本当に怖いインポスターシンドロームとは

たっつー
たっつー(@kaopro1)です。

何かで成功しても「次は失敗して自分が無能だとバレる気がする…」と不安になる人は70%もいるそうで、心理学ではインポスターシンドローム(詐欺師症候群)と呼ばれたりします。

インポスターシンドロームとは、自分の能力を疑いすぎて、成功しても申し訳ないような気持ちになっちゃう心理のこと。たとえば誰かに称賛されても「俺なんて大したことない…。その人を騙してる気分だ…」みたいにネガティブに考えちゃうんですねぇ。

クリエイティブな分野での活躍を望む方々には、ゆゆしき問題ですな。

スポンサーリンク


インポスターシンドロームの症状

説明しようッ

インポスターシンドローム研究をおこなうバレリー・ヤング博士によると、以下のどれかに当てはまる人はインポスターシンドローム予備軍とのこと。

  • 成功しても誰かを騙してるような気分になる
  • 成功しても自分のメッキが剝れて幻滅されるのが怖い
  • 全体的に成功してるのに、小さな失敗をするとすべて失敗のように思える
  • 自分がやってることは「誰にでもできる簡単なこと」と思いやすい
  • 成功しても「運がよかっただけ」と思いやすい
  • 批判されると「自分が無能だからだ」と思いやすい

うーん、わかるような気がしまうすねぇ。70%もの人がインポスターシンドロームだと言われるのも納得。

インポスターの人は自信の無さを埋めようとして頑張りまくる傾向にあるので、オーバーワークに陥りやすいそうな。燃え尽き症候群の予備軍でもありそうですね。

さらに…

インポスターシンドローム急増中?

さらにジョージア州立大学の論文によると、失敗を恐れる人ほどインポスターシンドロームになりやすい傾向にあるんだとか。

失敗を恐れる人といえば『完璧主義者』ですな。ダウハウジー大学のメタ分析によると、完璧主義者は90年代以降爆発的に数が増えてるといわれているので、インポスターシンドローム予備軍も大量生産されてるってことかもしれん。

てことで完璧主義者がネガティブな罠にハマるサイクルはインポスターにも当てはまりそう。

  1. ネットやテレビで自分と他人を比較
  2. みんな幸せそうに見えるので劣等感を感じる
  3. 行動の基準が無意味に上がる
  4. 何をしても「人に負けてる」と不安になる
  5. ありもしない完璧を追い求めて頑張る

解決策は完璧主義対策と同様

インポスターシンドローム対策は、完璧主義対策がそのまま使えそうな気がするので、

  1. 不安対策をする
  2. セルフコンパッションを鍛える
  3. 他人との比較材料を遠ざける

という3つがいいかもしれませんね。

なるほど、たしかにそうかも

1・不安対策をする

完璧主義もインポスターも失敗への不安が悪いサイクルを呼び寄せているので不安対策をしておくのは必須。以下のまとめ記事を参考にどぞッ

2・セルフコンパッションを鍛える

セルフコンパッションとは、自分に厳しくするのではなく自分を優しくいたわること。近年の心理学で注目されてるテクニックです。

3・他人との比較材料を遠ざける

たとえばSNSは他人との比較をしやすく、しかもみんな自分の良いとこしか発信しないので劣等感を感じやすいことがわかっている。

ちなみにイギリス公衆衛生王立協会の発表によるとインスタグラムが一番病みやすいとのことで、Twitter、facebook、You Tubeもあまり良いデータは出てませんねぇ。

先日書いた『ブロガー生活6年目突入/好きなことだけで生きる9の方法』のルール5『他人と比較しない』も参考程度にどぞッ

では以上です。では、ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)