顔の描き方基本編 -目、鼻、口の配置&左右反転バランス歪みの直し方-

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

人物イラストって顔のバランスが難しかったりするわけです。

たとえば絵によって目や口の比率が変わったり、何度も描き直しが必要になったり、左右のバランスが崩れたりと、泣きたくなるわけですな。

と、思ってたら『顔を描くならパーツの比率を守ればOK』という話を聞いたので検証してみます。

すなわち
  1. 目・耳・鼻・口の位置を知る
  2. 顔の描き方4ステップ
  3. 左右のバランスが崩れたときの対処法

こんな内容でお送りしまっす。

スポンサーリンク


目・鼻・口の位置を守れば顔が出来上がるッ

ということで、文献を参考に顔のパーツバランスをイラスト化してみた。

各パーツにラインを引いてみる
  1. まず頭とあごのラインを引く
  2. 頭とあごの中心に目、耳を配置
  3. 目とあごの間に鼻を配置
  4. 鼻とあごの間に口を配置
  5. 目と頭の間に生え際を配置

という風に、ラインを分割しながら各パーツを配置するとバランス良くなるみたい。もちろん角度が変わっても同様。

角度が変わっても同様

ちなみに、各パーツの位置を上下することで年齢の印象が変わるのは前回話したとおり。たとえば全体を下げれば幼くなるんですな。

パーツを全体的に下げると幼くなる

下描き用4ステップ

参考文献に、顔の描き方4ステップというガイドがあったので参考にしてみるでござんす。

ガイドラインを1/2に分割しながらパーツを配置していく手法で、具体的手順は以下のとおり。

なるほど、ガイドに沿ってパーツを配置すれば、おおよそ顔の体を成してきた。

なるほど、ガイドに沿ってパーツを配置すれば、おおよそ顔の体を成してきた。

たとえば下描きのときに利用すれば、簡単にアタリ(おおよその配置)が掴めそうですな。

ちなみに、パーツの位置は「おおよそ」なので、キャラの骨格や年齢で変化させてOKです。

たとえば面長のキャラは目の位置を少し上にズラして大人ッぽくしてもいいし、童顔のキャラなら逆に目を下にズラすのもいいかと。

ところが…だ

正面絵の左右バランスの歪みを修正する

人物を正面から見た絵を描くとき、右利きの人は絵の右側が小さく、左利きの人は左側が小さいバランスになりがちでございまして、反転すると泣けてくるのでございます。

例えばこの絵を反転してみると 少し泣く

整形手術に失敗したみたいにバランス崩れてますねぇ~。

すんごく歪んでることがわかる

ちなみに、補助線を引いてみるともっとわかりやすくて。

ラインの左側が広い

鼻を中心としたラインの左側が広いことがわかる

鼻を真ん中として考えると、右側が狭くて左側が広いですよね~。なので、右側を広げるか、左側を狭くするか、とどのつまり両幅を均一にすればバランスが取れるようになります。

ちなみにデジタル作画なら各ソフトの反転コマンドで、アナログ作画なら紙を照明ですかしたり、上下を逆さまにしてチェックするとわかりやすいです。

鼻を中心とした左右のラインの幅が均一になるように修正していく

整形後がこちら、ドンッ

修正後がこちら

広がっていた左側を狭くしてバランスをとってみた結果、だいぶ歪みが修正された。

だいぶまともになりました。

ちなみにデジタル作画なら、左右どちらかのパーツを「コピー+反転」すれば時短になります。「そんなの邪道だ!」という意見もありそうですが、せっかくテクノロジーが進化した現代に生きてるんだから使わないのは損かと。

アナログ作画の場合は、照明で透かしたり、上下反転させてチェックしながら、バランスを整えていきましょー。

てことで、ばいびー♥

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)