ。著者の山岸俊男先生は「プレディクタブルな人となれ!」てことを推奨しています。

プレディクタブルとは、『わかりやすい人』のこと。自分の価値観やスタンスをハッキリ示し、スタンス通りに生きてる姿勢を自分からバシバシ相手に伝えることです。以前も事にしたことがありましたな。

つまりプレディクタブルは『相手に空気を読ませる』みたいなことなので、自分を貫いて生きるには必須のおこないではないかと。

  • プレディクタブルになる:価値観、やりたいこと、やりたくないことをハッキリ提示する
  • 相手があなたのことを理解する:言わずもがな、言葉にしなければ相手はあなたのことを理解しえない
  • 相手が空気を読んでくれる:あなたが「やりたくない」と言ってることは依頼してこなくなる
  • 邪魔が去り、同意見の仲間が増える:理念の旗には賛同者が集まる。同時に意見がそぐわない者が去るので、自然と人間関係がクリアに

ざっくりいうと「やりたいこと」「やりたくないこと」をハッキリ言葉にすれば、やりたいことだけできるようになるし、やりたくないことは遠ざかるわけですな。

てことで社会に適合したくない人は、ブログやYou Tubeで自分の信念、理念をガツガツ発信しまくってプレディクタブルを目指すのがおすすめ。

わかりました

結婚で幸せになれるかは性格による

「対人トラブルが苦手な人は結婚で不幸になる」

周囲の圧力が激しいことの筆頭といえば『結婚』でございますが、社会に適合して結婚を選ぶことで幸せになれる人もいれば、なれない人もいるみたいです。

オークランド大学の実験をご紹介しましょう。4024名の男女に「パートナーとの関係性」「対人トラブルが得意かどうか」を調査し、対人トラブルの処理能力が結婚の幸福度に影響するか調べた実験です。結果は以下のとおり、ドンッ

  • 対人トラブルが苦手:結婚すると幸福度が下がりまくる
  • 対人トラブルを気にしない:幸福になる

とのこと。パートナーとのトラブルはもちろん、家族、親戚、近所、学校の保護者会等、あらゆる対人トラブルの処理能力が幸福感と相関性があったというデータですね。

もちろん適応するか否かはご自由に選んでOKですが、無理する必要はないんじゃないかなーと思う次第です。

住む場所の適正は性格により異なる

「内向的なら山!外向的なら都会!海!」

バージニア大学が、921名の学生を対象に性格診断をおこなった実験によると、

  • 内向的な被験者は山、森を好む
  • 外交的な被験者は海、都会を好む

という違いがはっきりと出たそうな。内向的な人間が山や森を好む理由は「人がいないから」で、外向的な人が海や都会を好む理由は「刺激が多いから」ということみたい。

当たり前ですが、自分の適性に合わない場所に住む人ほどあらゆるパフォーマンスが低下する傾向にあり、中でも「自尊心」が大きく下がる傾向にあることがわかっています。つまり内向的な人は山など人があまりいない田舎に住んだほうが幸福になるわけですな。

まぁ、住まいを変えるのはカンタンなことではありませんが、前述した「キャラ疲れを防ぐ方法:回復場所を用意する」のように、休日だけでも自分に適した場所で過ごしてみるのがいいかもしれませんねぇ。

クロノタイプ:パフォーマンスが上がる時間は人により異なる

「ほとんどの人は朝から出勤に向いていない!」

体内時計どおりに活動できてる人は、40%しかいないと判明しています。これはノースイースタンイリノイ大学が、14,894名の学生を2年間チェックして判明したこと。具体的には、

  • クロノタイプ(体内時計)どおりの時間に授業を受けてた生徒は40%
  • 50%はパフォーマンスが上がる前に授業を受けていた
  • 10%はパフォーマンスが上がった後に授業を受けていた

てことだったんですねぇ。

なんだとォ

半分以上の生徒は『時差ぼけ』のような状態で授業を受けてたそうで、研究チームはこれを『ソーシャル時差ぼけ』と呼んでいます。言わずもがな、学校だけでなく会社も『朝スタートで夕方上がり』が一般的なので、夜型の人は著しくパフォーマンスが低い状態での活動を強いられてるわけですな。

とはいえクロノタイプは人により異なるので『これ』という解決策がないのが現状。せめて自分のクロノタイプの傾向を把握しておけば、スケジュールを選びやすいかもしれません。以下の記事を参考にどうぞッ

たとえば夜型の人が無理して朝仕事に適応するのは拷問に近いので、自分にとってベストな時間に働ける環境を探したほうがいいかもしれませんね。

一歩先をゆくオススメ本紹介コーナー

最後に、本日のテーマのおすすめ本を3冊ご紹介。

今日は『社会不適合な生き方の背中を押す本』をピックアップしました。

多動力/堀江貴文

ご存知、ホリエモンこと堀江貴文氏の一冊。自分もかなり背中を押されたものです。ただの自己啓発と侮るなかれ、書かれてる内容に科学的根拠があるものが多いのもポイント高し、ですね。

革命のファンファーレ/西野亮廣

生粋の社会不適合者、キングコングの西野亮廣さんの本。「誰になんといわれても我が道をゆく」生き方はもちろん、大ヒットした絵本「えんとつ町のプペル」の販売戦略を種明かしした内容となっておりまして、クリエイターとして作品を販売する手法も参考になる一冊です。

突破力 / メンタリストDaiGo

「限界を見極めて、上手に諦めることを学ぼう」という面白いコンセプトの本。具体的には『脳が起こす錯覚(バイアス)を認知し、打破する』方法が、エビデンスに基づく科学的内容で紹介されています。

以上です。ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)