【DAW】Acid Pro 8 を使って5分で作曲してみよう

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

動画編集ソフト買ったら『Acid Pro 8』という作曲ソフトがおまけでついてきたので遊んでみました。

素材をペタペタ張り付けるだけでカンタンに曲が作れるということですがはたして…?

↓映像版はこちら↓

スポンサーリンク


Acid Pro 8とは?

Acid Pro 8

Acid Pro8はSONYプレゼンツによるDAWソフト。98年に発売され『作曲の歴史を変えた』と称されている伝説のソフトなんだそうな。

Acid Pro 公式サイトはこちら

ACid Pro 8 はループ素材(短いフレーズ)をパズルのように繋げて曲が作れるソフトです。詳しくは映像を見てもらうとがわかりやすいですが、フレーズをペタペタやってれば、とりあえず『それっぽい曲』を作ることができます。

ちなみに、このような作曲方法は『ループシーケンサ』と呼ばれていて、昨今の作曲方法の主流になっているとのこと。ふーん(棒)

Acid Pro8で作曲してみた感想

ループ音楽をつなぎ合わせることで作曲知識がなくても簡単な曲を作ることが可能

てことで実際にペタペタ素材を貼って曲を作ってみました。感想をざっくりまとめると、

  • 操作はカンタン、あっという間に「それっぽいフレーズ」ができる
  • ループ素材の数が膨大で、調べるだけで日が暮れる
  • ベーシック素材(8ビートドラム、ルート弾きベース)を発見できず、すなわち目当ての素材を探しにくい
  • 15秒から1分の短い曲を作るのに長けているかも

てことで、ほんとカンタンにフレーズを作れて楽しかったですねぇ。ただ素材を探す手間コスパが悪いので、僕はもう使うことはなさそうです。

特にマキシマイザー(完璧主義者)とは相性が悪いかなーという印象。マキシマイザーは「もっと良い素材があるはずだ!」と全部をくまなく見てしまいますからねぇ、どんどん時間を奪われてしまう結果になりそう。一方で適当でいいや」と割り切れるサティスファイザー(完了主義者)には相性が良さそうです。

ちなみに「自分、マキシマイザーかも?」と心当たりがある方は治しておいた方が仕事もプライベートも有利になるかもしれません。

作曲知識がある人はループより打ち込みを使った方がいい?

Acid Pro 8はDAWとしても使える

Acid Pro8はループシーケンサーだけでなく、MIDIの打ち込みもできるし、DAWとしてミックスダウンに使用することも可能です。ざっくりいうと、自分でフレーズを作ったり、演奏した音源を読み込んで編曲もできます。

てことで楽器弾けたり、作曲知識がある人は、ループ素材を使うより自分でフレーズつくった方が早くて費用対効果が良いかもしれませんねぇ。理想のフレーズを探す手間より演奏する手間のほうが少なくて済むはずです。

ただ15秒から1分程度の短い曲(フレーズ)をサクッと作りたい場合はAcid Pro 8は十分に活用できます。たとえばYou Tuberなど映像系クリエイターを目指してるなら以下のような使い方ができるかもしれませんねぇ。

  • OP曲作成
  • ED曲作成
  • BGM(ループ)の作成

You Tubeでは著作権フリーの素材音源が配布されてるので自分で作る必要はないのですが、自分オリジナルのジングルがあれば多少差別化につながるかもしれません。

てことで以上です。では、ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)

ABOUTプロフィール

たっつー

ドラえもんが好きなゆるくて意識低いブロガー。肩の力を抜いてゆるく生きる方法や趣味をまったり配信しています。 絵や音楽を作るのも好きです。YouTubeにてゲーム実況や、動画マンガの作画担当もしています。宜しくどうぞ(^ω^)

おすすめ記事(一部広告含む)