メンタル良くしたいなら座る時間を1日3時間以下にすると良さげ

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

「イスに座ると、健康にも仕事にも悪影響がでるよー」と主張している当サイト。

2016年サンパウロ大の研究では『座りすぎが原因で死亡してる人は年間43万人』というデータが出てたりして、Google社やFacebook社も、取り急ぎスタンディングデスクを導入しているんですよねぇ。

そんな中、1日6時間以上イスに座ると、メンタルを病む確率が上がる、というデータを発見したのでシェアします。

なにィ

スポンサーリンク


6時間以上座るとメンタルを病みやすい:3時間未満なら問題なし

「いや、イスの使い方おかしくね」

本件はタスマニア大学が、3,367名のオフィスワーカーの、4週間分の活動データがベースとなっております。研究によると、

  1. イスに座る時間が長い被験者ほどメンタルが悪い傾向にあった
  2. 鬱や不安傾向が現れるラインは1日6時間
  3. 座りすぎが原因のメンタル悪化は、エクササイズでも改善しなかった
  4. イスに座る時間が1日3時間以下の被験者にはメンタル悪化の兆候が見られなかった

とのこと。

ポイントは「座りすぎが原因のメンタル悪化は、エクササイズで改善しないこと」ですかねぇ。つまり、どれだけメンタルに気をつかっても、座りすぎると台無しになる、と。

ただ、別の大学の研究では「健康問題はエクササイズで緩和できるよー」とも言われてるので、どうしても座る時間が長くなるなら、少しでもエクササイズの時間をつくった方が健康には良さそう。

忙しい人はウォーキングなんかいいんじゃないかしら。ガイドラインは以下を参考にどぞッ

関連記事:ウォーキングのベスト歩数などまとめ

とどのつまり、スタンディングデスク最強

「本を読むなら、立って読むのがいいぜッ」

あらためて、イスに座るのは、デメリットが多いなーと感じる次第。やはりスタンディングスタイルがおすすめですなぁ。

可能ならトレッドミルデスクのほうがいいですが、値段がバカ高いのとスペース的に日本の家庭には不向きなので、自分はこれからもスタンディング+ステッパーを習慣にしようかと。

Google社をはじめ、海外でスタンディングデスクやトレッドミルディスクが流行ってる背景には、こういった研究データがあるわけなので、真似したほうが仕事のパフォーマンスは上がりそうだなーと思っております。

自分も近ごろはもっぱら座る時間が減りましたが、ブログ書くスピードも、読書のスピードも上がりましたからねぇ。もはや座りには戻れなそうです。

仕事の都合でどうしても座る時間が長くなってしまうなら、30分に1度は立ち上がって、周囲を少し歩いてみることをおすすめします。

以上です。ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)