アメリカ国防総省も採用の呼吸法タクティカルブリージング

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

『呼吸でメンタルはコントロールできる!』てのは有名な話。たとえば自分はSpireという活動量計で呼吸レベルをモニタリングして、ストレスを感じたら深呼吸するようにしています。

で、呼吸法も色々ありますが、ペンタゴン(アメリカ国防総省)も正式採用している『タクティカルブリージング』という呼吸法がおすすめ。カンタンですがかなり落ち着けます。

スポンサーリンク


タクティカルブリージングのやり方

タクティカルブリージングのステップは以下5つ。珍しく図解しました。

タクティカルブリージングのやり方
  1. 4秒間かけて鼻から息を吸う
  2. 4秒間呼吸を止める
  3. 4秒間かけて口から息を吐く
  4. 4秒間呼吸を止める
  5. 落ち着くまでこれを繰り返す

緊張や不安を感じて呼吸が乱れたら1~5を行ってみてください。落ち着くまで何度も、ゆっくりと行うのがポイントです。

それだけじゃねぇぜ

呼吸が浅くなるとミスが増える

呼吸が浅くなると血流が悪くなり思考力、判断力が低下します。ざっくり言うと、ミスが増えて連鎖しやすくなるのでござんす。

たとえばハナヤマタって漫画で、緊張してステージに立った主人公が一度のミスから連鎖的にミスしまくるシーンが描かれてますが、呼吸が乱れるとこういったことが起こるんですな。

ちなみに「ハナヤマタ」はよさこいをテーマにした部活マンガ。画像はイベントにて撮影許可されたスペースのもの。

逆に呼吸を安定させればパフォーマンスも安定しやすくなるわけですねぇ。

さらに

瞑想と組み合わせて5~10分やってみる

タクティカルブリージングの効果をさらに上げたいなら、瞑想と組み合わせて5~10分やってみるのもおすすめ。

瞑想はアメリカ心理学会が発表した『本当に効果あるストレス解消法8選』にも選ばれてるほどリラックス効果があるので、緊張が続いた後や、夜寝る前にやってみるとすごく落ち着けます。

参考程度に以下の画像は活動量計で僕のリラックス時間を計測したもの。仕事前に瞑想した時間に落ち着いた呼吸が集中してるのがわかりますねぇ~。

瞑想のやり方は以前まとめた記事があるので、興味ある方は参考にどぞッ

瞑想は令和時代のビジネスシーンでスタンダードになりそうなので、前もって抑えておくといいかもしれない。GoogleやAppleは10年以上前から社内プログラムに組み込んでますしね。

てことで以上です。では、ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)

ABOUTプロフィール

たっつー

ドラえもんが好きなゆるくて意識低いブロガー。肩の力を抜いてゆるく生きる方法や趣味をまったり配信しています。 絵や音楽を作るのも好きです。YouTubeにてゲーム実況や、動画マンガの作画担当もしています。宜しくどうぞ(^ω^)

おすすめ記事(一部広告含む)