おすすめコンテンツ一覧

SNSの憂鬱#3:他人の投稿見るとメンタル病む危険性がヤバ高い件

定期的にやってる「SNSの憂鬱シリーズ」第3弾。今回は『不幸になる使い方』編です。

結論からいうと、SNSを『自分と他人との比較』に使うと、めっちゃ不幸になるとの研究結果が、ヒューストン大学から出ております。

誰もが他人事ではない:自分と他人との比較が不幸を招く

本件はヒューストン大学が学生を対象におこなった実験。

フェイスブックの使い方とメンタルの関係を調べたものです。結果、判明したのは以下のこと。

SNSとメンタルの関係
  • フェイスブックを使う時間が多いほどメンタルが病む
  • 他人の投稿と自分の現状を比べる回数が多いほどメンタルが病む
  • 他人の投稿に優越感を抱いた場合もメンタルが病む

でしょうね

面白いのは「他人に優越感を抱いてもメンタルが病む」こと。

たとえば「リフティング100回できました!」という投稿に対して「は?たった100回?オレの方がすげーわw」と思うこともメンタルを病むんだそうな。

そういえば別の研究でも、現代人は「自分は他人より勝ってると思ってるけど、他人より不幸だと思ってる」という説が唱えられておりました。

まぁSNSだけに限らず『他人と自分を比較する』ことはメンタルを崩壊させる危険性が高いみたいでございます。

たとえば以下のようなことはすべてメンタルを病む原因に。

メンタル崩壊のサイン
  • 〇〇くんは楽しそう、それに比べて自分は…
  • 〇〇は幸せそうに見えるけど、オレの方がはるかに幸せw
  • 憧れの〇〇さんのように、自分も成功するんだーい
  • 〇〇の絵ってすごく可愛いなー、自分もあぁいう絵描きたいなぁー

ピカソが言ってた「孤独じゃなきゃ、まともな作品は作れない」という言葉は、的を射ているのかもしれない。

他人との比較をやめる方法

他人との比較を完全に絶ち切るのは難しいかもしれませんが『完璧主義対策3つの方法』が役に立つかもしれません。

完璧主義の治し方:批判が怖くて作品投稿できないときの3つの対策法

他人との比較をやめられないときは、上記記事の3つの対処法を試してみてください。

とりあえず自分はこれからも、SNSもネットも、ほぼやらない方向でいこうと思います。

以上です。ではばいびー♥

『SNSの憂鬱シリーズ』はこちら