ゲームと脳の科学#4 :FPSは脳が縮む!?ゲームやりすぎのデメリット

たっつー
たっつー(@kaopro1)です。

「ゲームは悪くない!脳に良いんじゃあ!」というデータを紹介する『ゲームと脳の科学』シリーズ。今回はダークサイドにも焦点を当てましょう。

結論からいうと『ゲームのジャンル、プレイ時間によって脳に悪影響がある』とするデータがあります。

『ゲームと脳の科学』シリーズはこちら

スポンサーリンク


週19時間以上ゲームをすると脳が縮む!?

「ゲームは1日1時間までよ!」は正しかった

まずは、グレゴリーウエスト大学がおこなった実験を2つご紹介します。

1つめは33名の被験者を対象に『ゲームをやる時間と脳の関係』を調べた実験。週にどのぐらいゲームをプレイするか調査したのちに、脳をMRIにかけました。

結果はこのようなかんじ。ドンッ

  • 週19時間以上ゲームをプレイしていると答えた被験者は、海馬の灰白質が小さかった
なんだとォ

海馬は記憶力をつかさどる重要な部位でございます。なるほどー。

ただ別の研究では「マリオ64を1日30分やると海馬が発達するよ」というデータもあるので、タイトルが問題なのか、時間が問題なのか、悩ましいところです。

そこで参考になるのが、同校によるもう1つの実験。今度は「ゲームのタイトル(ジャンル)による、脳の影響」を調べてくれています。

FPSゲームで脳が小さくなる!?

「FPSをやると、頭が悪くなるらしい」

もう1つの実験は43名の被験者を対象に、以下のようなデザインでおこなわれました。

  • グループA:「コール・オブ・デューティ モダン・ウォーフェア2」を90時間プレイ
  • グループB:「スーパーマリオ64」を90時間プレイ

コール・オブ・デューティはFPS(フロント・パーソナル・シューティング)のゲーム。上記画像(この画像はバイオ7)のように、自分の目線で3D空間を駆け回るタイプのゲームです。

対してスーパーマリオ64は映画やアニメと同じく三人称視点の3Dゲームですね。実験は10週間つづけられ、被験者には以下のような違いが出ました。

  • グループA(コール・オブ・デューティー)は灰白質が減った
  • グループB(スーパーマリオ64)は灰白質が増えた

とのこと。どうやらFPSゲームをやると、脳の灰白質が減るっぽいです。FPSはリアルなゲームが多いのに意外ですねぇ。

そんな

研究チームいわく

『多くのFPSゲームは、道案内のマーカーが用意されてたり、地図が表示されるパターンが多く、脳が楽できる構造になっている。脳が甘やかされることにより機能が下がるのではないか』

とのこと。なるほど、リアリティがあるようでいて、現実より脳をつかう機会が少なくなるわけですな。

対してスーパーマリオ64のように、謎解きが多くてガイドが少ないゲームは脳をつかう機会が多くなるので頭に良い、と。

個人的に謎解きは全然好きじゃないので耳が痛いかぎりでございます(笑)

ゲームする時間が長いと目先の欲望に弱くなる

「ゲーム依存で自制心が壊れる」

最後はカタルーニャ大学のデータをご紹介。「ゲームと脳」に関するデータ116件を精査した統計的レビューなので、データの精度はかなり高めです。

んで、判明したのは以下のようなこと。

  • ゲームをプレイすると脳構造と機能が変わる
  • 脳の報酬システムが変化し中毒症状と同じ状態になる
  • 報酬に弱くなり、外部からの刺激に反応しやすくなる(自制心が壊れる)

ざっくりいうと、ガマンができない、自制心が効かない、人になってしまうんやな。

少し泣く

優れたゲームは難易度がバツグンなので「欲しいタイミングで」「手軽に」報酬を受けとれるわけですが、言わずもがな、日常生活においてカンタンに報酬が得られるケースは稀なわけです。

となると現実世界はクッソ難易度高いゲームのように感じてイライラし、よりカンタンに報酬が得られるゲームの世界へと依存していってしまうわけですねぇ。SNS依存と同じメカニズムです。

  • ところが、仮想世界での報酬は、現実の生活に何一つ利益をもたらさない

たとえばパワプロで160Kmを投げる豪速球投手になっても、現実の生活は何一つ変わらないわけなので、現実と理想のギャップが開いて幸福感も下がってしまうみたい。

それもあり、アメリカ心理学会が公表した『やればやるほど逆効果なストレス解消法9選』にゲームが選ばれてしまっているんですねぇ。

たしかにそうだなと、うなずいてしまうねぇ

加えてジェームズクック大の研究では「報酬系が弱くなると、時間の進みが早くなる」ことも判明してるので、時間に追われるプレッシャーが増してしまい、人生がスカスカになっていく恐れもあり。

ただ、スマホやSNSの研究データでは「適度に離れれば依存心は和らぐ」こともわかってるので、やはり適切な時間を守ることが大事なんでしょうねぇ。

時間も守れば、ゲームには良い面もたくさんある

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」

てことで、ゲームと脳のデメリットな関係についてまとめてみましたが、ゲームは適切な時間なら脳にメリットがあることも数多く示唆されています。

それは過去の『ゲームと脳シリーズ』でもご紹介してきたデータで述べられてるとおりだし、今回ご紹介したカタルーニャ大学の研究でも、

  • ゲームをプレイすると注意力(1つの物事に集中する能力)が増す
  • 海馬が大きくなり学習能力が増す

などのメリットも報告されています。

ようするに『やりすぎ』がデメリットになってる可能性が高いので、グレゴリーウエスト大学のデータを参考に、週19時間をリミットにプレイしたほうが良いかもしれませんね。

てことで久々に任天堂64でも引っ張り出してマリオ64をやってみようと思います。

以上です。ばいびー♥

『ゲームと脳の科学』シリーズ

スポンサーリンク


SNSのネタにどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)