SNSの憂鬱#1:SNSの「リア充アピール」全人類に嫌われると判明

たっつー
たっつー(@kaopro1)です。

「SNSの研究データをご紹介する」SNSの憂鬱シリーズ第1回でございます。今回は「リア充アピール」の印象について。

彼氏&彼女とラブラブならついつい自慢したくなってしまうものですが、残念なことに『SNSでのリア充アピールは嫌われまくる』ことが科学的に判明しておりました。

でしょうね

まぁ案の定といいますか、まったく全然意外性ゼロな研究データですが、詳細をみていきましょう。

『SNSの憂鬱シリーズ』はこちら

スポンサーリンク


他人のリア充アピールを微笑ましく見てくれる人はゼロ人

本件はペンシルベニアのハバフォード大学が2015年におこなった実験。偽のfacebookアカウントをつくって彼女とイチャつきまくる投稿をし、200人の被験者に「アカウント主に好感を抱けるか?」をチェックしてもらったそうです。

ちなみに投稿のリア充アピールっぷりには「弱、中、強」の3パターンがございます。

  • :「最近、彼女から連絡がないなー」みたいなジャブパンチ
  • :「オレは彼女を愛している」みたいなストレートパンチ
  • :「彼女を好きすぎて狂いそうだ!」みたいなミサイルパンチ

さぁ結果はどうなったのか?なななんと!

アピールが強くなるほど、アカウント主の好感度は下がっていったのです!

あぁ、そう

しかも!ななななんと!「強アピール」に対して『好感を抱いた』と答えた被験者はゼロ人だったそうな!

だろうね

んまぁ、つまり他人のリア充アピールを微笑ましく見てくれる人なんて『ほぼいない』ってことなんですねぇー。

研究者「みんなから嫌われたければリア充アピールだ!」

この結果に対しハバフォード大学研究チームの見解がこちら。

『リア充アピール投稿は危険をともなう。もちろんラブラブっぷりは周囲に伝わるだろう。だが確実にみんなから嫌われるのだ』

とのこと。つまり、みんなから嫌われたければガンガンラブラブアピールすればいいわけですね!逆に嫌われたくないなら、リア充アピールが功を奏すことは皆無なので投稿は控えたほうがいいみたいです。

繰り返しますが、本実験においては『リア充アピールがアピールとして成功した例はゼロだった』ことが確認されています。まぁ、愛する彼氏、彼女とのラブラブっぷりはアピールしたくなるのが人情ってもんですが、あまりにリスキーな行為みたいですねぇ。

とはいえ、恋に落ちると(とくに恋愛初期は)脳内麻薬がドバドバ出て思考がパラダイソッ!になり、正常な判断ができなくなることも確認されています。

よって、ラブラブな人達が酔っ払いみたいにテンション上がってリア充アピールしてしまうのは仕方がないこと。それが人間ってもんです。

てことで、変な爆弾を投下しないためにも、あるいは被弾しないためにも『SNSやらなきゃいいんじゃね?』てのが結論ですな(ズコーッ)

アホかいッ

では以上です。ばいびー♥

『SNSの憂鬱シリーズ』はこちら

スポンサーリンク


SNSのネタにどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)