紙の本VSオーディオブック記憶に残りやすいのはどっちだ?

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

以前、電子書籍とオーディオブックは理解力に差がないという研究の話をしたのですが、紙の本とオーディオブックを比べた実験では、紙の本の圧勝みたいです。

  • 集中力の続きやすさ:紙の本>>>電子書籍=オーディオブック
  • 記憶に残りやすさ:紙の本>>>電子書籍=オーディオブック
  • 内容への興味抱きやすさ:紙の本>>>電子書籍=オーディオブック

とのこと。ジャンルにもよるのかもしれませんが、感覚的にも「だろうなぁ」と思わされますねぇ。

スポンサーリンク


とどのつまり、紙の本が最強

どんな研究が行われたか、説明しようッ

これはウォータールー大学が235名の被験者を対象に行った実験でして、「人類が知っていることすべての短い歴史/ビル・ブライソン」を紙の本とオーディオブックの2パターンで読んでもらったそうな。

その結果、判明したのは以下3つのこと。

  • 紙の本にくらべ、音声は集中が続かない
  • 紙の本にくらべ、音声は記憶に残りにくい
  • 紙の本にくらべ、音声は興味を抱かれにくい

うん、わかるわーって感じですね(笑)音声にもメリットはあるので完全否定はしないものの、ぼくも紙の本のほうが集中しやすいし、記憶に残りやすいと感じてしまうのぅ。

まえに「分かりやすすぎる授業を受けた生徒は成績落ちる」って話をしましたが、それと近いのかもしれませんね。音声や映像は聞くのがカンタンなので、ながら作業になりやすいし、ついつい別のことを考えて『あれ?今なんて言ったっけ?』てことが多いですから。

ちなみに、一番理解力が高まったのは『本を声にだして読んだグループ』だそうです。声にだして読むと「ティーチング法」になるからでしょうな。

紙の本、オーディオブックそれぞれのメリット・デメリット

とどのつまり、結論はこうなんだぜ

てことでこの研究データを参考に、紙の本とオーディオブックのメリット、デメリットを分析すると…。

紙の本:メリット

  • 「どこまで進んだか」可視化されるのでモチベーションになりやすい
  • 「どこに何が書いてあったか」可視化されてるので情報を探しやすい
  • 情報を探しやすいので記憶にも残りやすい
  • 実物があるので存在を忘れにくい

紙の本:デメリット

  • 移動しながら読むのがむずかしい(車、歩行中など)
  • 場所がかさばる

オーディオブック:メリット

  • 移動しながら聞きやすい
  • 場所を圧迫しない

オーディオブック:デメリット

  • 「どこまで進んだか」可視化できないので集中が続かない
  • 「どこで何を話してたか」簡単に探せないので復習に向かない
  • 情報を探しにくいので記憶に残りにくい
  • 実物がないので思い入れを抱きにくい

ってかんじでしょうか。ちなみに音声と映像で理解力の差はほとんどないことがわかってるので、いまのとこ勉強メディアは紙の本の一人勝ちですね。

個人的にはオーディオ(音声)も好きなので、これからもちょくちょく聴こうと思いますが、ちゃんと覚えたいことは紙の本のバージョンを買ったほうがいいのかもしれませんね。

では、ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)