若い世代ほどマルチタスクに陥りやすいことが判明

たっつー
たっつー(@kaopro1)です

マルチタスクは生産性下がるって話は心理学で通説ですが『若い世代はデジタルに慣れてるからマルチタスクに強いんじゃね?』てな説があります。

たとえば、おっさん&おばさんはデジタルに慣れてないからメールやLINEの通知ですぐ集中力奪われるけど、若い世代は生まれてこの方デジタルと一緒だから脳が適応してるのでは?という説ですね。

今や三歳児すらスマホをスワイプし、YouTube見てる時代ですが、はたして若い世代はデジタルに強く、マルチタスクにも強いのか…。

結論から言うと、こうです。

  • 若者ほどデジタルに強い説は幻想
  • てか若者ほどマルチタスクに陥りやすい
な…なんだってェェーッ!?

若者ほど有利どころか不利な結果だったんや…。

↓今回の喋り版はこちら↓

スポンサーリンク


【20代ほど『俺はマルチタスクできる』と思ってることが判明】

なぜそれが判明したのか?実験はこうだ

今回のデータベースはオランダオープン大学が2017年にリリースしたレビュー論文でございまして、以下2つをまとめたものでござる。

  • 「若者ほどデジタルに強い」説は本当か
  • 「若者はマルチタスクに強い」説は本当か

ちなみに、この調査による『若者』は20代の男女です。でもって結果は前述した通り、

若者ほどデジタルに強くてスマホを使いこなしてるってのは幻想で、世代間の差はほとんどなかった。

とのことで、ざっくり言えば以下が判明したんですねぇ。

  • まず20代がデジタルに強いと示す証拠はゼロ
  • というか20代だろうが50代だろうがスマホ使う頻度は一緒
  • 20代がデジタルを操る能力が上の世代より秀でてる証拠もゼロ
  • 20代がマルチタスクに秀でてる証拠もゼロ
  • しかし20代は『ワイはスマホ世代やからマルチタスクに強いんや!』と思ってる率が上の世代の2倍以上高かった

最後が痛いですねぇ~。確かに自分も昔はそう思ってたかも。

わかるわー、あるよねそういうの

しかし研究チームの結論は『たかが数十年の間にできたテクノロジーに、脳が適応できるわけねぇべ』ってことだそうな。まぁそりゃそうか。

若者ほどマルチタスクが得意なら、若者は歩きスマホやながら運転しても事故りにくいことになりますからねぇ。

もちろんこれは幻想…!現実はそうじゃあないんだ

実際は、若者だろうがおっさんだろうが、歩きスマホしてれば注意力を奪われて壁にぶつかったり、肥溜めに墜落したりするわけです。

【研究チームいわく『シングルタスクでいこうぜ』】

研究チームの結論は『世代とか関係なく、我々の脳は1つの情報処理しかできないから、マルチタスクはやめてシングルタスクにしようぜ』とのこと。

とどのつまり、マルチタスクは止めようって結論に落ち着きますね。まぁ世代が変わっても脳の処理能力は変わらないわけですな。

ぼくも気が散りやすいので、常々シングルタスクを意識しようと思う次第です。

ちなみに、僕らの集中力は2.8秒の邪魔で崩壊するし、崩壊した集中を戻すには平均25分必要なんだそうな。ってことで作業中はスマホを遠ざけるのはもちろん、注意力を奪う要因はカットしていきたいところですね。

オーケー

【まとめますと】

とどのつまり、やっぱマルチタスクはよくない!若者だから有利ってこともない!という結論でした。

自分も若者の部類に入るのですが、若者ほど『俺はデジタル世代だからマルチタスク得意だぜッ★』というバイアスにハマるみたいなんで気をつけようと思います。

スポンサーリンク


SNSのネタにでもどうぞ( ˘ω˘)


PixivFANBOX


おすすめ記事(一部広告含む)