睡眠不足だとミス率が15倍もブチ上がるという全然意外じゃない話

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

『睡眠不足』が理由で起きたと言われる大事故は多いわけです。

たとえばチェルノブイリ原発事故、チャレンジャー号爆破事故、居眠り運動による事故も絶えませんし『睡眠不足』って、かなり生産性下げてるんじゃないの?と言われてるわけですねぇ。

そんでもって、ウィスコンシン大学が研究をおこなったところ『ヒューマンエラーの多くはやはり睡眠不足が原因じゃね?』と見解を出してたので、みんなとシェア。

↓喋り版↓

スポンサーリンク


【睡眠不足でミス率が15倍になる】

どんな研究が行われたか、説明しようッ

ウィスコンシン大学は234名の男女を2グループに分けてに集中力が必要なタスクを行わせました。

  • 24時間眠らせずフラフラのグループ
  • 普通に寝たグループ

んで、両者の仕事の質を見比べたところ判明したのがこちら、ドンッ

  • 徹夜組はミス率が15倍に上がった

だ、そうです。全然意外じゃないですね~。

でしょうね

 

まぁ徹夜は極端だと想いますが、普段の小さな睡眠負債がちょくちょく貯まることも仕事のパフォーマンスをガクッと下げるとわかってるのが怖いところ。

たとえば『スタンフォード式 最高の睡眠/西野精治』では、多くの医師は仕事中に眠気で意識が飛んでる話が書かれてるし、プロフェッショナルの25%は仕事中に寝た経験があるそうな。

【結論、寝れる人は15倍有利】

この結果をポジティブにとらえれば『睡眠負債を解消できれば仕事のパフォーマンス上がるんじゃね?』とも言えますよねぇ。

前述の実験通りなら、睡眠負債を完済すれば仕事でミスる確率を1/15にできそうですし、じっさい睡眠不足の医師に昼寝を取らせたら仕事のパフォーマンスが復活したという例もあります。

てことで、以下のような対策すれば仕事の質を向上できる人も多いかと。

【20分の昼寝で注意力は回復する】

仕事中に『やべー、眠いッ』て時は15~20分の昼寝(パワーナップ)で対策するのも良さげ。

とくにパワーナップ前にコーヒーを1杯飲んでおくコーヒーナップと呼ばれるテクニックが効果高くて人気ですね。

  1. カフェインを摂取して昼寝スタート
  2. カフェインが20分で脳内に到達
  3. 疲労感の原因アデノシンを抑えて眠気スッキリ

という理屈みたい。

もちろん昼寝は応急処置なので、夜の睡眠の質も改善するにこしたことはないと思います。以前ガツンとまとめた記事があるので参考にどぞ。

ブルーライト対策だけでもかなり違ってきますからねぇ、試しに寝る1~2時間前からスマホやテレビを断ったり、スマホを断つのが難しいならオレンジグラスを買って試してみるといいかも。

さぁ今日からレッツトライッ

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)