『マインドフルネス』のトレーニング法タイガータスクとは

たっつー
たっつー(@kaopro1)です。

最近は『今この瞬間に意識を向けること(マインドフルネス)』の重要さを痛感しているのです。

んで、マインドフルネスを鍛えるトレーニング法を色々調べてたら『タイガータスク』っていう面白いテクニックを見つけたので、みんなとシェア。

タイガータスク!?

タイガータスクは認知行動療法でも用いられる手法で「トラをイメージする→そのトラが動かないようにする」ただそれだけ。

正しくは『デタッチドマインドフルネス』というジャンルで、以前紹介した脱フュージョンなどと近い分野の両方ですな。

やってみると意外と難しいんですが、脳内のイメージを自在にコントロールできれば「過去への後悔」「未来への不安」なども静止できるので、良いトレーニングになりそうですねぇ。

↓喋り版↓

スポンサーリンク


タイガータスク詳しいやり方

タイガータスクの詳しいやり方やポイントを解説。

  1. 目の前に大きな虎がいる姿をイメージ
  2. その虎のイメージが動かないように静止させる
  3. 5分ほどやってみる

ポイントは「ひたすら虎を観察する」ことでして、イメージの中で動かさないようにしなきゃいけません。んでやってみると大変で、10秒も立たないうちに虎のヒゲが動いたり、歩きだしたり、見る角度が変わったりと、イメージを静止させとくって案外難しいんですねぇ。

まぁ確かにこれが簡単にできるなら「未来への不安」を抱くこともなくなるわけですよ。

  • 嫌なお客に合う前でも不安感がなくなる
  • 仕事でミスした経験に引きずられなくなる
  • 将来の不安(お金や恋愛など)を抱かなくなる
  • イラッとしても平常心を保てる

ぼくらを不安にさせる心配事って大抵は『未来』『過去』にあるものなので、マインドフルネスに『今』をとらえられれば不安を低減できるんじゃね?という考え方ですね。

完全に不安を消し去ることはできないが…

んで、そういった修行をしてるのがご存知仏教僧でして、彼らの脳はサイコパスと非常に近い動きをすることがわかっています。※他人に攻撃的なわけではなく、イライラや不安を感じにくいということ

もちろん、どんだけトレーニングした僧侶でもイライラや不安を完全に消すことは難しく、僧侶の中の僧侶ダライ・ラマですら「瞬間はイラッとする」と述べてます。ただ一瞬はイラッとしても、その感情に支配される時間はトレーニングで短くできるわけですな。

てことで今日から早速、妄想のトラさんと戯れる時間を作ろうと思います。

スポンサーリンク


SNSのネタにどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)